『ワンパンマン』1巻から10巻のネタバレ感想をレビュー。作者は二人。原作がONE、作画が村田雄介。となりのヤングジャンプで配信中。出版社は集英社。内容は少年コミックのヒーロー漫画。

『ワンパンマン』は2016年7月現在で発行部数は1000万部超えの大人気漫画。悪がはびこる世界に突如現れた主人公・サイタマの無双劇がシンプルに面白い。『ワンパンマン』は2015年末にアニメ化されたこともあってか、海外でもそこそこ知名度がある模様。

気になる方はYouTubeで「ONE PUNCH MAN」と検索してみると良いかも。ただ集英社がその知名度の高さをしっかり収益に繋げられてるのかは不明。結局、日本の出版社は街の本屋さんで引きこもるしかないんでしょうか?

…ということで今回はヒーロー漫画「ワンパンマン」は面白いかつまらないか徹底的に考察レビューしてみました。果たして何が面白いのか、逆にワンパンマンはどこが面白くないのか。『ワンパンマン』を購入するときにでも参考にして下さい。

あらすじ物語・ストーリー内容

『ワンパンマン』の主人公はサイタマという青年。

これまで無職で就職活動中だったが、怪人から子供を救ったことがキッカケでヒーロー活動に目覚める。その後度重なる修行を行い、サイタマは「一発で敵を倒す強さ」を身に着けてしまう。そのためサイタマはいつも怪人を「ワンパン(一発のパンチ)」で倒してしまう。

まさに「ワンパンマン」。ただ怪人を瞬殺してしまうばかりに、誰もサイタマがヒーローとして活躍した場面を見たことがない。そのため最強ヒーローであるにも関わらず、市民たちから支持されることはなかった。

いつも何とも言えない充実感のなさや空虚感がサイタマを襲うが、それでも変わらずヒーロー活動をやめることはなかった。もはや趣味でヒーローをやっているサイタマが報われる日はやって来るのか!?簡単に内容をまとめると、『ワンパンマン』のあらすじはそんな感じになります。


ワンパンマン総合評価・評判・口コミ


『ワンパンマン』は結論から書くと面白い。

ギャグテイストとは真逆のシリアス展開が前フリとして生きてて、結果としては笑いもアクションもと全部良い所取りなマンガ。ただその振り幅が広すぎるので、この漫画を面白いと感じるかは少しハッキリと分かれてしまう作風でもあるか。

ちなみにお手数ではありますが、当ブログはマンガ最強考察ブログ ドル漫に移転済み。そのため考察の続きは【徹底考察】ワンパンマンが面白すぎる理由まとめをご参照してみてください。ワンパンマンというヒーロー漫画が面白いのか面白くないのか、さらに深く学ぶ上で非常に参考になる考察となっております。