ホンダ新型N-WGNのフルモデルチェンジ情報が6月7日に正式発表されました。発売日も含めて、新型タントとフルモデルチェンジのタイミングがバッチリ同じ。

ホンダ新型N-WGN フルモデルチェン最新情報 ノーマルグレード

ただ新型N-WGNがダサすぎると話題に。当初から次期N-WGNは質素なデザインになると言われていましたが、正直、悪ふざけとしか思えないほどの脱力感。

ホンダ新型N-WGN フルモデルチェン最新情報 内装インパネ

今回の新型N-WGNのフルモデルチェンジと同様に、賛否両論あったスズキ・ワゴンRのデザインと似てる。実際、新型N-WGNの内装インパネもワゴンRに近い雰囲気。

ただ今回の新型N-WGNに近いのは、ワゴンRの廉価グレード。ワゴンRはミドルグレード以上のデザインは少しだけマシになる。つまるところ、新型N-WGNのデザインは安っぽい。

ホンダ新型N-WGN フルモデルチェン最新情報 カスタムグレード

一方、新型N-WGNカスタムはどうなのかというと、まさかのノーマルモデルとほぼ大差なし。ここまで味気ないカスタムグレードは初めての経験かも知れない。

これで新型N-WGNカスタムの価格帯は150~180万円。ちょっと大丈夫かな?と心配になる。つい先日フルモデルチェンジした日産デイズや三菱eKクロスと比べると雲泥の差。

ただホンダ新型N-WGNは今回のフルモデルチェンジで「追従クルーズコントロール(ACC)」が全グレードで標準搭載。エントリーモデルで130万を切る価格帯で発売されるので、非常にお買い得。

新型デイズや新型eKクロスも追従クルコン設定で話題になりましたが、あくまで一部の上級グレードに設定されるだけ。安全装備だけで考えたら、新型N-WGNはお買い得ではあります。

いずれ自動車情報サイトのカーギークでは新型N-WGNとワゴンRやデイズの比較記事もレビューしたいと思います。

car-geek.com