『僕らはみんな河合荘』7巻のネタバレ感想。作者は宮原るり。ヤングキングアワーズ(少年画報社)で連載中のラブコメ漫画。

あらすじ

主人公は宇佐。高校1年生。両親が転勤したことをキッカケに、高校を転校するわけにはいかず、そこで一人暮らしを始めることになる。とはいっても、河合荘というアパートで共同生活にほぼ近い。

そして、そのアパートで出会ったのが、もとい既に学校で遭遇済みだったのが、河合律という女の先輩。読書好きでショートカット。少し取っ付きづらいけど、根は優しい美少女。最初はギクシャクする二人だったものの、次第に打ち解け合って宇佐も河合律も良い感じに…という青春ラブコメ。他にも錦野麻弓など酒乱な同居人など、ドタバタコメディ要素もたっぷりだったりします。

僕らはみんな河合荘7巻 高橋先輩
(7巻)
6巻では高橋という男の先輩が河合律と仲良く談笑することが増え、思わず宇佐が嫉妬。二人の仲にひと波乱が発生?という場面から7巻は始まります。

すれ違いからの仲直り

とりあえず主人公・宇佐が一方的に河合律と距離を置きたがる。高橋という先輩と本について楽しくお喋りしてる光景を見ると切なさと怒りだけが込み上げてきて、つい河合律に辛く当たってしまう。やっぱり好きな女の子が男子と仲良く喋ってると、それだけですごく不愉快になっちゃいます。

だから二人の関係はぎこちなくなるものの、河合荘に一緒に住んでる以上は顔を合わせなければいけない。あまり不自然に接するのはいけないものの、そう意識すればするほど不自然な行動を取ってしまうのが人間。
僕らはみんな河合荘7巻 ギクシャクする二人1
(7巻)
そこで二人は頭をごっちんこ。関係ないですが女子高生の髪の毛って柔らけーんだろうなー!(遠い目)

僕らはみんな河合荘7巻 ギクシャクする二人2
(7巻)
そして宇佐は罪滅ぼしとばかりに、「俺なんて壁でいいっす」と何度も壁に頭を打ち付ける。河合律は河合律で、「じゃ私も」とそこに乗っかる。テンパってると訳分かんない行動に出ちゃいますが、さすがに一体コイツラ何なんだと!w

でも最終的に二人は仲直り。結論を書いておくと、河合律が高橋という先輩とシャベルには明確な理由や意図があった。それが宇佐が好きそうな探偵小説を高橋が詳しそうだったから。つまり河合律は宇佐のために、宇佐と本の話で盛り上がるために情報収集的なことを頑張ってた。健気やんかいさ!

宇佐はもちろんそんなことを知らない。また河合律のコミュ障っぷりも重なって、怒り気味に「ハッキリ言ってください」と河合律に迫ってしまう。
僕らはみんな河合荘7巻 ギクシャクする二人4
(7巻)
そこで出たセリフが「嫌いにならないで」。なるわけないですやーん!!表情も含めて、これは反則的!おそらく実写ドラマでこの良さを表現するのは困難でしょう。まさに二次元ゆえの特権。

僕らはみんな河合荘7巻 ギクシャクする二人3麻弓
(7巻)
麻弓という酔いどれのオバサンが宇佐に発破をかけた場面も良かったんじゃないでしょうか。

可愛すぎる壁ドン

高橋先輩がひと波乱を招いたクダリでは、宇佐だけではなく河合律も誤解してしまう。それが「壁ドン」。色んな行き違いがあって、宇佐が女友達に壁ドンしたらしいという情報を掴む。そこでまず怒りがメラメラする河合律。でも間が悪い時は、とことん間って悪くなるもんです。

僕らはみんな河合荘7巻 壁ドン1
(7巻)
河合荘に帰宅した直後、河合律が更に目の当たりにしたのが、さやかという住民に壁ドンしてる宇佐。ちなみに宇佐は「壁ドンしたわけじゃなく、たまたまこうなったんですよ」と説明してるだけ。そんな説明すらきっと受け付けてくれないほど、河合律の表情が激おこプンプン丸状態。口のカタチがこれぞ「ヘ」。

ただ前述の通り、そういった誤解も解けて二人は仲直りする。そしてこれまでのように本の世界に仲良く入る二人。会話はもちろん不要。そこで宇佐は気疲れも手伝ってか、壁にもたれかかりながらスヤスヤと眠りこけてしまう。

それを見た河合律がシメシメと思ったかは不明ですが、どういった行動を取ったかというと…
僕らはみんな河合荘7巻 壁ドン2
(7巻)
まさかの壁ドン返し!可愛すぎるだろオイ!鼻息フンは反則だろ!口のカタチはさっきと同じく「へ」なんですが、ここまで与える印象が違うとはw

実は宇佐はタヌキ寝入りしてただけ。河合律の鼻息にヤラれたのか、思わず「なんだアレ」と顔を抑えながら身悶える。確かにコレはヤバイ。河合律は仕返ししてやったぜ的なシメシメ顔で鼻息フンなんですが、全然仕返しになってねーっていう。上戸彩や綾瀬はるかに腕ひしぎ十字固めされてるようなもん。柔らかいとこ当たってるー!っていうw

ちなみに、オチはその身悶える宇佐の背後に…という軽くホラー系。

卒業文集が地獄絵図?

その後、主人公・宇佐の母親からメロンが送られてくる。ただ何故か中学の卒業文集も一緒に入ってた。その卒業文集には、青臭いJポップ風の歌詞が書かれていた。一同は大爆笑。そこで河合荘のメンツの卒業文集も見てみようという流れに。

僕らはみんな河合荘7巻 河合律の卒業文集・マイメロディ
(7巻)
ヒロイン河合律の卒業文集にはナゾの得体の知れない絵が(画像右下)。夢にこのキャラが登場したら絶対泣く。ちなみに、このキャラクターはマイメロちゃん。耳がピンとそびえ立つごと山のごとし!!おすすめ本も「正しい後悔の仕方」とか「優しい唄が終わる頃」とか、いろいろと残念すぎるよ!!

僕らはみんな河合荘7巻 林さやかの卒業文集
(7巻)
林さやかというキャラクターの卒業文集もやっぱり痛め。「平凡で心安らぐ日々を送りたい」ってお婆ちゃんか!そもそも世界もその願望を望んでるよッ!!どんな闇世界を想像してんだよ!これでもまだマシな方らしいw

総合評価

相変わらず河合律は可愛らしかった。怒った顔も泣きべそをかいた顔も、子猫のように可愛らしい。でも実際に付き合ったら色々と大変そうですが。

画像は貼ってませんが、旅館組合で祭で周辺の観光需要を盛り上げようと戦国コスプレで行列をなして練り歩こう的な展開になったとき、椎名という女の子が衣装がピチピチだったのでお尻が軽くポロリンチョ。それを隠すために、河合律がまさにひと肌を脱ぐ。このとき河合律のキャミソールからの脇チラ!があります。興奮するってもんでもないですが、是非実際に確認してみてください。



◯展開★3◯テンポ★4
◯キャラ★5◯画力★5
◯全巻大人買い★5
◯おすすめ度…89点!!!!