『地球のおわりは恋のはじまり』1巻2巻のネタバレ感想をレビュー。作者はタアモ。前作に『たいようの家』を連載されていた漫画家さん。

『地球のおわりは恋のはじまり』の簡単な情報をまとめておくと、掲載誌はデザート。出版社は講談社。ジャンルは少女コミックの恋愛漫画。連載開始は2015年ぐらいに始まったものと推察されますが、いかんせん少女コミックには疎いので詳細は不明。

そこで今回も「面白いか、つまらないか」を考察したいと思うんですが、結論から書いておくと『地球のおわりは恋のはじまり』があまり面白くない。だからやや辛辣で辛口のレビューになるので、もしファンの方であればここから先のネタバレ感想は読まないことをおすすめします。


あらすじ物語 ストーリー内容

主人公は柳瀬真昼(やなせ・まひる)。15歳の女子高校生。この真昼には双子の妹・真夜(まよ)もいた。名前から察すると、姉の真昼の方が性格は明るくて、妹の真夜の方が性格が暗い or クールそうに見えます。

でも実際は真逆。真夜の方が明るい性格で、何でもそつなくこなすことができた。一方、真昼は鈍くさくて何をやらせても平均以下。まさに「じゃない方」。

地球のおわりは恋のはじまり1巻 柳瀬真昼1
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
小学生時代に開かれた学芸会でも、真昼が主役を演じても観客はザワザワと失笑。クラスメイトたちも「真夜ちゃんなら良かった」と学芸会の失敗を嘆く始末。そして「みにくいアヒルの子」という演劇の主役を演じていたことから、真昼に付いたあだ名が「あひる」。語感が似てますでしょ?

また中学時代には真昼は男子に告白されるものの、やはりそこでも「おれ真夜ちゃんに告ろうと思ったんだけど?うけるwww」と言われる始末。

地球のおわりは恋のはじまり1巻 柳瀬真昼2
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
結果、柳瀬真昼は「私は何も良いことを期待して生きてはいけない。期待したらきっと地球が滅ぶ」という究極のネガティブ思考が根付いた少女へと成長してしまう。常に自分の身の回りでハッピーなことが起きやしないかとビクビクしてしまう。

地球のおわりは恋のはじまり1巻 真昼と里見1
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
そんな真昼の前に現れたのが、謎のイケメン・里見蒼(さとみ・あおい)。ことあるごとに真昼をパン屋などに強引に誘ってくる。挙句の果てには、お口アーン。まさに青春真っ盛りの展開に真昼は大喜びかと思いきや…

地球のおわりは恋のはじまり1巻 里見と真昼2
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
当然「何甘酸っぱい体験してるのー!?明日死ぬ気なの!?」と、この幸せな出来事に匹敵する悪いことが起きやしないかとガクブル状態。真昼は卑屈さを全開させて、全てハッピーな出来事を悪いように解釈してしまう。

地球のおわりは恋のはじまり1巻 里見 真昼 キス
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
でも里見はそれでも真昼への愛が止まらない。そして二人はついにキスを果たす。真昼は心の中で思う。「もう地球が滅んでもいい」。まさに地球の終わりが恋の始まりを告げる、というラブストーリー。

果たして真昼と里見の恋の行方はどうなるのか?といった内容の恋愛漫画(ラブコメ漫画寄りか?)になります。


双子設定を全く活かせていない

ここからはさっそく『地球のおわりは恋のはじまり』のつまらない点をピックアップしていきたいと思います。

まず真昼が嫌われた理由が全く理解できない。『地球のおわりは恋のはじまり』のストーリーの重要な根幹部分は、まず主人公・真昼がとにかくネガティブであること。そのほとんどは双子の妹である真夜が原因。

何故なら自分よりも人当たりが良くて、何でもこなせる有能な真夜に対してコンプレックスを抱く。でも、そのコンプレックスが里見というイケメンと付き合うことで、徐々に真昼の中で性格など含めてポジティブに変わっていくというのがストーリーが肝らしい。

でも真昼と真夜は言っても双子。しかも見た目がほぼ同じ「一卵性双生児」ってやつですですから周囲のクラスメイトたちからしたら、むしろ何故真昼と真夜がしっかり区別できてるんだという強烈な疑問が湧く。漫画で使われてるような「双子」の設定の良さは、両者のキャラクターの間で「全く区別がつかない」ことが最大の魅力であり、使い所のはず。

もちろん髪型の違いなどで区別することは100%不可能ではありませんが、『地球のおわりは恋のはじまり』を読む限りは、二人の髪型もそこまで大差はない。せめて真昼にネガティブイメージを植え付けるのであれば、真昼にゴリゴリの瓶底メガネをかけさせる工夫は欲しかった。

当然学生だと制服を着用してるので、なおさら双子を区別するのは大変なはずなんです。自分の周囲にも双子が何グループかいましたが、どちらかと仲が良くないと区別はしづらい。普段から仲が良くても、二人一緒に並ばれたら結構じっくり観察しないとパッと判別しにくい。

しかも現実問題として、一卵性双生児は顔がめちゃめちゃ似てるだけあって、基本的に性格や中身の性能スペック差はあまりないらしい。つまり真昼と真夜の間にそこまでコンプレックスが生まれるような境遇の違いや特別の事情が発生するとは感覚的に理解しづらい

平たく言ってしまえば、「普通の姉妹設定で良かったやん」ということ。真昼と真夜が双子である必然性が全くない。『地球のおわりは恋のはじまり』ほど「双子」という設定の使い方がなってない漫画も珍しいです。


里見蒼が何か気持ち悪い

あと展開が早いというか、あらすじを読めば分かりますがやたらと里見が初っ端からフルスロットルでグイグイと真昼に迫ってくる。別に冴えない主人公がイケメンに好かれるのは王道。でも好きになったキッカケが全く見えないので恐怖感を覚える。

地球のおわりは恋のはじまり1巻 里見謎のグイグイ感
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
画像は里見が真昼に対して「俺と付き合わない?」とアプローチしてる場面ですが、ページ数で言うと50P前後と序盤も序盤。だからどうやって好きになったのか過程もヘッタクレもないので、里見の好き好きアピールが「え?何コイツ?怖い怖い」と男の自分でも恐怖感を抱いてしまう。

地球のおわりは恋のはじまり1巻 里見と真昼3
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
主人公・柳瀬真昼も里見の好き好きアピールにひたすら戸惑って、「この人私を騙そうとしてる」と疑いの目を向ける。普通はここで「里見の気持ちはガチ」と分かるような説得力ある描写が一つ二つでもあればいいんですが、そういうのは見当たらない。

だから読者としては「本当に真昼を騙そうとしてるんじゃね?」としか思えない。もちろん『地球のおわりは恋のはじまり』は少女コミックなので読者層を考えたら、里見に「金銭をふんだくってやろう」といった裏の意図があるとは思いません。

また少女コミックですから「イケメンに好かれてる」という単調な状況を作れればそれでも問題はないんでしょうが、それでも里見の短絡的な行動は「ヤリ目(ヤリ目的)」以外の意図を感じない。モテない男子高校生や大学生ほどやたらと上っ面のスキスキアピールをしますが、それに通じるような浅はかさが見て取れます。この里見の得体の知れない不気味さは良くも悪くも特筆すべき(笑)

地球のおわりは恋のはじまり1巻 里見 目が長い
(地球のおわりは恋のはじまり 1巻)
そもそも、里見の見た目・ルックスもどこか気持ち悪い。簡潔に言うと、微妙に「目が横に長い」。作者・タアモはイケメンに描こうと努力してるらしいですが、敢えて不慣れな顔を描いてるのか、まさに頑張りすぎた結果空回りしてる典型的なパターンか。

自分がクルマ総合ブログ「くるまン。」を運営してるからってことではないですが、敢えて例えたら最近の自動車のヘッドライトのよう。フェンダー上部までグイッと切り込んでいる、流行りの細目の横長タイプのヘッドライト。黒目部分は光源か。

作者・タアモの前作『たいようの家』では、そこまで男性キャラクターに違和感を感じなかったんですが、今作の『地球の終わりは恋の始まり』は無性に悪い意味で気になります。


総合評価 評判 口コミ


『地球のおわりは恋のはじまり』のネタバレ感想をまとめると、やはり冒頭でも書いたように面白いか面白くないかは微妙。自分はメインの読者である「10代女子(女子中高生)」とは全くかけ離れた存在なので、このネタバレ感想で書いた批判などはまったく当てにならないとは思いますが、それでも改善点は多そう。

確かに主人公・柳瀬真昼のネガティブっぷりなど、そういった部分部分を読めばそれなりに笑えて面白い。でも恋愛漫画として読むと、そこまでクオリティーが高い作品ではなく、割りと設定などは破綻してる部分も目立つのかなーという印象。

やはり双子という意味なく奇をてらってしまった設定と、謎のイケメンキャラ・里見が悪い意味で気になって仕方ありません。