『競女-ケイジョ-』1巻から15巻のネタバレ感想をレビュー。作者は空詠大智。作者名の読み方は「そらよみだいち」。前作に『揉み払い師』という漫画を描いてた方。

『競女』の掲載誌は少年サンデー。出版社は小学館。ジャンルは少年コミックのスポーツ漫画。絶賛AmazonのKindleでもダウンロード購入・無料で試し読みが可能です。

『競女-ケイジョ-』は現在アニメ放映中。だからもっと早めに感想をレビューしたかったんですが、世の中マンガの数が多すぎて…。とりあえずいつものように面白いかつまらないか考察してみました。結論から書くと色んな意味で面白いマンガ。是非『競女-ケイジョ-』購入するときの参考にしてみてください。


競女のあらすじ登場人物 ストーリー内容

舞台は日本。2003年に法改正されて、競馬・競輪・競艇に続いて導入された公営ギャンブルがあった。その名も「競女(けいじょ)」。女同士が水の上で蹴落とし合う、というまさに過酷な勝負が繰り広げられる。お客はその勝敗予想をしてお金を儲ける

競女ケイジョ3巻 あらすじ 神無のぞみ
(競女 ケイジョ 3巻)
主人公は神無(かんなし)のぞみ。オリンピック出場も間違いなしと将来を嘱望されるほど、有能な体操選手。高校卒業後の進路は当然体育大学を目指すと、誰もが思った。しかし神無のぞみは貧乏だったため、将来お金を稼げない体操に魅力を感じなかった。

競女ケイジョ4巻 あらすじ 神無のぞみ
(競女 ケイジョ 4巻)
そこで神無のぞみが目指したのが「競女」の選手。圧倒的な身体能力を生かし、次々と水上で相手選手をなぎ倒していく。

競女ケイジョ5巻 あらすじ 宮田さやか
(競女 ケイジョ 5巻)
そして神無のぞみには永遠のライバルであり、友達の宮田さやかがいた。画像からも分かるように動きが素早い。神無のぞみがパワータイプだとしたら、宮田さやかはスピードタイプ。まさに相反する二人。

果たして神無のぞみと宮田さやかは競女界でトップを目指すことはできるのか?…という内容のスポーツ漫画。だから内容はややセクシーお色気要素があります…いや「やや」どころではないか。それについては後述(笑)


格闘・戦闘シーンで使えるのはケツのみ!!!!!

既に説明したように「競女」は水上で戦う。テレビ番組の企画でも見られるような、プールに浮かばせた不安定なステージの上で選手たちが落とし合う。ただ相撲のように手足を使うのは一切禁止。じゃあ選手たちは一体どこを使えるのか?

競女ケイジョ5巻 六堂鈴 尻ガトリング
(競女 ケイジョ 5巻)
それが「おシリ(おケツ)」。画像は六堂鈴が尻ガトリングという必殺技を使ってる場面ですが、競技の内容は尻相撲に近いノリ。

競女ケイジョ4巻 河合花火 尻ギロチン
(競女 ケイジョ 4巻)
他にも「シリギロチン」といった必殺技も。画像は河合花火というキャラクター。

もちろん本当の相撲のように倒れたりヒザを付けば負けになります。だから「ケイジョ(競女)」というより「ケツジョ」とタイトルを改名した方が分かりやすいかも知れない(笑)

競女ケイジョ6巻 藤崎琴音
(競女 ケイジョ 6巻)
トップエリートの選手まで上り詰めると、あまりに自分のケツが進化しすぎて相手選手の水着を挟むことも可能。「ウソ!挟まれた!?」と相手選手も思わず驚愕。画像のシリは藤崎琴音。

競女ケイジョ7巻 神無のぞみ ケツ 月下うさぎ
(競女 ケイジョ 7巻)
主人公・神無のぞみは振り子のようにシリを左右にゆらりゆらりと動かすことで、最小限の動きでケツに加速力とパワー感を増すことが可能。しかも何度も連射できる。相手選手は月下うさぎ。「何?これは…」というセリフはコッチが言いたいですが。

前述のあらすじを読んでもらった方が伝わると思いますが、『競女』はアクション風味満載。構図なども比較的工夫されていて、意外としっかりスポーツ漫画してるなど見所はあります。でもそれゆえに「競女」は極めて激しいスポーツ。サッカー選手でもユニフォームが破れることもしばしば。

競女ケイジョ5巻 セクシーハプニング 真空裂尻
(競女 ケイジョ 5巻)
そこで何が起きるかといえばセクシーハプニング。画像は主人公・神無のぞみの必殺技「真空裂尻(しんくうれつけつ)」の威力が凄まじすぎて、他の選手の衣装がはだけてしまった場面。リアルでも女子水球ではこういったハプニングが起きるとか。

おそらく男性読者が想像するような展開が100%待ってると言っていいと思います。


名言ならぬ名ゲツのオンパレード

主人公・神無のぞみや宮田さやかなど、競女の選手たちはあまりにケツ中心の生活を送っているせいか、日常生活に飛び出てくる言葉もとにかくケツと絡めたがる。

競女ケイジョ10巻 尻磋琢磨 名言
(競女 ケイジョ 10巻)
例えば切磋琢磨ならぬ「尻磋琢磨(けっさたくま)」。マンガ内のセリフでは「尻研琢磨」と表記されてますが、おそらく誤字だと考えられます…って何をもって正解と呼ぶかは分かりませんが(笑)

競女ケイジョ12巻 ブ尻 名言
(競女 ケイジョ 12巻)
競女の選手内では「ブケツ」という言葉が悪口として使われてる。確かに競女の選手からしたら商売道具。それを批判されるとショックか。いや男でもケツが汚いと罵られると少し傷付くかも知れません。

競女ケイジョ12巻 案ずるより尻が易し 名言
(競女 ケイジョ 12巻)
神無のぞみの発言だと「案ずるより尻が易し」「尻は道連れ世は情け」。他にも『競女』11巻の銀夜萌子だと「尻は口ほどに物を言う」や、10巻だと「名尻、危うきに近寄らず」といった名言も連発。

正直何を言ってるかよく分かりませんが、まさに名言ならぬ「名ゲツ」のオンパレード。


もはや一周回ってただのギャグ漫画

以上、既に『競女』はツッコミどころ満載だと感じてる人も多いと思いますが、一周回ってギャグ漫画に近い。ケツ重視のスポーツ漫画ってのは分かるんですが、真剣すぎるからこそバカバカしい。だから『競女』は面白くないというより、実にくだらない。

競女ケイジョ3巻 神無のぞみ お尻の雰囲気
(競女 ケイジョ 3巻)
例えば、主人公・神無のぞみが競女養成学校の入学試験で本気を出した瞬間。そこで試験官が「おシリの雰囲気が変わった!まるで獲物を待ち構えるハンターのよう」と驚愕する。でも、おシリの雰囲気ってなんやねん。周りのジャングルもなんやねん(笑)

競女ケイジョ5巻 尻 光る
(競女 ケイジョ 5巻)
無事、神無のぞみや宮田さやかたちは競女養成学校に入学するものの、途中でクラス替えレースが発生。選手たちはエリートクラスにはい上がるチャンス。まさに展開の山場とはいえ、この場面で神無のぞみのケツを光らせる意味(笑)

競女ケイジョ5巻 宮田さやか くいこみ技2
(競女 ケイジョ 5巻)
宮田さやかの必殺技が「K Acceleration(Kアクセラレーション)」。ただでさえスピードに特化してる宮田さやかが、更にスピードを高めることができる必殺技。でも画像を見たら分かるように、嫌な予感しかしません。

競女ケイジョ5巻 宮田さやか くいこみ技1
(競女 ケイジョ 5巻)
実はKの意味が「Kuikomi」。だから宮田さやかが必殺技を発動する瞬間が、そのまんまグイッと食い込ませるだけ。なんというダサい技。この瞬間の無様さったらない。

このKアクセラレーションという必殺技は一応理にかなってる。水着が張り付く部分が減ることで足や関節の可動域を広がる。結果、動きが素早くなる…という理屈。でも、だったら最初からTバックみたいなんをはいとけよって話(笑)

しかも、このあと宮田さやかは勢い良く食い込ませすぎて水着が破れる。もちろん更にスピードアップ。マッパが最強ってどういうことやねん(笑)


まだまだツッコミどころは止まらへんでぇ~~~~

まだまだ『競女』のツッコミどころは止まりません。途中で物足りなくなったのか、作者が色々とヤリすぎ。正直頭がおかしいとしか思えない描写もチラホラ。ちなみにホメ言葉。

競女ケイジョ7巻 白雪 vs 神無のぞみ
(競女 ケイジョ 7巻)
例えばフツーに相手選手をケツで押し出すだけかと思いきや、ランクが上位の選手だとダメージが強力すぎてめっちゃ吹っ飛ぶ(画像の被害者は神無のぞみ)。水切りの石でもここまで跳ねへんで。

もはや、ここまで来るとただのバトル漫画。競女は年に数人死者が出るスポーツってのも頷けますが、逆にここまでやっても死なない主人公・神無のぞみは一体何なんだと。

しかも白雪という選手が繰り出した必殺技名が「対地尻ミサイル」。やっぱりここでも無理やり「シリ」を絡めてくる。他にもひどい必殺技だと「カンチョーミサイル」。さすがにここまで来ると笑うしかありません。

他にも『競女』では、やたらとケツを硬くできる「金剛尻」という技がある。まだ百歩譲って金剛という表現は理解できる。この金剛を超えてくる必殺技が「精霊尻」。まさか自分のケツに精霊を集めて、更に硬くできるという技。

ただ超常現象的な必殺技かと思いきや、実はただの思い込み。「自分のケツに精霊が集まってる」と思い込んで固くさせてるだけ。いや、ここまで頭がぶっ飛んだ内容だったら、そこは素直にスピリチュアルな理由でいいやんと(笑)

ケツを左右に振るだけで砂煙を発生させてみたり超常現象満載な展開も多いんですが、何故いきなり現実的な判断が出てくるんだと。だから『競女』に登場する必殺技がやっぱりツッコミどころ満載。

競女ケイジョ14巻 小矢理薫 尻香
(競女 ケイジョ 14巻)
例えば、尻香(しりが)。小矢理薫という選手の必殺技ですが、自分のケツをひたすらスパンキングして、何かしらの煙を発生させる。でも単なる屁(おなら)にしか見えない。

この煙は催淫性が高く、これを嗅いでしまった画像の神無のぞみは「ヤバイ…意識が…」とゴーゴーヘブン状態。やっぱり屁。

しかもシリ香の香りは引火性が強くて、このあと大爆発します…って、まさにやっぱりただの屁やないか!!!!(笑)

競女ケイジョ9巻 室町光 森本緑
(競女 ケイジョ 9巻)
個人的に強烈だったのが、室町光と森本緑という選手が合体する連ケツ技の「二人一水着(ヒップップトレイン)」。名前からしてツッコミどころ満載ですがどう考えても動きづらいだけ!!!作者ゼッタイアホ。「イッツショータイム」ってやかましいわ(笑)

最強の競女選手が全国で5人いるらしい。それが「五尻(ごけつ)」と呼ばれる選手たち。でもやっぱりゴケツたちもツッコミどころ満載。例えば剣ふゆゆ。

競女ケイジョ12巻 剣ふゆゆ 五尻
(競女 ケイジョ 12巻)
キャラクター名通り、割りとデッカい剣を自分のケツに刺してる。「東日本のイメージをおとしめることを!」と剣ふゆゆは仲間選手を批判してるものの、お前が一番おとしめてる張本人やろと。ケツに何かを刺したらいよいよだぞと(笑)

他にも「挟めない尻はただの尻だ」など、やたらとパロディーも多い。正直ジブリと日本テレビ怒ってくるでって話ですが、『進撃の巨人』ならぬ「進撃の巨尻」なんてパターンも。

そもそも『競女』に限らず、少年サンデーのマンガは他誌をネタにすることが多い気がする。『うしおととら』から「白面の尻」や「白尻の者」などパロったらダメなのか。藤田和日郎や高橋留美子、あだち充あたりは意外と気難しいのか。


下手したらムネやB地区の方がめたくそ強い

ただ、これでも『競女』の本領はまだまだ発揮されてない状態。何千タイトルという漫画を読んだ自分としても、「尻磋琢磨」ごときでは驚きません。まだまだ色々とヤリすぎちゃっててアホ丸出しなシーンは止まりません。

今までケツばっかりを焦点にあててきましたが、実は競女内では胸も使える。シンプルな戦闘シーンだと胸同士で押し合ったりする。もちろんそれは常人が思いつく範疇のレベル。ただやはりケツ以上に頭がぶっ飛んでるというか、作者は色々と頭が狂ってる。

競女ケイジョ6巻 日下位美桜 5円玉が古い
(競女 ケイジョ 7巻)
例えば、日下位美桜(くさかいみお)の必殺技だと「チチ催眠」。自分の胸を左右に揺らすことで相手を惑わせる。日下位は強さ的にはかなり上位の選手だから、割りと姑息な必殺技。というか、いまどき5円玉って…というツッコミはあるものの、まだまだ序の口。

競女ケイジョ8巻 鳳凰院 必殺技
(競女 ケイジョ 8巻)
鳳凰院というキャラクターだと、自分の胸を思いっきりねじりまくる。その名も「パイ・パイル・パイパー」。驚異的な回転力を使って相手を倒すわけですが、シンプルにねじりすぎ。男読者のオレでも見てて痛々しい。何故こんなに涼しい表情をしていられる!?(笑)

競女ケイジョ11巻 桜木すみれ 銀夜萌子
(競女 ケイジョ 11巻)
先程、ケツで相手の水着を挟めると紹介しましたが、それは胸でも同じ。画像は神無のぞみのお姉さん的師匠の桜木澄玲(すみれ)。相手の銀夜萌子相手にバックドロップをかましてる場面。『競女』ではまさになんでもあり。でも上手に勢いを付ければ、まだ相手を投げられなくはないかも知れない。

競女ケイジョ9巻 坂城真夜
(競女 ケイジョ 9巻)
ただ更にぶっ飛んだ最強選手になれば、相手をそのまま持ち上げる。画像は坂城真夜(カヤモード)。

被害者の六堂は思わず「シリが…わ…割れるぅぅ」と絶叫。でも冷静に考えるまでもなく、ケツはもともと割れてる。更にどこ割れんねん…みたいな細かい部分が『競女』では気になってしょうがない(笑)

ただ競女で使えるのは谷間だけだと思いました?ノンノノン!その考えは甘いです。『競女』の作者・空詠大智の妄想力をなめてもらっちゃ困ります。

競女ケイジョ10巻 氏部凪 名言
(競女 ケイジョ 10巻)
山の谷間があれば、山の頂上があるじゃない。競女養成学校のセンセイ・氏部凪も「B地区、立たざる者、プロにあらず」という名言を残してるほど。『競女』ではこのB地区の強さがハンパない。とにかく強い。

画像こそ貼れませんが、主人公・神無のぞみだとピンッッッと立たせた瞬間、自分のB地区を相手選手のおでこに当ててめっちゃ吹っ飛ばすなんてことも。宮田さやかだと自分のB地区に相手の水着を引っ掛けて、そのまま一本背負いをかますシーンは笑うなって方が無理。ゼッタイ引きちぎれるやろ(笑)

だから宮田さやかは割りとまともな登場人物かと思いきや、割りとヒドい。

競女ケイジョ13巻 ロイヤルフェザータッチ
(競女 ケイジョ 13巻)
例えば宮田さやかの「ロイヤルフェザータッチ」という必殺技。仮面ライダーのような変身前の構えっぽいですが、この両手が直後どこに及ぶかというと自分の胸。そしてコリコリカリカリ優しく立たせながら、そのまま突入してくる!!

男でも言えますが、やはり生理現象。想像力だけで立たすのは難しいので、そこで人力の出番ということ。つまり、ただの相武紗季。もう少年コミック誌で何してくれてんのと(笑)

競女ケイジョ9巻 河合花火の乳秘孔
(競女 ケイジョ 9巻)
B地区は万能性にも優れてる。河合花火の「チチ秘孔」と呼ばれる必殺技だと、画像の神無のぞみの背中をB地区で押し当てる。そうすると秘孔効果でまさかの覚醒。「次はウチが相手や」というセリフもカッコイイんだか、カッコ悪いだか(笑)

B地区関連だと「しげ夫の網パンツ」など頭おかしくて笑えます。


スポーツ漫画を根底から否定する隠されたルール

だから『競女』は基本的にポロリしまくり。完全に最近の少年サンデーはやけっぱちになってるとしか思えないほど、最近の展開は常に露出してるような状態。

『競女』のアニメ版では一体どう処理されてるのか激しく気になりますが、『競女』はスポ根漫画と定義付けてもいいほど激しい競技だから仕方ない。だって、これが競女というスポーツ。何も見せたくて見せてるわけでもないし、別にクリクリしたくてクリクリしてるわけでもない。いわば不可抗力。

ただビックリしたのは、その不可抗力を作者自身が根底からくつがえしたこと。

競女ケイジョ13巻 審判 エロすぎ イエローエロ
(競女 ケイジョ 13巻)
主人公・神無のぞみと宮田さやかの宿命の戦いが繰り広げられた時、あまりの激しい戦いに水着が破れる。そこで審判のオッサンが登場して、突然「エ口すぎ」とイエローエロカードを出す。

ええええ!!!今更ぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!???


御存知の通り、競女ルールにおいて水着の80%以上の破損はレース続行不能とみなされ…」なんて白々しくアナウンスが流れるものの、今までそんなルールの兆候やカケラを一切描いたことなかったやん!!!(笑)

宮田さやかに至っては、さっきまで自分のB地区コリコリしながら突撃してきたくせに「ポ口リ負けするかも知れない」と聞いた瞬間、恥じらいながら自分の胸を隠す。お前も今更かよ。

それこそこのルールを悪用するなら最初からヒモみたいなん来ていけばいいわけですから、まさに本末転倒。とんだ穴だらけなルール。誰もが「スポーツという設定だから…」とスルーしていた概念を、まさか作者自身が持ち込むという暴挙。せめて他にもっともらしい理由があったやろ。


競女の総合評価 評判 口コミ



『競女 ケイジョ』は1話目のレビューでは、単なる工ロ要員の一発屋で終わると思ってましたが、意外と長期連載が続いてる。明らかにフザケてるとしか思えないひどい展開なのに、終始真剣なノリがくだらなくて笑える

きっと作者は何も考えてないからこそ、ストーリーはテンポよく進むので展開は意外と小気味良い。知らない間にあのキャラクターが消えてるなんてこともしばしばですが、良くも悪くもグダグダしてないので読み味は良い。まさに『競女 ケイジョ』は深く考えて読んだら負け。

『競女 ケイジョ』をギャグ漫画として読むと、15~20巻程度のボリューム感は長め。それでもセクシー描写など「抜き」といった実用性を考えると、意外と全体的な惰性感などはそこまで強くない。セクシー描写に股間が反応して、このくだらないノリが面白いと思える読者だったら、飽きずに15巻以上は読めると思います。

史上最強の弟子ケンイチ』などが少年サンデーで連載してたことを考えると、『競女 ケイジョ』は完結するまで連載が下手したら30巻40巻まで続く可能性も。個人的には『競女 ケイジョ』の最終巻は長くて25巻前後と予想してみますが…。

今時ここまでコテコテに頭おかしいスポーツ漫画も少ないので、そういった意味でも『競女 ケイジョ』は一読する価値はありそう。電子コミックだと数巻分程度は無料で配信してることもあるので、気になった方は是非試し読みすべき。

まさにスポ根マンガならぬ「スポ尻マンガ」を召しりあがれ。ちなみにアスリートにもおすすめしたい人気スポーツ漫画ランキングもよかったらどうぞ。