最近Amazonが新しいサービスを始めたらしい。それが「Prime Reading(プライムリーディング)」と呼ばれるもの。サービスの名前から何となく察することができますが、アマゾンプライム会員であればKindleの一部の作品が読み放題になるというもの。だから「Kindle Unlimited」とサービス内容は似てるものの、プライム会員であれば新たな負担は必要がないため注目されています。

そこでさっそくアマゾンプライム会員である自分が「Prime Reading(プライムリーディング)」の読み放題はオトクなのか、おすすめなのかをさっそく評価してみました。「AmazonKindle Paperwhite漫画モデルはおすすめか?」という感想記事も書いてる自分としては、主に漫画やコミック好きの目線から色々と考察してみたいと思うので、この感想記事が少しでも参考になれば幸いです。


漫画やコミックは最初の数冊のみしか読めない…


まずは「Prime Reading(プライムリーディング)」が根本的にお得なのかどうなのか評価したいと思います。

感想を一言でまとめるなら「Prime Readingはおすすめ」だと思います。

amazon prime reading
何故ならAmazonプライム会員であれば追加負担は一切必要なく、「Prime Reading(プライムリーディング)」で様々なベストセラーの雑誌や小説を無料で読めるから。Kindle Unlimitedであれば月額1000円程度の負担が必須。それを考えると年間3500円の負担のままで配送料は無料、アマゾンプライムビデオも無料で読める上、更に様々な書籍や雑誌が読み放題になるのはお得と評価せざるを得ません。

ただ、こと漫画やコミックに関して評価するなら微妙。確かに色んな漫画作品をKindleで無料でダウンロードすることが可能。現時点だと『賭博黙示録カイジ』や『アリスと蔵六』、『インベスターZ』などが無料で読めるので一見するとお得。

amazon prime reading 漫画コミック
でも「読み放題」とは言っても、漫画コミックの場合は最初の数冊だけしか無料でダウンロードできません。画像の『賭博黙示録カイジ』の場合は全13巻ですから残りの10冊は読めない計算。既に「Prime Reading(プライムリーディング)」でも説明されてますが、漫画やコミックの場合はどの作品でも「一タイトル3冊まで」しか公開されないらしい。

つまり言ってしまえば、Prime Readingは期間限定で無料で公開されてるサンプルのようなものの印象を受けました。またKindle Unlimitedと同様に「同時に読めるのは10冊まで」という制限もあるらしく、それを色んな漫画作品を無料でたくさん読むのもしんどい。

最近、自分はAmazon FireTV Stickというものを購入しました。詳細な評価は「Amazon FireTV Stickの感想レビュー」も参考にしていただくとして、アマゾンプライムビデオをテレビでも視聴できるというもの。例えば『LOST』を最初のシリーズから暇潰しがてらに視聴してます。また今日からはダウンタウン浜田と千原ジュニア司会の『戦闘車』という番組も始まりました。

言うまでもなく、ドラマ作品などは一シリーズ20話30話とある。じゃあアマゾンプライムビデオでは最初の数話しか観れないのかというと、もちろんNO。『LOST』のようなアメリカドラマだと一シリーズ20話ちょいぐらいあって、今のところまだ3シリーズぐらいまでしか観れていません。

だから同じようなノリで「Prime Reading(プライムリーディング)」も一作品まるまる色んな漫画を読めるかというと、NO。「読み放題」というウリ文句から期待値がどうしても上がってしまいますが、特に漫画やコミックに関しては先程も書いたように「無料の期間限定で読めるサンプルの延長線上」に思っておくのがベターかなぁーと思います。

むしろ中途半端に読める分だけ、また気になる続きが読めない分だけ読後感としては「モヤッと」するかも知れない。Amazonや漫画家、出版社さんからしたら販促という点では効果的なのかも知れませんが、一読者の立場で考えるとPrime Readingは付加価値という点ではそこまで強くないのが正直な感想です。

以上、面白いコミック考察ブログ「ドル漫」おすすめコミック考察ブログ「すごないマンガがすごい!」といった人気漫画ブログを運営してる読者が「Prime Reading(プライムリーディング)」をざっくり評価してみた記事でした。

既にアマゾンプライム会員は500万人を超えているため、このPrime Readingをキッカケに新たに会員数が増えるとは思えませんがKindleを利用するユーザーが増えるなら自分としても嬉しいか。FireTV StickなどでもPrime Readingが利用できたら、もっと電子書籍ユーザーの裾野が広がるのではないか。

ちなみに「AmazonKindleと楽天コボはどっちがおすすめなのか?」という比較記事も評価済みなので、もし興味がある方は御覧くださいませ。