『ファイアパンチ』1巻のネタバレ感想をレビュー。作者は藤本タツキ。少年ジャンプ+で配信中のバトル漫画。ちなみに「ファイヤパンチ」ではありません。中川翔子などが絶賛したマンガらしい。他にもネットでは「進撃の巨人1話目を読んだときの衝撃」といった声もあったとか。

そこで『ファイアパンチ』が面白いか、つまらないマンガか考察してみた。


あらすじ物語・ストーリー内容

生まれながらに能力を使える人間を人々は「祝福者」と呼んだ。その祝福者の一人である「氷の魔女」によって、雪と飢餓で人々は苦しみ世界は凍った。

ファイアパンチ1巻 アグニとルナ
(ファイアパンチ 1巻)
主人公はアグニ。また祝福者の一人で「再生能力」を持っていた。そして妹・ルナも同じく再生能力を持っていたが、兄・アグニほどではなかった。この二人はいつか外の世界が暖かくなって平和になることを望んでいた。

この二人は盗賊に拷問監禁されていたが、自分たちの腕を切ることで何とか逃げることができた。そしてある村に拾われる。世界は氷漬けにされたため、その村には食料がほとんどなかった。そこで二人は自分たちの腕を切り落とし、それを食料とすることで村人たちは何とか生きながらえることができた。

ある日、この二人の元にベヘムドルグの兵士・ドマがやって来る。ドマ曰く、「我々の戦力がそろった暁には氷の魔女を倒し、この世界に緑を取り戻す」。しかし村人たちが人肉(アグニの肉)を食べていることが発覚。

ファイアパンチ1巻 ドマ
(ファイアパンチ 1巻)
それまでは好意的な態度だったドマは一変。「こいつらは人じゃない。人喰い村を野放しにはしない」と言って村を全て焼き払う。

ファイアパンチ1巻 燃え盛るアグニ
(ファイアパンチ 1巻)
ただアグニには驚異的な再生能力があった。しかしドマの炎は焼け朽ちるまで消えなかった。結果、アグニはは炎上と再生を半永久的に繰り返すこととなる。この苦しみからいっそ死が頭をよぎる。

ファイアパンチ1巻 アグニとルナ2
(ファイアパンチ 1巻)
しかしほぼ塵芥と化した妹・ルナからの「生きて」と遺言に考えを改める。アグニにまとわりつく炎が憎しみへの炎と化した。

ファイアパンチ1巻 燃え盛るアグニ2
(ファイアパンチ 1巻)
そして8年後。アグニは完全に炎を操ることができた。顔にまとわりついていた炎を身体に移すことでようやくまともに息ができた。拳を握るアグニは復讐の旅へ出る…みたいなストーリー。


話の軸や設定がゴチャゴチャしすぎ

結論から書いておくと、大して面白くないです。つまらないと言ってもいいかも知れません。とにかく序盤からして説明が長々としすぎて、設定や話の軸がコンパクトにまとまってない。

ファイアパンチ1巻 ドマ2
(ファイアパンチ 1巻)
復讐劇と言いつつも、ドマはいつの間にか廃人と化してる。この8年間で何があったのか知らないが良心の呵責にさいなまれて、軍人を辞めてるっぽい。じゃあ戦闘力が弱くなったのかといえば、むしろ全然強い。最終的に廃人になったドマに主人公・アグニは返り討ちにされて木っ端微塵(笑)

ファイアパンチ1巻 すぐ倒されるアグニ
(ファイアパンチ 1巻)
だから主人公・アグニが炎をまとうことで強くなったかというと、実はそれほどでもなくて画像のようにアッサリ倒されてしまうこともしばしば。

ファイアパンチ1巻 生き返ったルナ
(ファイアパンチ 1巻)
しかもアグニを倒したのが、実は死んだと思っていた「妹のルナ」にそっくりな女。何一つとしてストーリーが進展していないのに、あれこれと伏線を張りすぎ。色んな設定や話の軸を詰め込みすぎて、結果的に展開にテンポ感が欠けてる。

結局どういう展開にしたいのかわけわからん。あらすじを読む限りは、普通ラスボスは「氷の魔女」。この氷の魔女を倒す組織が復讐の相手という時点で意味が分からない。シンプルに「氷の魔女に妹が倒されました→炎の祝福者である兄が復讐します」だけで良い。再生能力とか別にイラネ。


作者のグロ的な性嗜好が強く出すぎ

また作者・藤本タツキの性嗜好が出過ぎてる。腕が切れる時点でグロい漫画ということは伝わると思うんですが、そういう直接描写以外でもグロい。

ファイアパンチ1巻 サン 犬と性交
(ファイアパンチ 1巻)
例えば途中で仲間になるサンという少年。結果的にベヘムドルグの兵士に捕まる。そこで強要のが、犬との性交。腐女子は喜ぶかも知れませんが、男の子という時点でお察し状態。

しかも主人公・アグニの妹・ルナは兄のことが大好き。だからドマに殺される前には「子作りしよう?」とか言い出す。どんなジャンルの漫画なのか意味不明。こういった部分も含めて、ストーリーの軸が定まらない要因。


総合評価・評判・口コミ


『ファイアパンチ』1巻のネタバレ感想をまとめると、面白い要素がない。アクション描写にしても月並み。ボリュームも少ない。主人公がほとんど活躍しないのは致命的。ストーリーもほとんど何も消化されず、読後感としては何も残らない。

もちろん今後の展開に期待したいところです、どうしてもストーリーをまとめる力が欠けてる。言ってしまえば、根本的に作者の実力の問題。外部からの相当なテコ入れでもなされない限り、こういうパターンは盛り返す可能性はほとんどないでしょう。

もし面白い漫画にしたいのであれば、アクションを選択するかストーリーを選択するか、最低限どっちかに絞った方が良い。結局どうしたいの?という話に尽きます。設定をいろいろと考えてるんでしょうが、それを何とか組み込むことに精一杯で、なんとかギリギリ作品として紙の上でカタチにまとまってるだけ。面白いかどうか以前のレベルかなー。