おすすめミステリー推理漫画といえば『名探偵コナン』だと思います。1990年代から連載が開始して以来、およそ20年以上。自分が小学生だった時から連載してたことを考えると本当に気が長い話。

だからそろそろ完結してもおかしくなさそうな雰囲気。つい先日バトル漫画『ONE PIECE』のあらすじもまとめましたが、その『ONE PIECE』も既に連載20年目を迎えており、ストーリー的にもいよいよ佳境。さすがに「完結」の二文字も見えてきました。

ただここに来て『名探偵コナン』は至って完結する兆しがないという話。最近『名探偵コナン』93巻が発売されたんですが少し驚愕したというのが今回の内容になります。


新キャラクター・大岡紅葉などの登場で当分最終回はなし


名探偵コナン93巻 伊織無我 大岡家執事
(名探偵コナン93巻)
何故自分が完結しないのかを断定できたかというと、『名探偵コナン』は93巻目であるにも関わらず、ここに来てまさかの新たな新キャラクターが登場する。画像は伊織無我という男。どうやら大岡家に使える執事という設定で、喫茶ポアロで起きた事件に巻き込まれる。

伊織無我は犯人っぽい雰囲気に見えますがもちろん犯人ではないものの、さすがに90巻を超えた漫画で新キャラクターを出すというのはなかなか見たことがない。ましてや単なる推理漫画。『名探偵コナン』でいうとストーリーに関係する黒ずくめの男たちと無関係。

名探偵コナン93巻 若狭留美
(名探偵コナン93巻)
ましてや『名探偵コナン』93巻でいうと、謎の女教師・若狭留美の正体もまだ不明なまま。簡単にネタバレしておくと、どうやら若狭留美は右目が失明状態。そのため黒田管理官と同様に「もしかすると黒ずくめの男たちの仲間!?」という伏線回収はされないまま。

「完結させまいと粘るなぁ…」というのが正直な感想。もうここまで絶対完結させてやるもんかという強い意志が垣間見えると清々しい。確かに服部平次周辺の大阪系のキャラは手薄だった気がしますが、それにしても必要性を感じない。しかもジョディー先生と同じ教師では二番煎じもいいところですし、『名探偵コナン』はもう絶対完結しないじゃんwww下手すりゃ『ONE PIECE』の最終回より遅いじゃんwww

名探偵コナン93巻 鬼丸猛たけし YAIBA
(名探偵コナン93巻)
もう少し『名探偵コナン』93巻の話をネタバレしておくと、作者・青山剛昌が連載してた『YAIBA』からそのまんま鬼丸猛まで登場。もうパラレルワールド設定すら持ち込むなど、完結させまいとありとあらゆる手段のフル動員ですやんwww山崎邦正風に言うなら、「コナンちゃんはまだまだ完結せぇへんでぇ~~~!!」といったところ。


名探偵コナンが完結しないのもむべなるかな


名探偵コナン93巻 大岡紅葉
(名探偵コナン93巻)
伊織無我が仕えてるのが、画像のお嬢さま女子高生・大岡紅葉。この大岡紅葉は厳密には新キャラクターと言えるかはやや微妙。何故なら、どうやら数ヶ月前の2017年4月に放映されたアニメ映画『名探偵コナン から紅の恋歌』に既に登場してたキャラクターらしい。

ちょっとしたキャラクターの再利用とも言えるわけですが、この『名探偵コナン から紅の恋歌』の興行収入はまさかの約70億円らしい。もしかすると今後更に伸びる可能性もあるか。少なくとも、今年2017年の日本の映画興行収入ランキングでは間違いなく上位に『名探偵コナン』がランクインするはず。

しかも名探偵コナンのアニメ映画は回を重ねるごとに、実は興行収入が伸びてる

例えば2010年に放映された『名探偵コナン 天空の難破船』の興行収入は32億円。つまり今年2017年に放映された『名探偵コナン から紅の恋歌』は約二倍。理由は全く持って不明ですが、タイミング的には毛利小五郎の声優が小山力也に変わったあたりから突如として興行収入が爆発的に増加してる。

ちなみに【名探偵コナン】毛利小五郎という最強の三枚目キャラについてという考察記事はいずれ執筆するつもりなので、たまに漫画考察サイト「ドル漫」をチェックしてみて下さい。

だから『名探偵コナン』が完結しないのもむべなるかな。こんだけアニメ映画が大ヒットしてたら『名探偵コナン』を完結させようがない。映画は「黒ずくめの男」に関係する内容のものが多い。漫画版で結末を迎えたら、映画を続けようがない。

むしろ逆に新キャラクター・大岡紅葉を登場させるなど、『名探偵コナン』の漫画版に好調な映画のパワーを取り込もうという意図すら感じさせます。

別に『名探偵コナン』がつまらないから完結させろということではなく、黒ずくめの男たちの展開を出し惜しみせず一度区切りをつけた方がストーリーが下手にダラダラしない。その方が読者も作者もメリットがあるのではないかと今まで思ってた。

でもこれじゃあ『名探偵コナン』はあと10年20年は完結できないわなと…という話でした。テレビ局も絡んでくる話ですから、もし完結させたらきっと日テレさんも激おこ間違い無し。


名探偵コナンの最終回・未完結とは全く関係ない余談


ちなみに『名探偵コナン』93巻の電子コミック版は半月遅れ。今までは紙コミックの発売から3ヶ月後→1ヶ月後に電子版が発売されてた気がしますが、徐々に間隔が短くなってる様子。喜ばしい限り。だから記事化するのが今のタイミングに遅れた。

ただ『ONE PIECE』は1ヶ月程度と短くなった気がしますが、それでも長い。そこでONE PIECEの公式InstagramがONE PIECEの新刊を宣伝してたので、そこに「できれば電子コミック版の発売も同じぐらいに早めてもらえるとうれしいです」と割りと丁重なお願いコメントを書いてみました。

そうしたらまさかの数時間も経たずに自分のコメントが削除されるというwwwあれ?そんなに自分は変なコメントをしたんでしょうか?まだ「ONE PIECE早く完結しろや」みたいな攻撃的なコメントでもしたら分かりますが、そんな怒らせるようなこと言ったかなと小一時間悩んだのは内緒。そらワンピInstagramのコメントは少ないはずだ。

とりあえず『名探偵コナン』や『ONE PIECE』に限らず、できれば三日後遅れ程度には電子コミック版も発売してほしいです。電子ユーザーの読者がそこまで漫画家さんや出版社さんに冷遇されるイワレはないはずです。

以上、蛇足も多かったですが、名探偵コナンの最終回・未完結に関する記事でした。