『ブリーチ-BLEACH-』68巻のネタバレ感想。作者は久保帯人。少年ジャンプ(集英社)で連載中のバトル漫画。【ネタバレ感想】BLEACHが面白い理由考察まとめも併せてご参照。

あらすじ

主人公は黒崎一護。死神の力を得た人間。ただ死神を倒すクインシーとしての血も入っており、その間で苦悩する。そしてボスはユーハバッハという最強クインシー。黒崎一護と親子関係的な?

ユーハバッハが死神世界・ソウルソサエティの破壊を目論む。ソウルソサエティや現世を保っている霊王が今まさにユーハバッハの手によって…という所から。

ユーハバッハに勝てんの?

とりあえずユーハバッハが強い。霊王を結局は倒しちゃう。霊王を助けようと刺さった刀を抜こうとした黒崎一護が…
BLEACH68巻 霊王を切る一語
何故か霊王を更にぶった切っちゃう。ユーハバッハ曰く、「お前の体にはクインシーの血が流れてるからしゃーないやん(笑)」。

ユーハバッハは「オールマイティー」という能力で全ての未来が読めてる。黒崎一護の行動も全部お見通し。ただ後述の藍染惣右介も「今までの黒崎一護の戦いは私の手の上」だと余裕ぶっこいてた気がするので、ユーハバッハのちょっとした死亡フラグ。

BLEACH68巻 一護
それでも黒崎一護が熱く立ち向かうセリフがカッコイイ。

BLEACH68巻 ユーハバッハと一護
でもユーハバッハは「お前は甘いから無理無理wwwハハワロスワロス」とのこと。

浮竹十四郎の犠牲

BLEACH68巻 浮竹隊長には霊王の右腕
そこで浮竹十四郎隊長が自己犠牲。浮竹の体の中には霊王の右腕が眠っていたらしい。

浮竹は子供の頃は肺の病気を患っていて、そこを霊王の一部分を使うことで生きながらえていた。ぶった切られた霊王を、その浮竹が抱えていた霊王の右腕が修復。一時的に世界の崩壊は食い止められた。

ただそれでもユーハバッハ無双が止まらない。最終的には霊王そのものを自分の体に吸収しちゃう。出川哲朗風に表現したら「ヤベーよヤベーよ」。

藍染惣右介が復活!

BLEACH68巻 愛染
そこで苦肉の策として、京楽春水が藍染惣右介を復活させる。椅子に縛られた状態にも関わらず、藍染惣右介は霊圧かなんかだけで圧倒。チート感がハンパない。今更ながら、よく倒せたというか封印できたなという。

BLEACH68巻 京楽隊長
京楽春水曰く「悪を倒すのに悪を利用することは悪だと思わない(キリッ」。

ただ藍染惣右介は華々しく(?)登場した割に、結果的にあんま活躍しません。またかつてのキャラクターの再利用というかグリムジョーなどが登場したり、一体何やってんという(笑)

総合評価

相変わらずブリーチはフワッとその場の雰囲気は楽しめるマンガかなと。

BLEACH68巻 キャラクターの表情
地味に表情を描くのも上手い。

ちなみにマンガ考察ブログ・ドル漫【最終話】BLEACH 最終回ネタバレ感想まとめ【漫画】BLEACH 名言一覧まとめなども併せてご参照ください。ドル漫の記事では「未回収の伏線」なども絡めてBLEACHの結末を考察してます。




◯展開★3.5◯テンポ★4.5
◯キャラ★4◯画力★4.5
◯全巻大人買い★4
◯おすすめ度…86点!!!!