『監獄学園-プリズンスクール-』1巻から20巻のネタバレ感想をレビュー。作者は平本アキラ。ヤングマガジンで連載中のセクシー学園漫画。出版社は講談社。2016年6月の現地点で累計発行部数は800万部超えらしい。

そこでアニメ2期を期待して『監獄学園(プリズンスクール)』が面白いかつまらないか徹底的に考察してみました。『監獄学園 プリズンスクール』を購入する時の参考に読んで下さい。

監獄学園のあらすじ物語・ストーリー内容


主人公は高校一年生のキヨシ。ただ入学した私立八光学園がとんでもない高校だった。

監獄学園1巻1 私立八光学園 女子比率99%
(監獄学園 プリズンスクール 1巻)
もともと女子校だったこともあって、なんと生徒の99.5%が女子生徒。まさに共学とは名ばかりのハーレム。ただここまで歴然と差がありすぎると嬉しいやら恥ずかしいやら。

しかし八光学園には「裏生徒会」と呼ばれる謎の組織が学校を支配していた。そして、ひょんなことから学園に備え付けの牢屋に閉じ込められてしまう男子たち。

監獄学園2巻 ガクト 脱獄を決意
(監獄学園 プリズンスクール 2巻)
そこでキヨシとガクトたちは脱獄を決意する。果たして男子たちは無事脱獄することはできるのか?裏生徒会の魔の手から逃れることはできるのか?ハーレム状態の楽しい学校生活を送ることができるの…かッ!?

副会長・白木芽衣子がヤバイ!


『監獄学園-プリズンスクール-』の登場人物がとにかくパンチが効いたキャラクターばかり。例えば裏生徒会を見ても色んな意味で怖い。特に副会長にあたる白木芽衣子がヤバイ。

監獄学園1巻 白木芽衣子 副会長
(監獄学園1巻)
「お前が真っ先に校則違反やろ」と言いたくなるぐらいに傍若無人。見た目がキツそうですが、言動は更に数倍キツい。殴る蹴るは当たり前。戦闘能力は格闘家並。白木芽衣子は小5でクルミの皮を素手で割ったほど。当然運動能力もアスリート並み。あり得ないほどの腕力や跳躍力を発揮する。

また肉体も出てる所がしっかり出てる。結果、副会長・白木芽衣子が普通の制服を着ただけでもパッツンパッツン。制服が悲鳴を上げて可哀想なぐらい。だから副会長・白木芽衣子がブチ切れて本気を出すと、制服がはじけ飛ぶこともしばしば。『ドラゴンボール』かよ。

だから『監獄学園』の内容は、いかにも男子が喜びそうな中身。作者・平本アキラは画力が高くて、ムダに絵が上手い。スクリーントーンの貼り方が丁寧で、キャラクターも女性特有の「柔らかさ」みたいなんが表現されてるのが良い。

それが随所に遺憾なく発揮されており、何気ない日常風景ですらムラムラさせられること間違い無し。例えば、『監獄学園』12巻だと主人公・キヨシと緑川花が恋人つなぎしてる場面。ただ手を握り合っているだけなのに、あくまで手を握っているだけなのに何故か…(*´Д`)ハァハァ

ただ、ちょいちょい基本的にアングルもおかしい。副会長・白木芽衣子は様々な角度で接写することで、もはや一周回って壮大なギャグ。一体笑いを狙ってるのか、男性読者を狙ってるのか、そこら辺も含めて面白い。是非、作者・平本アキラのアイデア力に笑って下さい。

つまらないノリを全力で!くだらないからこそ面白い!


だから『監獄学園-プリズンスクール-』の面白さは、しっかり笑えるギャグ要素も根底にあると評価していいはず。主人公・キヨシやガクトたちが男子生徒特有の「くだらないノリ」を全力でやってくれる。

監獄学園2巻 ガクトの脱糞ぶりぶり
(2巻)
有名なシーンでは、画像のガクト。当初は脱獄してる最中、トイレに入ってるフリをしようと画策。当然裏生徒会にバレないために、「トイレにいる最中の音」を収録しようとガクトは考えた。もちろん普通は腕に唇を当てて息を吹いて「ブブブッ」と音を出せばいい話。

ただ、ガクトはパソコンルームで実際に出してしまう。一体何の臨場感?もちろん周りは女の子だらけ。多分、日本一かっこいい覚悟を決めた男の表情でしょう。こういった部分でも絵のうまさや画力の高さがフルに活かされています。

他にも『監獄学園』15巻ではキヨシが大好きな千代ちゃんに変なことを言わそうとする場面も笑えます。「邪魔をしないでください!もう少しで千代ちゃんの口から恥ずかしい言葉が言えそうなんです!」というセリフが露骨にヒドすぎて笑った。


監獄学園 プリズンスクール 総合評価・評判・口コミ


『監獄学園-プリズンスクール-』の考察レビューをまとめると、シンプルに面白い。「とりあえず笑っとけ」って感じ。

男子諸君が誰もが喜ぶ実用性の高い描写は言うまでもなく、キャラクターが秀逸。M体質のキヨシの同級生・アンドレの数々の名言は爆笑必至。最終的には『進撃の巨人』ばりに数十メートル規模の巨大な化け物と化してしまったり、一体何の漫画やねん。

かつて日刊ゲンダイに連載してた「オットセイ君理論」のような大胆不敵な演出も面白い。アンドレの髪型デザインも「この時のため」だけに発案していたとしか思えない。二次元のマンガに限らず、くだらないことを全力で真剣にやると笑える。

一般的に「画力の高さ」と「笑い」は両立しづらいと思いますが、その間に『監獄学園』は下品なピンク描写を介在させることで見事に調和。作者・平本アキラの絵が上手いことで、そこまで下品に写らないのもおすすめ。意外と女性読者が読んでも耐えられる面白さかも知れない。

もちろん『監獄学園-プリズンスクール-』は、あくまでギャグマンガ。さすがに20巻以上も連載が続くと、どうしても「つまらない」という感想を持つ読者さんもいるっぽい。でも全体的にテンポ感も悪くはなく、実用性の高い描写を目的で買い続けても損はしないのかなーと思います。できればフルカラー版も欲しい所。

ちなみにブログは既に漫画おすすめブログ「ドル漫」に引っ越し済みですので、良かったらお暇な時にでもご覧ください。『監獄学園』の内容が内容のため、基本的に今後レビューする機会はないとは思いますが。