先日2017年10月10日に第48回衆議院議員選挙の公示がされ、10月22日に投開票が行われます。国会を開かずに野党からの追及に華麗に逃げ出した安倍総理に批判しかありませんでしたが、それより東京都知事の小池百合子が「希望の党」を設立して話題になりました。前回の投票率は過去最低だったので、今回の第48回衆議院選挙の投票率は少なくとも上がりそう。

そこで今回は2017年10月22日に投開票が行われる第48回の衆議院議員総選挙の情勢をまとめてみました。ただし、今回は「東京ブロック」に限定してますので悪しからず。果たして小池百合子率いる希望の党の躍進はあるのか?都議選と同じ光景は見られるんでしょうか?地味に伏兵として現れた立憲民主党は勝つるのか?

序盤情勢→中盤情勢→終盤情勢と追って記事を何度か再編集しています。

ちなみにそれぞれの選挙区の細かい候補者情報は新聞社のサイトでもチェックしてください。今回の情勢記事では明らかな泡沫候補などについては、基本的に面倒なので割愛してます。あと選挙が終わるまでコメント欄は全て封鎖しますので悪しからず。


東京1区の情勢


まずは東京1区の情勢。

意外にも自民・山田美樹と立憲民主・海江田万里が横一線。東京1区には希望が出馬しているんですが、結果的に希望の党は当落線上にも絡めていない様子。この1区は全国的に無党派層が多いんですが、特に東京1区は顕著。そのため海江田が反自民・非自民の受け皿として機能してるからかも知れない。

また序盤情勢の段階で、比例投票先が希望と立憲民主が並ぶ。中盤情勢では希望の勢いが更に失速し、既に立憲民主が上回っているという情報もチラホラ。終盤情勢では確実に立憲民主が希望を上回ったらしい。その情勢が小選挙区でもバッチリ現れている様子。

前回の衆議院選挙の結果を見ると、自民・山田が10万、民主・海江田が8.9万、共産が3.2万。ここに共産脱落も奏功してることは言うまでもないか。また前々回に維新が台頭した衆議院選挙では、自民・山田は8.2万まで票を落としてる。希望が結果的に保守票を奪ってるのも奏功してるのか。

終盤情勢ではほぼ立憲民主・海江田が自民・山田より優勢に戦いを進めている様子。自民・山田は追う展開。希望の候補は当落線上には相変わらず絡めていません。ちなみに東京1区には、又吉イエスこと又吉光雄が出馬しているなどカオス状態なので、興味がある方は候補者一覧もチェックしてみてください。


東京2区の情勢


東京2区の序盤情勢も、立憲民主・松尾明弘と自民・辻清人が横一線。希望の鳩山太郎は結果的に自民票を奪っているという情報もあって、まさに自民と肉薄。元々は民主・中山義活の地盤だけあって、共産脱落も相まって野党票が立憲民主に集約されつつあるらしい。

終盤情勢では立憲民主・松尾が党の勢いをそのままにわずかに先行するなど、戦いを優勢に進めている様子。ほぼ当選の目がない希望支持者が立憲民主・松尾に流れているのかも知れない。


東京3区の情勢


東京3区の序盤情勢も、自民・石原宏高と希望・松原仁が今回の衆議院選挙でも横一線。本来なら小池旋風のチカラを借りて松原仁は「圧勝」の構図を思い描いていたと思いますが、民進党時代と戦局が大して変わらない事実は希望の党の勢いのなさを感じさせる象徴的な選挙区か。希望の風がますます止んでしまうと松原仁は更に苦しい戦い。

中盤情勢でも変わらず両者は接戦だったものの、希望の失速は思いの外に足を引っ張るのか終盤情勢では自民・石原が一歩リードといった予想もあります。終盤に来ての突き放しは、希望・松原にとってかなり苦しい情勢。


東京4区の情勢


東京4区の序盤情勢は、自民・平将明が安定の戦い。平将明はアンチ安倍の石破茂グループの一人。立憲民主の井戸正枝や希望・難波の順番で追うものの、やはり政権批判票が分裂してるのは痛い。

ちなみに井戸正枝は元々は兵庫1区の民主党議員。この落下傘に情勢で後塵を拝してることからも、東京ですら希望新人の勢いはほぼ皆無の状態。組織や風もないこともあって中盤情勢でも構図は大きく変わらず。終盤情勢でも同様。自民・平は鼻ほじりながら戦ってるぐらい余裕のはず。


東京5区の情勢


東京5区の序盤情勢は、自民・若宮健嗣と立憲民主・手塚仁雄が横一線。またしても希望は当落線上の戦いに絡めず。立憲民主・手塚は共産脱落も相まって、割りと良い勝負に持ち込めている様子。ただこれまでの衆議院選挙の結果は数万票以上の大差で自民・若宮が当選済み。立憲民主・手塚は党の追い風を活かしきれるかどうか。

終盤情勢では依然として両者は接戦ではあるものの、立憲民主・手塚の名前が先に来る情勢結果もあってかなり面白い展開に発展しています。やっぱり選挙はこうじゃないと。

東京6区の情勢


東京6区の序盤情勢は、自民・越智隆雄と立憲民主・落合貴之が横一線の勝負。希望・植松は空気。共産脱落が奏功。前回の衆議院選挙では自民・越智が11万、維新・落合が8.9万、共産が5.1万だったためいかに野党票を取り込むかがカギ。

終盤情勢では自民・越智がやや優勢の展開。立憲民主・落合は左派票を固めるものの、無党派などで切り崩されているのか横一線の展開から少し差が開きつつある模様。

東京7区の情勢


東京7区の序盤情勢は、立憲民主・長妻昭と自民・松本文明が横一線。今回2017年の衆議院選挙では2万票前後を獲得する共産は候補を立てていない。これまで長妻昭は数万票近くの大差を付けて、おにg…松本文明に勝利していましたので少し意外な情勢。共産脱落は追い風なものの、意外と両者の親和性は高くないのかも知れない。

希望の候補者である都民ファーストの会の代表・荒木の父はやはり空気。中盤情勢以降は党の失速に伴って、更に失速傾向に歯止めがかからず。

ただ終盤情勢では立憲民主・長妻がやはり優勢になってる模様。もし長妻が勝てない情勢であれば、他の立憲民主の候補者は誰も勝てないでしょうからね。知名度の高さが奏功。


東京8区の情勢


東京8区の序盤情勢は、自民・石原伸晃が安定した戦い。希望・木内孝胤が追う展開ではあるものの、ある程度まともに戦えてるのは元民進党議員だからでしょう。

ただし木内孝胤は元々は9区の国会議員であったり、候補者が6人と乱立するなど基本的にはやや劣勢の戦いを強いられる。中盤情勢でも変わらず。終盤情勢では自民・石原に更に大きく突き放されているらしい。希望の選挙対策を取り仕切っていた細野豪志や中山成彬のポンコツっぷりが改めて際立ちます。


東京9区の情勢


東京9区の序盤情勢は、自民・菅原一秀が安定した戦い。中盤情勢、終盤情勢でも変わらず。


東京10区の情勢


東京10区の序盤情勢は、まさに三つ巴。希望・若狭勝と自民・鈴木隼人、そして遅れて立憲民主の鈴木庸介が追う展開。

本来は希望の党のオリジナルメンバーであり、小池百合子の最側近である若狭勝は圧勝してなければいけませんが、やはり政党支持率で立憲民主に並ばれたのが痛い。中盤情勢では東京ブロックの比例獲得議席が立憲民主が4、希望が3といった予想情報もあるなど、希望・若狭勝はやや苦しい展開。

ただ立憲民主・鈴木も共産が邪魔をしているため、やはり全体的には苦しい。そのため自民・鈴木が順当に…。終盤情勢では自民・鈴木が一歩抜け出すといった予想がされています。名前の掲載順を考えると、希望・若狭は三番手で落選する可能性も。選挙後の希望の党の混乱は必至。


東京11区の情勢


東京11区の序盤情勢は、自民・下村博文が安定した戦い。中盤情勢でも変わらず。希望の誰か分からないような新人を急遽擁立した程度では勝てません。終盤情勢でも同様。細野豪志さん、中山成彬さん、息してますか?


東京12区の情勢


東京12区の序盤情勢は、公明・太田昭宏が安定した戦い。今回は「公明vs共産」の一騎打ちの展開ではあるものの、共産・池内沙織は苦しい展開。

前回の衆議院選挙では公明・太田が8.8万票、共産・池内が4.4万票、生活・青木が4万票。次世代・田母神容疑者が3.9万票だった。共産・池内沙織と横一線という序盤情勢もありましたが、やはり一般的な有権者は共産候補者に投票しにくい現実があるのか中盤情勢では更に差は広がる。

他の組織も共産党にそこまでの義理立てもないでしょうから、他の野党票の動きが全体的に鈍いのか。ただ終盤情勢では共産・池内にやや勢いがあるかのような表現も見られますが、共産支持層以外の取り込みに難。いつまでも自民アシストをしててはいけません。


東京13区の情勢


東京13区の序盤情勢は、自民・鴨下一郎が安定した戦い。希望が立候補を出さず、立憲民主に多少有利に働くかと思いきや、何故か共産も出馬している謎地帯。中盤情勢や終盤情勢でも変わらず。


東京14区の情勢


東京14区の序盤情勢は、自民・松島みどりが安定した戦い。希望・矢作は選挙不足、知名度不足、風不足のトリプルパンチで為す術なし。まさに自民・松島は左「ウチワ」の情勢。中盤情勢や終盤情勢でも変わらず。


東京15区の情勢


東京15区の序盤情勢は、自民・秋元司と希望・柿沢未途が横一線。様々な情勢調査も加えて予想すると、この15区が東京ブロックの中で最も接戦になるという見方も。柿沢の父親の地盤を引き継ぐなど本来は有利な側面も働きますが、党全体の失速ぶりが希望・柿沢の足を引っ張ってる模様。中盤情勢では希望の失速が顕著になっているため、希望・柿沢は更に苦しい展開。

実際、前回の衆議院選挙の結果は維新・柿沢が8.8万票に対して、自民・秋元が8.5万票とまさに大接戦。自民にも希望にも風が吹いてない現状は、まさに候補者の地力同士による殴り合い。他の選挙区でも言えますが、まだ共産から候補を降ろさせる方が良かったとしか思えない情勢が続きます。

ただ終盤情勢では自民・秋元が優位に立ち、むしろ希望・柿沢を引き離しているとのこと。やはり希望の党の失速がかなり足を引っ張っている様子。さすがに元民進系の希望候補者は当選すると思っていましたが、かなりヤバイ状態。

東京16区の情勢


東京16区の序盤情勢は、自民・大西英男と立憲民主・初鹿明博が横一線。不祥事同士の戦いではありますが、初鹿は共産脱落が奏功。え?希望の候補者ももちろん出馬してますよ(震え声)。

ただ前回の衆議院選挙は自民・大西が9.8万、維新・初鹿が5.6万、共産が3.7万、次世代が1.2万だった。単純に共産分を足しても足りず、次世代の票の行く末次第では立憲民主・初鹿は苦しい展開。実際、毎日新聞の中盤情勢では自民・大西が優勢といった報道もあります。

でも終盤情勢にかけては、まだまだ立憲民主・初鹿と自民・大西が接戦を展開してるとのこと。各社の情勢調査によってバラバラではあるものの、それだけ両者が互角の戦いをしてる裏返し。立憲民主・初鹿の名前が先に表示されるなど、自民に勝つ可能性は他の選挙区より高め。

東京17区の情勢


東京17区の序盤情勢は、自民・平沢勝栄が安定した戦い。中盤情勢や終盤情勢でも変わらず。希望の党が勢いそのままに当選してほしかった選挙区のため、非常に残念。


東京18区の情勢


東京18区の情勢は、自民・土屋正忠が優勢。立憲民主・菅直人はやや苦しい。これまで菅直人の鉄板区でしたが、総理大臣後はずっと自民・土屋に後塵を拝する状況。共産が脱落しても、情勢的にはあまり好転していない様子。

前回の衆議院選挙では自民・土屋が10万票に対して、民主・菅直人は8.9万票。共産は3.5万票だったので単純計算では自民・土屋を上回る情勢になって無ければおかしいんですが、希望の候補者が民放記者らしく、そこにリベラル票が吸収されていたりするのか。都議選では武蔵野区の民主共産の統一候補がファーストの候補に完敗するなど、全体的にリベラルのパワー感が落ちているのかも知れない。

ただ中盤情勢では立憲民主・菅直人が自民・土屋に追いついたという報道もあって、情勢は不透明。終盤情勢でも依然として自民・土屋が優勢に立つものの、立憲民主・菅は最後の追い込み次第か。

東京19区の情勢


東京19区の序盤情勢は、自民・松本洋平と立憲民主・末松義規が接戦

前回の衆議院選挙では自民・松本が10万票に対して、民主・末松が8.7万票。何故か今回の衆議院選挙では共産党も出馬して自民サポートしてるんですが、それでも互角の戦いに持ち込めてる事実は「立憲民主の上げ基調」が読み取れます。え?希望の党?もちろん出馬してますって。

ただ中盤情勢では、東京ブロックの比例では自民も引き続き堅調。下手すると前回以上に比例議席を増やすといった予想もされてる。また前回の衆議院選挙の結果は、自民・松本が10万、民主・末松が8.7万、共産が3.7万、次世代・山田宏が3万。次世代・山田は既に自民党の参議院議員になっており、共産もそれなりに得票数がある。

そのため中盤情勢では二人の候補者の差が縮まったという報道はほとんどなく、やはり全体的には立憲民主・末松は苦しい展開を強いられる。終盤情勢では自民・松本が頭一つ抜け出したと報道されるなど、共産党の自民アシストが奏功。


東京20区の情勢


東京20区の序盤情勢は、自民・木原誠二が安定した戦い。中盤情勢や終盤情勢でも変わらず。

ちなみに前回の衆議院選挙の結果を見ておくと、自民・木原が11万。民主・竹田が5.1万に対して、共産・池田が4.9万。共産が割りと得票してる。この理由は、おそらく池田真理子のルックスが意外と共産っぽくないから。

でも今回の衆議院議員総選挙の東京20区では池田ではなく、比例単独で出馬していた宮本徹という人が代わりに立候補してる。比例単独で優遇されるぐらいですから、将来の共産党の幹部候補なのかも知れませんがこの差配の失敗も影響してそう。相変わらず共産は自民サポートが至上命題の模様。


東京21区の情勢


東京21区の序盤情勢は、希望・長島昭久と自民・小田原潔が横一線。対抗馬が社民党の候補(+天木直人)のみであるため、前回の共産ほど野党票の分散はあまり考えにくいのが希望・長島には有利。ただ東京21区は割りとリベラルな地域であり、今回の衆議院選挙から新しい区割りを採用されて更にリベラル色が強まったのは気がかり。あとは更に希望の失速ぶりが明らかになった中盤情勢の存在。

それでも基本的には保守系同士の対決が展開されると予想されます。前回の衆議院選挙の結果は、自民・小田原が83984票、民主・長島が82351票。ちなみに共産が3.6万票。かなり大接戦。今回2017年の衆議院選挙でも同様にまさに「横一線」の戦いが予想されます。中盤情勢でもどちらが抜け出たという情報はなく、投票日まで肉薄した戦いが展開されるものと予想されます。

ただ終盤情勢では自民・小田原がやや希望・長島を上回ると報道されるなど、やはりここでも党の失速が候補者そのものの足を引っ張ってる様子。細野豪志、中山成彬、長島昭久など希望の党のオリジナルメンバーは今回2017年の衆議院選挙をここまでシッチャカメッチャカにしておいて惨敗したら「ザマァwww」という他ありません。

東京22区の情勢


東京22区の序盤情勢は、自民・伊藤達也と立憲民主・山花郁夫が接戦。立憲民主・山花は父親からの地盤を引き継いでいるため、ポッと出の知名度なし組織なし風なしの希望候補は辛い。他の選挙区と同様に大差をつけて自民・立憲に負けてしまうと予想されます。

ただ前回の衆議院選挙は自民・伊藤が11万、民主・山花が8万とそれなりに差がある。共産も3.7万票ほど獲得してた。いくら立憲民主の支持が拡大してるとしても、共産の自民アシストが足を引っ張るのは痛い。

中盤情勢以降も立憲民主の勢いは増しているものの、共産や希望など足を引っ張る野党勢力のおかげで基本的に自民・伊藤が有利に展開を進めています。終盤情勢では自民・伊藤が立憲民主・山花を抑えたと報道されるなど、最後まで両者の差は埋まらなかった模様。いい加減、リベラルを自称する人間は選挙シロートの共産党をもっと叱責してあげなきゃダメだと思われます。

東京23区の情勢


東京23区の序盤情勢は、自民・小倉將信と立憲民主・伊藤俊輔が接戦。まさにしのぎを削る展開。

前回の衆議院選挙の結果が自民・小倉が10万、維新・伊藤が5万、民主・櫛渕が6.3万、共産が3.5万と野党サイドがやはり分裂してた。でも今回2017年衆議院選挙では立憲民主・伊藤に統一されたことで、単純計算で野党票を合算すると有利。

もちろん希望は立候補者を擁立しているものの、シロートの落下傘。希望の政党支持率も急降下している現状、希望の候補は当選するどころか立憲民主の票を削ることすらままならない様子。結果、反安倍の票が立憲民主の伊藤に流れているという情勢。

それでも希望の出馬は決してプラス面には働かないため、基本的には自民・小倉が有利か。終盤情勢でも変わらず接戦は接戦ではあるものの、基本的に立憲民主・伊藤が追う展開で野党側は苦しい展開。


東京24区の情勢


東京24区の序盤情勢は、自民・萩生田光一が安定の戦い。加計問題でおなじみのメガネのオジさん。希望、立憲民主、共産など乱立してる上、どれも知名度で劣る新人候補ばかり。萩生田は前回の衆院選で獲得した得票率51%を超える勢いか。中盤情勢や終盤情勢でも変わらず。


東京25区の情勢


東京25区の序盤情勢は、自民・井上信治が安定した戦い。THE無風区。維新の近畿比例に一度逃亡し、再び地元の山梨1区で活動していた小沢鋭仁が落下傘として急遽投入されたものの、ほぼ何の波風も立てなさそうな雰囲気。中盤情勢や終盤情勢では希望の失速ぶりが顕著になるなど、希望・小沢は更に苦しい戦い。


第48回衆議院議員選挙 東京ブロックの情勢まとめ


以上、2017年第48回衆議院議員総選挙の東京ブロックに関する情勢まとめでした。

ざっくりまとめると、序盤情勢では自民優勢の選挙区が11選挙区公明優勢が1選挙区、その他の13選挙区はほとんど接戦区。終盤情勢では更に自民有利な選挙区は増えて、自民優勢の選挙区は18選挙区ほどに増加し、接戦区はその分だけ減少。

ただ序盤情勢では野党側が優勢の選挙区はなかったものの、接戦区で野党側が優勢に傾いた選挙区は増えました。とはいえやはり野党分裂も手伝って、自民が比較的有利な選挙区が多め。前回衆議院選挙で定数25のうち、自民党は22議席が当選しましたがその再来もありえます。

フタをいざ開けてみると、希望が大失速。やはり無茶苦茶な候補者選定、グダグダしまくったくせに急場凌ぎの公認が尾を引く。組織票と知名度がある元民進系を排除しただけではなく、結果的に立憲民主党という刺客が新たに作ってしまった。まさに三重苦。ましてや小池百合子の「風頼み」という一点突破の唯一の武器すら潰えたのが痛い。

序盤情勢の段階で比例投票先は、既に希望の党は自民党に大きく引き離されてた。主に熱心に支持していたボリュームゾーンである50代60代が小池離れしたのが痛い。中盤情勢では更に立憲民主の勢いが増して、比例議席では希望を上回るという予想がされ、終盤情勢ではほぼ確実に希望の党が立憲民主に負ける勢い。そのことが小選挙区の情勢調査にも大きく影響してるというワケ。

具体的な数字はJX通信の終盤情勢によると、東京都内での比例投票先が自民党は30%に対して、立憲民主党は23%。一方、希望の党は16%と漸減傾向が続き、投票日までには更に差は広がっていそう。東京都内での支持政党も自民党が28%に対して、立憲民主党が19%。希望の党はわずか11%どまり。比例議席に置き換えると自民が最大8、立憲民主が最大6、希望は最大4という予想。

無党派層の投票先も立憲民主が17%とトップに躍り出るなど、結果、希望にハブられた側の立憲民主が健闘してる始末。やはり希望の党が切り捨てた立憲民主が既に組織や知名度を持っているため、希望のペーペー候補者よりも自民党とまともに対峙できてる状況。今のところ自民を落選させるためには、希望よりも立憲民主に投票した方が良いという情勢結果になっています。

ここまで立憲民主が健闘できてるとしたら、枝野幸男や辻元清美の方が遥かに政治センスがあったというオチ。小池百合子という超追い風をここまで凪(なぎ)にせしめてしまう。本当に天才政治家集団の集まりだなー(棒読み)。

中山成彬や細野豪志あたりの選挙を取り仕切っていたポンコt…選挙中なのであまり強い言葉は使いたくありませんが、選挙はノリで勝てるもんじゃないんだよ?本当に細野豪志は静岡の片田舎で大人しく茶でもすすってろ。中山成彬は中国崩壊詐欺でおなじみの石平とちちくり合ってろと。

当初の予想では、希望は全議席で150議席は固いだろうと見られていました。ただ足元の東京ですら元民進系の数人以外は完全に泡沫化してる以上、希望は100議席どころか元民進から引っ越した現有議席57議席を維持するのが精一杯かも知れません。

実際、毎日新聞の中盤情勢予想などでは60議席も超えないと報道され、終盤情勢では希望の党は現有議席の57すらまともに維持できないという報道が大半を占めています。下手すりゃ立憲民主を下回って40議席台もあり得るという予想にも、ここまで来たらうなずく以外にありません。

逆に言うとしっかり元民進系で準備万端で戦っていれば、どれだけ自民党の議席を減らせたか…というハナシ。民進憎し、リベラル憎しで「排除」の道を選んだ結果、「保守惨敗」という結末を迎えそう。連合の会長は否定してますが、おそらく選挙後は立憲と希望が合流するのはほぼほぼ既定路線か。保守もリベラルもいないと「政権交代」できない。

以上、2017年衆議院選挙の東京ブロックに関する情勢予想でした。基本的に希望の候補者には勢いがなく、立憲民主の候補者に投票することが一番大番狂わせが起きやすい状況だと思います。

ちなみに【2017】第48回衆議院選挙 情勢予想まとめ(近畿・東海編)【2017】第48回衆議院選挙 情勢予想まとめ(東日本編)【2017】第48回衆議院選挙 情勢予想まとめ(西日本編)【2017】第48回衆院選 比例+全議席数予想まとめなど、他にも今回の衆議院選挙に関する情勢記事を執筆済みなので興味があればご覧ください。