『キングダム-KINGDOM-』42巻のネタバレ感想。作者は原泰久。ヤングジャンプ(集英社)で連載中の歴史アクションマンガ。キングダムは面白いかという考察記事はレビュー済み。大雑把なあらすじはそちらをチェック。

Kindle版はいつも遅れて発売されるんですが、それでも『キングダム』は青年コミックの部門で一位でした。だったらさっさと紙のコミックスと同時に配信すればいいのに~。ちなみに自分は自動車ブログ(くるまン。)も運営中おすすめコンパクトSUVランキングなど書いてるので、クルマに興味がある方は是非チェックしてみてください。



逃げるが勝ち

キングダム42巻 慶舎
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
これまでの展開としては、秦軍の桓騎(かんき)たちが趙軍の慶舎(けいしゃ)たちと戦っている続き。戦地は「黒羊」という広大な森。戦略的には中央にある大きな丘を陣取った方が戦いを有利に進められるんですが、画像の敵である慶舎にいいようにヤラれてしまう。結果、中央丘を陣取る趙軍。

この慶舎は趙軍の将軍なんですが、支配していた中央丘から抜け出す。そして裾斜めに走って秦軍の後方から来る二列目を攻撃して粉砕。そして秦軍の一列目で戦うゼノウや雷土をはさにして、結果的に孤立させる。その間に更に趙軍たちの兵士たちを呼び寄せることで、まさに秦軍の桓騎軍はフルボッコ状態。

そこで桓騎の部下である雷土(らいど)やゼノウたちは最終手段を取る。それが「火兎の笛(かとのふえ)」。要は「一目散にとりあえず全員逃げろ」みたいなこと。雷土やゼノウは元々は野盗集団だったので、敵に捕まりたくなかったら仲間も無視して逃げる。その時の経験を生かした。

キングダム42巻 火兎の笛で逃げ惑う
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
あまりに雷土たちの無様に逃げる様を見て、趙軍は「なんだこいつら!何たる無様!何たる無秩序!こいつらは殿(しんがり)も知らんのかm9(^Д^)プギャー」と大爆笑。

キングダム42巻 桓騎
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
ただ当時、秦軍の大将として雷土やゼノウと対峙していた桓騎は言う。「何だかんだであの逃げ方が一番多く助かるんだよなぁ」とポツリ。その言葉を象徴するかのように、雷土たちは無事逃げおおせる。

キングダム42巻 ゼノウと雷土 絶対手ぶらじゃ帰らない
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
しかも趙軍の将軍たちがいない中央丘に向かって火を放つ。雷土とゼノウ曰く、「どんなに下手うったとしても、ぜってぇ手ぶらじゃ帰らねぇ!(ドン)」。まさに逃げるが勝ち!


川という巨大な壁

続いて黒羊での戦い二日目。

キングダム42巻 馬呈と飛信隊
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
相手は趙軍の馬呈。それに相対するのは秦軍の信(飛信隊)。でも状況的にはかなり不利。何故なら、目の前には巨大な川が流れてる。何箇所か浅瀬部分はあるものの、馬でも溺れるほど水深が深い。馬呈曰く、「この陣に打開策はない。無手」。

キングダム42巻 河了貂
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
でも河了貂が軍師としての才覚を発揮する!みたいな展開。

キングダム42巻 渕えん副長
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
そしてモブキャラだった副長の渕(えん)という男が意地を発揮して、無事趙軍たちがいる対岸へ信たちを送り込む。そして趙軍の前線部隊をズタズタに倒すことに成功。秦軍たちが戦況を有利に進める。


羌瘣の行方

キングダム43巻に続くフリとしては「羌瘣(きょうかい)」の存在がキーポイントになってくる模様。

キングダム42巻 劉冬とキョウカイ
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
羌瘣は一人で趙軍の根城に侵入して、劉冬(りゅうとう)という将軍と戦う。劉冬は前述の川の作戦を考えた策士。

キングダム42巻 劉冬とキョウカイ2
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
でも意外に腕っ節もあって、自分の周辺に見えない糸を張って罠を仕掛けてるなど、羌瘣が防戦一方でヤラれてしまう。気付くと、どこぞの村で匿われていて寝込んでる。果たして、このことが趙軍打破にどう影響してくるのか?

キングダム42巻 紀彗
(キングダム-KINGDOM- 42巻)
また趙軍側には紀彗(きすい)という最強の副将も無双を見せるなど、状況としては予断を許さない状態。果たして秦軍の飛信隊は無事勝利できるのか?羌瘣の運命は?桓騎のお仕置きは!?みたいな展開へ。

以上、『キングダム-KINGDOM- 42巻』のネタバレ感想でした。ちなみに別ブログで『キングダム』43巻44巻のネタバレ感想は既にレビュー済み。