少年ジャンプの長期連載漫画といえば『銀魂』。すっかり気付けば、2017年3月時点では『ONE PIECE』に続いて二番目の長寿。「銀魂が面白い」という考察記事はつい先日アップロードしたんですが遅ればせながらというべきか、ようやく『銀魂』が実写映画化されて2017年7月何日かに公開されるらしい。

既に少年ジャンプでは『銀魂』に出演する演者キャストが出し惜しみをするかのように、ちょびちょびと公開。このビジュアルが割りと似てたので、そこでいっそということで『銀魂』の配役キャスト一覧を簡単にまとめてみました。画像は全て少年ジャンプ(集英社)から引用。


坂田銀時…小栗旬


まずは主人公・坂田銀時。

少年ジャンプ2号 坂田銀時 小栗旬
坂田銀時のキャスト配役は小栗旬。性欲界のギャル曽根ですっかりお馴染みですね。ちなみにこの記事では悪口めいたことを結構書いてるので、きっと『銀魂』好きならお気に召してくると思いますが嫌な方はスルー推奨。

漫画原作の映画ではありがちな現象なんですが、どうしても元々のキャラクターの髪の毛の色が奇抜過ぎると、どうしても出演者の俳優がカツラを着用しがち。これが作品全体の違和感や「つまらなさ」の象徴に繋がるんですが(『鋼の錬金術師』など)、元々の坂田銀時が割りと毛量が多いせいかそこまでビジュアルに違和感を感じませんでした。


志村新八…菅田将暉


続いて坂田銀時の下で働く、志村新八は原作漫画だと途中から空気感満載のように思えますが、きっと実写映画版でしっかり活躍するはず。

少年ジャンプ2号 志村新八 菅田将暉
この志村新八のキャスト配役は菅田将暉。普段の性格はオラオラ系のお兄ちゃんっぽい雰囲気ですが、見た目のビジュアルだけに関してはちゃんと小物感が出てて志村新八に似合ってる印象。この菅田将暉は『帝一の國』では主役の帝一役を務めるなど、ジャンプ系というか集英社のお気に入りなんでしょうか。

ちなみに「菅田将暉」で「すだまさき」と読みます。絶対小学生時代は「すがちゃん」と呼ばれてたに1000ペソ。


神楽…橋本環奈


少年ジャンプ2号 神楽 橋本環奈
宇宙最強民族・夜兎族の神楽のキャスト配役は、1億年の一人の美少女・橋本環奈ちゃん。さすが最強民族の役柄だけあって、しっかり肉体を仕上げてきています。まさに橋本環奈は演じるプロですわ。ビジュアルはさすがに実写映画版の方が良いか。

ちなみに橋本環奈は銀魂と同じ少年ジャンプで連載中の『斉木楠雄のナンチャラ』の映画版にも出演予定。そこで原作者・麻生周一のTwitterをフォローしたら、麻生周一がめっちゃ喜んでて笑いました。大のオッサンのはしゃぐ姿は見てられません。反面教師にしなければ。


桂小太郎…岡田将生


続いては桂小太郎。攘夷志士で共に幕府と戦った、主人公・坂田銀時の元盟友。通称は「ヅラ」。割りとイケメンっぽいですが、基本はコミカルなキャラクター。

少年ジャンプ8号 桂小太郎 岡田将生
この桂小太郎の配役キャストは、岡田将生。割りとコミカルな役柄もこなせることが起用の理由か。

ただ毛量が多すぎるせいか、先程の小栗旬(坂田銀時)と違って、どうしても「できそこないのオカマ」にしか見えません。桂小太郎に関しては、ビジュアル的にそこまで似てないか。でも、まあそこら辺は演技力でカバーしてくれるのでしょう。


来島また子…菜々緒


来島また子 菜々緒
来島また子の配役キャストは、菜々緒。ビジュアルはコスプレ感は強いものの、まぁ良いんじゃないでしょうか。

ただ菜々緒は『銀魂』の「また子」というより、『金魂』の「ローリングたまペロ子」の方がお似合いのような気もします。理由はググっちゃ駄目よ。


武市変平太…佐藤二朗


武市変平太 佐藤二朗
武市変平太の配役キャストは、佐藤二朗。このままNHKの時代劇に出演しても違和感がないビジュアル(笑)


岡田似蔵…新井浩文


岡田似蔵 新井浩文
岡田似蔵のキャスト配役は、新井浩文。岡田似像のキャラクターは、「人斬り似蔵」と恐れられる盲目の剣士。一重の役者にはピッタリのビジュアルか。まさに「正直イケメンと呼んでいいのか分からない微妙なイケメンランキング」上位に位置してそうな俳優さんの新井浩文にピッタリ。

ちなみにこの新井浩文は、『銀魂』と同じく少年ジャンプで連載中の『ブラッククローバー』ではメインの敵キャラクターのモチーフにされていて、ビジュアルがやはり似てる。こちらも少年ジャンプというか、集英社のお気に入りの俳優なのか。


志村妙…長澤まさみ


少年ジャンプ10号 志村妙 長澤まさみ
志村新八の姉・志村妙のキャスト配役は、長澤まさみ。ビジュアルも含めて、雰囲気的にはピッタリの女優さん。志村妙は気性が荒いので、長澤まさみの怒ってる場面とか容易に想像されます。べ、べ、演技が単調って意味じゃないよ(汗)

ただ明らかに長澤まさみの「鼻の部分」が修正されてる感ありあり。一瞬誰なのか分からなかったのは内緒。


平賀源外…ムロツヨシ


少年ジャンプ10号 平賀源外 ムロツヨシ
平賀源外の配役キャストは、ムロツヨシ。ぶっちゃけ年齢設定など含めて、厳密にはそこまでビジュアルは似てるわけではないんですが、ものすごく雰囲気感は似てる(笑)

『銀魂』に限らず、もし漫画やアニメを実写映画化する場合、こういうビジュアル化が割りと参考になるのかも知れない。


村田鉄也…安田顕


少年ジャンプ13号 村田鉄也 安田顕
村田鉄也の配役キャストは、安田顕。カツラの部分がどうしてもコスプレ感を感じさせますが、そこまでビジュアルは悪くないんじゃないだろうか。


村田鉄子…早見あかり


少年ジャンプ13号 村田鉄子 早見あかり
村田鉄也の妹・村田鉄子の配役キャストは、早見あかり。ビジュアル的には髪の毛など改善点は多そうですが、キャラクターの活発そうな部分も含めて、割りと雰囲気は似てる女優さんって気がします。

ただ早見あかりが着痩せしてるように見えるのは、気のせいか。本来の早見あかりはもっと女子レスラーのような体型をしていた気が。まさかのフォトショッp…(略。


近藤勲…中村勘九郎


続いて近藤勲。真選組局長。『銀魂』の中では割りと重要なキャラクター。ただ見た目のビジュアルには反して、ちょいちょい脱ぎまくるド下ネタ要員。コンニャクの使い方に関しては、土井善晴も真っ青の料理人。

少年ジャンプ15号 近藤勲 中村勘九郎
この近藤勲の配役キャストは、中村勘九郎。前田愛のダンナの歌舞伎役者。「失礼ながらゴリラ感満載」と少年ジャンプは絶賛。どうしても中村勘九郎は幼顔なので、ビジュアル面では40歳前後の俳優の方が良かったか。

とりあえずきっと実写映画版では中村勘九郎はモザイクまみれになってくれるはずです!!


土方十四郎…柳楽優弥


土方十四郎は同じく真選組のメンバー。クールなイケメンキレキャラ。マヨネーズが大好きマヨラー侍。

少年ジャンプ15号 土方十四郎 柳楽優弥
この土方十四郎の配役キャストは、柳楽優弥。若干イケメンの種類が違うような気もしますが、意外とビジュアルの雰囲気感はそっくりです。身長が低そうな俳優さんに見えますが、柳楽優弥の身長は174cmあるらしい。基本的に問題ない配役か。

もう自傷行為なんて止めてもらいたいところです。


沖田総悟…吉沢亮


続いて、沖田総悟。やはり真選組のメンバーで、きっと実写映画版の『銀魂』でも重要な位置付けのキャラクターのはず。ルックスは爽やかな可愛い系ですが、中身は腹黒全開の随一の剣の使い手。

少年ジャンプ15号 沖田総悟 吉沢亮
沖田総悟の配役キャストは、吉沢亮。ただ悪口を書きたいものの、全然知らない俳優さんなのでなにも書きようがない(笑)

ビジュアルに関しては、おそらく吉沢亮は自分の髪の毛を染めてるはず。だから前述のキャラクター・登場人物たちと違って、コスプレ感はほぼゼロ。ただ沖田総悟の「可愛らしいビジュアルさ」も皆無。似てるっちゃ似てますが、最初から吉沢亮の眼光がやや尖すぎる。ぶっちゃけ土方十四郎の柳楽優弥より怖い(笑)


高杉晋助…堂本剛


ラストは高杉晋助。高杉晋助は攘夷志士として、主人公・坂田銀時と共に幕府と戦った仲間。性格的には「闇に潜む敵キャラ」といった雰囲気。

少年ジャンプ11号 高杉晋助 堂本剛
高杉晋助の配役キャストは、まさかの真っ黒。もちろん事故ではありませんが、結論から答えると堂本剛。残念ながらジャニーズ所属ということで、電子版の少年ジャンプでは全消し。こうなること分かってるんやから、もうお前ら出てくんなよ…みたいな不満を、YouTuberのシバターが言っていた気がします。あれれー。

こんな状態なので堂本剛のビジュアルを評価仕様がありませんが、根暗な性格も含めて高杉晋助役としては意外と似合ってそうな感じがします。


銀魂の登場人物キャスト一覧まとめ


以上、『銀魂』の出演者一覧をまとめたわけですが、かなり登場人物が多く割り当てられてることがわかります。

だから2時間という映画のボリュームを考えると、おそらくサブキャラクターの活躍はそこまで多くはなく、主要なメインキャスト以外(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、岡田将生など)はチョロっとしか登場しない気がします。もしくは映画版『銀魂』には第二弾第三弾も用意されている可能性もありますが。

また少年ジャンプ誌上で『銀魂』のキャストビジュアルが公開されれば、いずれ追記していくかも知れません。ちなみに同じく少年ジャンプで連載中の『斉木楠雄の災難』の実写映画版キャスト一覧も記事化済み。