『はねバド!』1巻から6巻のネタバレ感想。作者は濱田浩輔。good!アフタヌーン(講談社)で連載中のバドミントンマンガ。

あらすじ

舞台は北小町高校バドミントン部。主将は荒垣なぎさ、副主将は泉理子。二人の実力はそこそこ強かったものの、新しく赴任したコーチ・立花の練習がキツすぎて、次々と部員が辞めて今にも廃部寸前だった。

はねバド1巻 羽咲綾乃2
(1巻)
これからどうすべきか苦慮している立花コーチが偶然出会ったのが羽咲綾乃(はねさき)。一見すると穏やかでノホホンとした出で立ちですが、手の平には何故か大量のマメ。ひらめく立花。

はねバド1巻 羽咲綾乃
(1巻)
そこでバドミントンをやらせてみると、めちゃめちゃ強かった。羽咲綾乃は廃部寸前の北小町高校バドミントン部の救世主となるのか?…みたいなストーリー。だから漫画タイトルも「はねさきがバドミントンをやっちゃうぜ!」的なことの略語。

バドミントン描写は上手い方

結論から書いておくと、『はねバド!』のストーリーはさほど面白くないです。

はねバド4巻 バドミントン描写
(4巻)
敢えて、『はねバド』の良さ・面白さをピックアップするとしたら、バドミントン描写・試合描写。

はねバド6巻 バドミントン描写
(6巻)
スマッシュを打って、バドミントンの羽がズドーン!迫力があります。

はねバド5巻 バドミントン描写
(5巻)
ラケットの持ち手と足の踏み込みをドアップに描写することで「躍動感」を表現。他のスポーツ漫画でもありそうですが、意外に少なそうな演出だと思うので、個人的には新鮮でした。今後、他のスポーツ漫画でも使われそうな表現。

はねバド2巻 セクシー描写
(2巻)
登場キャラクターたちが女子高生ということで、試合描写では若干セクシーなものも。

はねバド3巻 セクシー描写・コニークリステンセン
(3巻)
確かに女子選手によるバドミントンの試合を見ていると、男性の心をくすぐるようなコスチュームを着用してることも多い印象。スポーツマンガで女性キャラクターを多用する以上、こういう要素は欠かせない気がします。せっかく男子とは異なる武器がある以上、それを使わないのはもったいないですよね。

ちなみに画像はコニー・クリステンセン芹ヶ谷薫子。

羽咲綾乃のキャラがよく分からん

漫画タイトル『はねバド!』にも使われていることからも分かるように、主人公はおそらく羽咲綾乃。何故「おそらく」という表現を使ったかというと、展開を読む限りは主将の荒垣なぎさがメインっぽく感じることも多い。

はねバド3巻 羽咲綾乃
(3巻)
羽咲綾乃は試合に入ると、こんな風に覚醒することがある。もちろん羽咲綾乃の普段は声が小さく穏やかな性格だから「ギャップ感」を描くのは定番ですが、ただ表現としては少し苛烈。ここまで極端に描いちゃうと「悪役」にしか見えない。最終的には試合外でも覚醒。

はねバド5巻 羽咲綾乃
(5巻)
他の選手の試合を寝転んでヒジをつきながら観戦。怖くて誰も羽咲を注意できない。そして勝ち上がってきた主将・荒垣なぎさに対して「強くなったなー」と上から目線でポツリ。お前は正月にしか会わない親戚のオッサンか!「◯◯ちゃん、大きくなったなぁ」的なノリ。

はねバド6巻 羽咲綾乃
(6巻)
試合が休憩に入ると、こんな風にドカッと座る。さすがに男でも、ここまで態度が悪い選手なかなかおらんぞ。完全なヒール。

ストーリー展開的には「才能の羽咲綾乃 VS 努力の荒垣なぎさ」を描きたかったらしい。羽咲綾乃は絶対防御型のプレースタイルに対して、荒垣なぎさは超攻撃型。試合展開そのもの対比的に描かれていますが、それにしてもキャラ変貌しすぎやん。

羽咲綾乃というキャラをどういう視点で、どういう角度で評価していいか分からない。羽咲綾乃は母親の影響でずっとバドミントンを続けてた割に、大会のルールや仕組みもイマイチ理解してなかったり、キャラクターの肉付けは甘い。もしこれが主人公だとしたら見せ方は上手くない。

もっと言っちゃうと、メインのキャラクターを探すのが難しく、一体誰に感情移入していいのか戸惑う。

総合評価

作者・濱田浩輔の画力は比較的高く、試合描写は上手い。吹き出しの描き方も豪快で、スポーツマンガとしては良い作用をもたらしてる気がします。美少女キャラクターも可愛らしいっちゃ可愛らしい。

ただ全体的に面白くはない。ストーリーを展開させる力がイマイチ。廃部寸前の部活を復活させていく高校部活モノなのか、羽咲綾乃が母親を探しに行く主人公メインのストーリーなのか、一体何を描きたいのかが曖昧で「マンガとしてのまとまり感」みたいなものに欠ける。

読んでて面白いことはないですが、美少女好きor試合描写にグッと来た読者であれば買い。ハードルを低くして読めば、そこまで気にならないかも。



◯展開★2.5◯テンポ★3.5
◯キャラ★4◯画力★4.5
◯全巻大人買い★2.5
◯おすすめ度…76点!!!!