少年ジャンプが誇る面白い漫画といえば『HUNTERxHUNTER』ですが、つい先日、『HUNTERxHUNTER』のキャラクターの名前の由来・伏線も考察しました。

そこで今回はテキトーに『HUNTERxHUNTER』の地名や国名に関する由来やアナグラムを簡単に解説していきたいと思います。何故テキトーにやるのかというと、今は『ドラクエ11』のプレイで絶賛忙しいからであります。きっと冨樫センセーも今頃ドラクエ11で忙しいことでありましょう(`・ω・´)ゞ


HUNTERxHUNTERの世界観・地名の由来や伏線


まずは『ハンターハンター』の漠然とした世界観、つまりは大陸や地名についての由来や伏線を考察したいと思います。割りと簡単な地名や大陸名が多い。

例えば、【アイジエン大陸】の由来は「アジア大陸」が語源。大陸のカタチ的にはユーラシア大陸。ただ厳密にアジア大陸とユーラシア大陸の違いはそこまでないので、大陸名とカタチの由来はほぼ同一と言ってもいいでしょう。

続いて【ヨルビアン大陸】の由来は「ヨーロッパ大陸」が語源。そこにミネラルウォーターの「エビアン」あたりと組み合わせたのかも知れない。ただヨルビアン大陸のカタチ的には何故か「北アメリカ大陸」。後述するヨークシンシティで謎が少し明らかに?

【グリードアイランド】の由来は「グリーンランド」が語源。当初グリードアイランドは「ゲームの世界」という設定で登場しましたが、一応HUNTERxHUNTERの現実世界に存在する大陸。厳密には割りと大きめの島国。だから誰にも発見されないなんてことがあるのかという疑問も湧きますが、このグリーンランドのカタチは「ニュージーランド」になります。

続いて【暗黒大陸】の由来は「アフリカ大陸」が語源ではないかと見られています。開拓される以前のアフリカ大陸は「暗黒大陸」と恐れられていたらしい。「未開地」というニュアンスを込めて暗黒大陸と命名されたんだと推察されます。

ただし大陸のカタチは全く別物。暗黒大陸はかなり巨大と見られているため、明確なカタチそのものは存在しないはず。

ちなみに、アフリカ大陸と思しき大陸は既に存在してます。具体的な大陸名こそ不明ですが、天空闘技場があったところがアフリカ大陸のカタチをした大陸。このアフリカ大陸系の大陸とヨルビアン大陸に挟まれた大陸が、南アメリカ大陸のようなカタチをしてる。

そして【ジャポン】の由来はやはり日本。地形のカタチも明らかに日本をモチーフにしたデザイン。ここは敢えて冨樫義博はシンプルに来た。


ハンターハンターの国名や都市名の由来・アナグラム


続いては『HUNTERxHUNTER』の国名や都市名の由来・アナグラムを解説したいと思います。

まずは先程も少しだけ触れた【ヨークシンシティ】。ヨルビアン大陸に位置し、クラピカとクロロが戦った幻影旅団編の舞台としても知られています。この「ヨークシン」の由来は典型的なアナグラム。

具体的には「ヨークシン→ヨーク新→新ヨーク→Newヨーク」といった具合に分解・結合されます。分かりそうで分かりにくい絶妙さがあります。だから北アメリカ大陸と同じカタチのヨルビアン大陸に存在したわけです。

続いてはキメラアント編の舞台となった【東ゴルトー共和国】。この東ゴルトー共和国の由来は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)。詳しくは【HUNTERxHUNTER】東ゴルトー共和国まとめを参照してもらうとして、日本人拉致事件をネタにしてそうな国名。また東ゴルトー共和国の総帥・マサドルディーゴも「金正日」のアナグラム。そのため西ゴルトー共和国は自然と韓国あたりが由来か。

続いては現在の『ハンターハンター』のストーリーのメインになってる【カキン王国】。ハンターハンターの作者・冨樫義博がゲームフリークだから「課金」が由来かと思いきや、このカキンの由来は「中国」に関するアナグラム

HUNTERxHUNTERの作中では十二支んの一人・ピヨンが「若いって…名前変えただけの超古代国じゃね?」と言ってることからも明らかか。ちなみに『ハンターハンター』の十二支ん考察まとめもお暇な時にでもどうぞ。

具体的には中国(China)+華(Ka)から「kakhin(カキン)」のアナグラムになります。華は「華人」や「華僑」、中華思想といったワードを彷彿とさせる単語。カキン王国にあったかは忘れましたが、ペイジンはそのまま北京を英語読みと組み合わせただけ。

このカキン王国の由来をインターネット上では、「華」ではなく漢民族や漢族を象徴する「漢」と考察してるNAVERのような犯罪サイトもありますが、それだと「kan」になってしまう。そうすると「n」が一つ邪魔になってしまうため、そこは素直に「華」と解釈した方が自然でありましょう。

ちなみに【HUNTERxHUNTER】カキン王子14名一覧も参照。

最後は【流星街】。幻影旅団が結成された場所。この流星街の由来は、ネット上ではフィリピンにあるスモーキーマウンテンと指摘されてます。ただ「流星」の由来に結びつけるほどの根拠はないため、流星街は漠然とゴミの山のスラム街がモチーフにされてると考えた方が良さそう。

他のマンガ考察ブログでは言及されてませんが、何故「流星街語源・由来」を個人的に考察するに、おそらく「流れ者が星のように集まる」みたいな意味が込められているのだと思います。余談ですがいずれ漫画ハンタの流星街まとめも執筆できたらいいなと思ってます。

他にもパドギア共和国はトルコの「カッパドキア」が由来だと推察されます。こんな感じでまだまだHUNTERxHUNTERの国名や地名のアナグラム・由来は存在すると思うので、是非ご自身の手で探してみて下さい。

ちなみに他のHUNTERxHUNTERの考察はマンガブログ「ドル漫」でやっていこうかなーと思ってます。このライブドアだといろいろと制約も多いので…。