おそらく日本で一番人気の推理漫画が『名探偵コナン』。世界広しと言えども、名探偵コナンほど長期連載の推理作品は存在しないでしょう。そして、この度名探偵コナンの例の季節が近づいてまいりました。

そう、劇場版『名探偵コナン』の公開。

名探偵コナン 緋色の弾丸
(名探偵コナン 緋色の弾丸)

具体的には『名探偵コナン 緋色の弾丸』という劇場版アニメが2020年4月17日に公開されることが決定。『名探偵コナン』も最終回に近付きつつあるせいか、実は年々観客動員数を増やしてる。ここに来て人気が加速するのかという(笑)

名探偵コナン 緋色の弾丸 赤井一家集結
(名探偵コナン 緋色の弾丸)

そして、今回の『名探偵コナン 緋色の弾丸』の目玉が「赤井一家(赤井ファミリー)」。赤井家といえば、赤井秀一を長男として、羽田秀吉、世良真純といった三兄弟を中心に謎多き母親と父親がいるファミリー。2020年の劇場版では主役になるっぽい。

でも実は既に公開前から「赤井一家」を意味する伏線が隠されていたそう。

611391225の伏線は「赤井ファミリー」を意味していた?



名探偵コナン 緋色の弾丸 伏線がヤバすぎた
(劇場版名探偵コナン 公式Twitter)

結論から書くと、劇場版名探偵コナンの公式ツイッターに投稿された中に「とある数字」が隠されていました。その数字とは「6・1・13・9・12・25」。この数字のどこに赤井一家を意味する伏線が隠されているのか?

さっそく答えから書くと、「6・1・13・9・12・25」という数字をアルファベットの順番に置き換えると、「FAMILY」になる。FAMILYを日本語に置き換えると「家族」。そして、数字の色は赤文字。つまり、「赤井ファミリー」を意味していた伏線だったというオチ。

そして、6・1・13・9・12・25を全て掛け合わせると「2106000」になる。2106は「つ・と・む」と読むことが可能。これは赤井ファミリーの中でも最も謎多きキャラクターである父親の赤井務武(つとむ)の名前を意味した伏線でもあった。

いつの間にか赤井ファミリーは『名探偵コナン』の中で重要なキャラクターに進化していましたが、漫画考察サイト・ドル漫でも赤井ファミリー一覧まとめもいずれ考察しようと思います。

d-manga.net

d-manga.net