『監獄学園-プリズンスクール-』21巻のネタバレ感想。作者は平本アキラ。ヤングマガジン(講談社)で連載中のセクシー学園マンガ。


騎馬戦がはっじまるよー♪

21巻の展開を説明しておくと、騎馬戦が始まります。この体育祭で表生徒会と裏生徒会の戦いが行われてる訳ですが、この騎馬戦がいよいよ最終戦らしい。

裏生徒会は圧倒的に不利。生徒の大半が表生徒会を支持してるので、ほぼ全校生徒が敵みたいな状態。

(21巻)
でもそこで切り札として持ってきたのが、復活した副会長・白木芽衣子。名づけて「復活のF」。とんでもない装置を引っさげてますが、この名前は「MTIHS feat.PBR」。正式名称は無限炭酸飲料補給システム…何の捻りもねーーー!!おれの北川景子と結婚したDAIGOか!!

要するに、白木芽衣子に炭酸飲料を飲ませるためだけの装置。白木芽衣子は幼児退行化したものの炭酸飲料を飲んだ時だけは何故か狂犬が復活してた。会長・万里の「芽衣子はものすごい汗っかきなの」という幼稚な言い訳がヒドすぎて笑った。

白木芽衣子の怖さは周知の事実。結果的に、ほとんどの全校生徒が蜘蛛の子を散らすように逃げていく。この異様なスタイルからして恐怖です。

監獄学園21巻 副会長が復活?2
(21巻)
ただこの状態で騎馬戦をしなければいけないので、当然このような結果に。思わず大量にゲボる。冷静に考えてみると、ちょっとした罰ゲーム。最終的に白木芽衣子のお腹は妊婦さんのようにタプンタプン。ちょっとした変な性癖が目覚めてしまいそうな画像は割愛。


会長 万里の卑劣な脅し

つまりは裏生徒会たちはピンチ。そこで会長の万里が最終手段に出る。それがキヨシをダシに使おうとする。

監獄学園21巻 キヨシと万里1
(21巻)
ただ画像を見てもらったら分かるように、その方法がまさかのギンギンのライトセーバーを振り回す的なヤツ。女子生徒ばかりの高校なので、そういうイチモツ的な耐性は当然持ち合わせてない。そこで出しちゃおうぜ的なクレイジーな発案。

キヨシも「会長…なんですか…その汚いモノを見るような眼は…」とガクブル。それでも万里は「見せな……さい!」と父親譲りのタメがキタ━━(゚∀゚)━━!!遺伝子の力恐るべし!

監獄学園21巻 キヨシと万里2
(21巻)
当然キヨシは「イカれてる…正気じゃない!」と反論するものの、「その通りよ!正気じゃ勝てないの!!」と万里は激怒。アカン!これは万里はんもとうとう本気やでぇ!というか、万里はどこ見ながら喋ってんのーーー!!!???そもそもキヨシもギンギンすぎーー!!

この後の万里の説得という名の脅迫がヒドい。キヨシは騎馬戦後に万里の妹・千代ちゃんに告白しようと考えてた。なおさら万里の発案は受け入れられない。でも万里は意に介さない。

「もちろんどうするか決めるのはアナタよ」
「もしアナタが我々の死を望むなら、今際の際に私と芽衣子の胸をどさくさ紛れに揉み死んでいった下劣漢だと言い伝えるでしょう」
「でも、もしアナタが全員の命を救うために自分の命を捧げるなら、アナタのことをヒーローとして伝えていくでしょう」


サラッととんでもない脅迫キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

この直前にキヨシは会長・万里の乳を揉みしだいてた。それを逆手に取るという狡猾な万里。そして、ここからキヨシは地獄への道…もとい天国への階段を上り始める。


膨張時に勢いよく脱いじゃダメだよね?って話

とりあえず覚悟を決めたキヨシは、自らのギンギン丸を構えると周囲の女生徒が大騒ぎ。「マジのヤツだ!誰だよシワとか言ったの」と阿鼻叫喚。

(21巻)
でもキヨシはその叫び声は「まるで時間が止まったみたいに静かだ」と一切聞こえない様子。これがいわゆるゾーンというやつか(゚A゚;)ゴクリ…というか、このコマ割りの使い方がムダに上手すぎる。まあ先っちょ見せなきゃいい問題なのかは知りませんが(笑)

監獄学園21巻 キヨシ死す2
(21巻)
ただそれはあくまで「死を覚悟」したが故の自暴自棄に近い。キヨシの完全に死んでる表情が全てを物語っています。それに対してガクトだけは「その姿美しくも悲惨」と涙を浮かべる。一方でキヨシ無双に対しては「千里を駆ける赤兎馬の如し!」と絶賛した。

当然、ギンギン丸のエネルギーが切れ始める。女子には分からないかも知れませんが、ギンギン丸を持続するのは意外に大変。割りとムードも大事。スイッチやボタンのように押せば勃つというものではない。そこでキヨシは淫語をお願いする。ただ万里は首を縦に振らない。

監獄学園21巻 キヨシ死す3
(21巻)
キヨシはついにブチ切れ。「僕は命を懸けて戦っているんですよ!今度は裏生徒会の皆さんが僕を助けてくれる番じゃないですか!?どうすんすか俺もう取り返しつかないよぉぉ」と号泣。情けない。なんという情けないシチュエーションなんだ。

結果的に事なきを得るキヨシですが、その前に現れたのがギャルビッチ師匠。キヨシのギンギン丸に全然恐怖しない。むしろキヨシが誘惑されてしまう始末。もはや打つ手が無い。しかしここで立ち上がったのが緑川花。まさかのキヨシのズボンを降ろそうとする。さすがに脱がせ方が雑すぎるよ。そして、ここで縞パンの伏線回収がキタ━━(゚∀゚)━━!!

キヨシと緑川花はお互いの下着を間違えて履いてたんですが、「シックリ来た」という理由でそのままだった。つまり「ギンギン丸+しましま」という最強コラボ発動で、ギャルビッチ師匠をビビらせようという魂胆。さすがにギャル師匠も変態を受け入れる経験値まではない。

ただ緑川花の雑すぎる脱がせ方が仇となる。脱げたと思った瞬間、キヨシのギンギン丸が腹を叩きつける音がバチンとけたたましく鳴った。つまりは勢い良くパンツを下ろしてしまったはずみで、そして同時に押さえつけられていた反動で「俺のヒーロー」が飛び出してしまったのだ!!!だって男子高校生の元気っぷりは言わずもがな!そしてキヨシは憤死!

監獄学園21巻 キヨシ死す5
(21巻)
そして周囲はもちろん裏生徒会のメンバーも固まる。キヨシはショックのあまりに幽体離脱。さまよう魂として緑川花に詰め寄るものの、当然誰も聞いていない。

果たしてキヨシの運命は?このまま天国へと旅立ってしまうのか?カムバーック!キヨシッッ!!

監獄学園21巻の総括

『監獄学園-プリズンスクール- 21巻』のネタバレ感想をまとめると、ゴリゴリの下ネタ。清々しいほどに満載。ヤンマガを読んでる限り、次巻の22巻は更にヒドい状況です(笑)抜き要素としては今回も「ほどほど」程度ですが、副会長の腹ボテが割りと良かった。

おヒマなら「監獄学園が面白いかどうかの考察レビュー」も参照してみてください。