『僕のヒーローアカデミア』13巻のネタバレ感想をレビュー。作者は堀越耕平。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミックのおすすめヒーロー漫画。AmazonのKindleや楽天などでも試し読み・立ち読みが可能です。

漫画「僕のヒーローアカデミア」が面白いという考察記事はアップロード済みですが、いずれ新しく作ったマンガブログに移行させたいと思います。ちなみにキャラクター名の漢字を打つのが面倒くさいので、テキトーに所々はカタカナで表記してます。


ヒロアカ13巻までのおさらい


主人公・緑谷出久たちはヒーロー仮免許を取得することとなる。そこで雄英高校に匹敵する難関ヒーロー高校・士傑高校も参加。

僕のヒーローアカデミア13巻 轟焦凍と夜嵐
(僕のヒーローアカデミア13巻)
この士傑高校のトップクラスの実力を持つのが夜嵐イナサ。そして何故か轟焦凍を目の敵にする。理由を先にネタバレしておくと、轟焦凍が炎のヒーロー・エンデヴァーの息子だから。二人は冷たい氷の目をしていた故に、夜嵐イナサは雄英高校に合格していたものの辞退した。

僕のヒーローアカデミア13巻 被災現場 バイスタンダー
(僕のヒーローアカデミア13巻)
そしてヒーロー仮免許では次の試験の模擬災害現場における救助演習が始まる。要救助者のプロ「HUC(help us company)」たちを納得させることはできるのか。


ギャングオルカも一応ヒーローだよ


緑谷出久たちは怪我の程度に応じて、救助の優先度を判定。うろたえる(演技)被災者に対しては優しく声をかけるといった対処も求められる。またバトルとは違った悪戦苦闘を強いられるヒーロー候補生立ち。

僕のヒーローアカデミア13巻 ギャングオルカ1
(僕のヒーローアカデミア13巻)
そして、そこにダークヒーロー・ギャングオルカが登場。「対敵も同時に全てを並行処理できるかな?」という言葉通り、敵役として更に緑谷出久たちを苦しめる。

もちろんこんな見た目ではあるものの、ギャングオルカはちゃんとしたヒーロー。しかもヒーローランキングでは10位と見た目なりの強さも持ち合わせる。ちなみに本名はサカマタクウゴ。

果たしてテロリスト集団たちの攻撃を交わしつつ、被災者を救助することは可能なのか。何を最優先すべきなのかという瞬発的な判断力、臨機応変な対応力、そしてテロリストを駆逐する圧倒的な武力が問われてる。

僕のヒーローアカデミア13巻 ギャングオルカ2
(僕のヒーローアカデミア13巻)
そこで反目し合っていた轟焦凍と夜嵐イナサが共闘。轟焦凍は今まで封印していた「炎」を解禁、そして夜嵐イナサの「風」を組み合わせることでギャングオルカを丸焼きにしてしまう。だって海の動物って炎に弱そうやん?

僕のヒーローアカデミア13巻 ギャングオルカ3
(僕のヒーローアカデミア13巻)
ただ、ギャングオルカ。「で?次は?痛くも痒くもないんですけど?」。まさに万事休すという場面で仮免許試験終了のブザーが鳴る。しかもギャングオルカは拘束用プロテクターを装着済み。まだまだヒーロートップへの道は長いらしいぞ緑谷出久。


ヒーロー仮免許の結果


そしてヒーロー仮免許の結果。

さっそくネタバレしておくと、主人公・緑谷出久たちは無事合格するものの、轟焦凍と夜嵐イナサ、爆豪勝己だけ一部は不合格。このままヒーローになれないかと思いきや、三ヶ月の特別講習を受ければ合格できるとのこと。うーん、高校の進級試験並に甘っちょろいと思ったのは気のせいか。

僕のヒーローアカデミア13巻 渡我被身子
(僕のヒーローアカデミア13巻)
ちなみにヒーロー仮免許試験には、死柄木弔の一味・トガヒミコが紛れ込んでいた。緑谷出久の血を手に入れたことで、どうやらどこかのタイミングで緑谷出久に変身する模様。

僕のヒーローアカデミア13巻 オールマイトとワンフォーオール
(僕のヒーローアカデミア13巻)
一方、オールマイトは再び監獄のオールフォーワンと面会。オールフォーワンはオールマイトを挑発するものの、オールマイトは「死柄木弔に私を殺させないし、私は殺されない」と断固として突っぱねる。

ただ構図が単調。同じオールマイトの顔面アップが続いても面白くない。セリフもどっちも似たような内容なんだから、わざわざ2コマも使う必要がない。もちろん表情がないとはいえ、そこはオールフォーワンの表情も使うべきだった。


僕のヒーローアカデミア13巻のネタバレ感想総括


以上、『僕のヒーローアカデミア』13巻のネタバレ感想でした。

僕のヒーローアカデミア13巻 爆豪勝己と緑谷出久
(僕のヒーローアカデミア13巻)
そして13巻の最後では爆豪勝己が緑谷出久の能力の正体を知る。つまりは緑谷出久がオールマイトからヒーローの能力を引き継いだこと、羨望。ヴィランに爆豪勝己がさらされたことがキッカケでオールマイトの能力を完全にとどめを刺してしまったこと、後悔。

そこで爆豪勝己は全てのウヤムヤを晴らすためにも、本当に緑谷出久にそこまでの価値があるのかバトルを申し込む。果たして勝敗の結末は。一応、漫画「僕のヒーローアカデミア」14巻のネタバレ感想は既にレビュー済み。

ただ最近思ったのは巻数ごとをいちいちレビューよりも「僕のヒーローアカデミア最強ランキング(未投稿)」といった考察記事にシフトしようか思案中。一巻ずつのレビューは七面倒臭いし、内容を列挙してるだけなので飽きちゃうよなーというのが理由。