バズマン。

健全な漫画の感想ブログ。基本的に面白いマンガだけレビューしてるつもり。

【スポンサーリンク】

『ノノノノ』全13巻のネタバレ感想。作者は岡本倫。ヤングジャンプ(集英社)で連載されてた漫画。かなりふざけたタイトルだから一見何のジャンルか分かりづらいですが、スキージャンプがテーマの漫画。

ノノノノ5巻/空へはじけ飛ぶ
(5巻)
主人公の名前がノノだからだとは思いますが、滑空するためのジャンプ台を模してる気もする。現在同じくヤングジャンプで連載してる『極黒のブリュンヒルデ』の一つ前の作品にあたります。

あらすじ

主人公は、野々宮ノノ。父親からスキージャンプの英才教育を受け、めきめきと才能を伸ばした。ただ兄も同じスキージャンプの英才教育を受けてたものの、ノノほどは才能には恵まれなかった。そして結果的には死を選ぶ。その兄の遺志を継いだノノが、オリンピックで金メダルを取るために奮闘するという話。

ノノノノ8巻/ノノ
(8巻)
でもノノが何故男装をして、自分が女性であることを隠してるかと言えば、当時オリンピックで女子の種目がなかったから。調べてみると2014年のソチ五輪から、ようやく競技として女子の正式参加が認められたそう。画像は岸谷という同級生に看病されてる場面。コイツはノノが女性であると自分が知ってることを隠して、セクハラまがいのことをいっぱいしまくるっていうやつ。

ノノノノ6巻/父親の暴言
(6巻)
野々宮ノノの父も同じようにスキージャンプで五輪に出場するも、自分のミスで金メダルを取り逃がす。そして日本中から総バッシングを食らって、その怨恨に近い感情で兄をスキージャンパーとして育てる。しかしジャンプの能力は女である妹に全部持って行かれて…どうのこうの6巻に描かれてるんですが、ここらへんのクダリが結構壮絶。

個性的なキャラクター

そして、キャラクターが個性的で魅力的。

ノノノノ3巻/尻屋
(3巻)
主人公の奥信高校の主将を務める尻屋(通称皇帝)が強烈。めちゃくちゃケンカも強くて、もちろんノノ以上に飛べる選手。ちょっと変態だったりもするんですが、めちゃくちゃメルヘンで男気のある奴。なんだかんだ最終的には好まれるキャラクター。

ノノノノ11巻/禰宜田
(11巻)
秋田県の高校の禰宜田(ねぎた)という選手は、尻屋と同様にケンカも強くてというタイプなんですが、何故かメッチャいかついフェイスガード。ちょっとした死神。「敵」という点で見れば、十分すぎる及第点。

ノノノノ11巻/テラシ
(11巻)
他人の負のオーラをパワーに変えるテラシというキャラクターがいたり、見た目も含めてキャラクターとしてはハッキリ立ってるのも多い。

ややゴチャゴチャ感のある展開

ただ最終盤にかけてそれらが駆け込み的にドバーッと出てきた印象なので、ちょっとゴチャゴチャしたかな。13巻という文量を考えるとあまり十分ではなく、その全員が個性を全て発揮することなく終わったイメージ。

もっと言えば過去編のストーリーもそうですが、全体を通してみると少し行き当たりばったり。最初は「兄に恨まれてる」という設定なので、ノノは兄の亡霊を見るとジャンプを失敗してしまったりする。

でも6巻を読む限りは、兄が妹のノノに「僕の代わりに金メダルを取ってくれ」と頼んでる。だったら何故兄の亡霊を見るの?っていう甘さはある。
ノノノノ8巻/兄「飛べ」
(8巻)
とりあえず最終的には兄は応援してくれて、っていうキレイなまとめ方にはなってるけども。

兄の焼死体が女性の遺体と検死されたのもナゾのまま。兄に成りすましてノノは男として生きるんですが、男の兄の死体が何故女性として処理されたのかその疑問は最後まで解決されず。そこらへんはサラッと済ませておけばおそらく何の疑問も持たれずに終わったのに、敢えてそれを描写した意図が分からない。


最終13巻で岸谷との因縁も付け加え(回収?)てみたり、オリンピックを目指してる割にそこへ行く直前で話が終了したり、ハンス・シュナイダーという外国人キャラはどこ行ってんっていう、結構忙しい感じのまとめ方をしてるので「打ち切り臭」がどうしてもしてしまう。ただ、その割りにはキレイにオチはまとまってたけど。

何故長野五輪を選んだのか?

そしてストーリーで一番意味が分からなかったのが、時代設定が何故か「長野オリンピック」のころ。つまり時間軸は1990年代半ばから後半にかけての時期。

作者のあとがきを読んでると「当時学校のポスターか何かを見てカッコイイと思ったから題材にした」と語ってるので、おそらくそれが理由かと思われますが、マンガとしての必然性は感じない。長野五輪以降に女子が正式に参加できたのかとも想像したが、少なくとも『ノノノノ』というマンガが連載していたタイミングでも女子は五輪に出場できなかったはず。

長野オリンピックをテーマにしてるからといって、1990年代頃の時代考証をしてるわけでもない。もし1990年代に流行った事柄や音楽を入れたら、当時青春時代を送っていた30代40代読者には響くものもあったはず。だから読み進める上で混乱のもとになっただけ。残念の一言。

総合評価

ただ何やかんや言いましたが、それなりに面白いマンガかも。こんなに読者に読ませる気がないタイトルは相当珍しいと思いますが、10巻以上も続いたということはそれだけ中身が面白い裏返し。

文字量は適度に少なくコマ割りも適度な大きさなので、まさにスキーで滑り降りるようなテンポの良さでスイスイ読みやすくスポーツ漫画としては十分及第点。でもスポーツ漫画としてはあともう一歩。天津とのライバル関係であるとか、もう少し熱い何かがあれば良かったと思いますが、ぎりぎり80点台に採点してみた。


◯展開★3◯テンポ★4
◯キャラ★4◯画力★3.5
◯全巻大人買い★3.5
◯おすすめ度…80点!!!!

『スラムダンク』全31巻のネタバレ感想をレビュー。作者は井上雄彦。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミックのバスケットボール漫画。

改めて説明するまでもなく、1990年代に爆発的に売れたバスケ漫画の火付け役。2013年に入ってようやく読んだんですが、まー面白い。そこで今更ですが改めて「スラムダンクが面白いかつまらないか」を考察してみました。


バスケ描写が秀逸!!

最初にバスケ漫画を開拓した先駆的な存在なので、試合描写であったりバスケをしてる一つ一つの動作や所作の見せ方が上手い。

スラムダンク29巻 桜木が走る時のコマ割り
(29巻)
例えば、主人公の桜木花道が走る場面のコマ割り。右の方を狭めることで、桜木が左に向かって勢い良く走る感じがアップしてる。他にも随所にテンポよく読みやすくなる配慮や工夫がされてて、それがバスケットというスポーツの躍動感を表現出来てて、「そりゃハマるわな」と思わず納得してしまう。

スラムダンク14巻 ボールと選手の構図
(14巻)
他にも、ゴールが決まった瞬間と選手の構図。こういう見せ方を開発したのは、井上雄彦が初めてじゃないでしょうか。普通ならシュートを放った選手のバックからボールがゴールに入った瞬間を同時に描くとか、そんなありきたりな構図になりがち。

スラムダンク14巻 牧のパス
スラムダンク14巻2
同じく14巻から、パスしたボール。コマからはみ出ることで、思わず読んでる方からすると迫力を感じる。

スラムダンク26巻  バスケ描写 ボールの周りが白い
(26巻)
シュートを放つシーンでもボールの周りを白く塗りつぶすことで、単純に見やすい。相手選手のシュートなので「やられた感」も出る。この場合は「当たり前に近い配慮」ですが、あるとないとでは全然違う。どうしても屋内競技である以上は屋根がすごく邪魔でかぶる。だからと言って、屋根を描かないと屋外感が出てしまうジレンマ。この配慮が出来てないバスケ漫画は、相変わらず多い。

スラムダンク27巻 山王戦の沢北
(27巻)
山王工高の選手・沢北にダンクを決められる場面は、何故かおしゃれ。同時にゴールを決められる湘北高校の絶望感も見事に描写。全員のキャラクターをいい按配にページの中に収めつつ、キャラクターの向きを全員変えることでそれを見てる位置の違いも現してる。構図も単調にならない。

これも全部作者・井上雄彦の「バスケを普及させたい」という『愛』に近い強い熱意から、色んな工夫が考え出され生み出され体現されてるんだろうなと。漫画を描きたい人には、ものすごくヒントになる描写が詰まってる。むしろ参考になる描写しか無いと言ってもいいぐらい。


山王戦が熱すぎる!神すぎる!

そして最後にして最大の佳境、25巻の山王戦ぐらいからスラムダンクのみんなが思い描くような熱さやカッコよさがやっと噴出し始める。スラムダンクのまさに本髄。およそ6巻分ぐらいの量があるんですが、もう一気に読めちゃう。

スラムダンク31巻 山王戦のラスト セリフが一切ない
最終31巻のラスト数話のセリフと吹き出しが一切なしの描写が圧巻。鳥肌モン。リアルタイムでつくづく読みたかったと思わず後悔。キャラクターの動きの描写だけで、ストーリー・展開を伝えるのはすごく難しい。しかもテンポよく読めるんだから、なおスゴい。HUNTERXHUNTERのメルエム編の終了直後にも同じような演出がありましたが、こういうことが描ける人はつくづく才能の塊なんだと思います。

スラムダンクが終了直後は周りが騒いでた記憶があるんですが、「こういう終わり方は確かに物議を醸すわな」と今更ながら確かに思った。ましてやインターハイの2回戦で負けるとか、ファン心理からすればもっと描けよとはなるよなーと。

しかも漫画の中の時間軸ではたった「4ヶ月間」の話なんですよね。つまり試合の長さが単行本に占めてる比重がいかに多いかが分かるはず。スポーツ漫画では「どれだけ試合描写が大事」であるかも如実に物語ってる。

最後の山王戦がなければ、スラムダンクと言えどもここまでチヤホヤされる漫画にはなってないはず。それぐらい神がかってた。最近のスポーツ漫画はすぐ試合が終わるので、相手選手の名前を覚えられない。どうしても物足りなさが残る。それがいつまでも過去の作品であるスラムダンクに勝てない理由の一つなのかも。


総合評価・評判・口コミ

『スラムダンク 全31巻』のネタバレ感想をまとめると、冒頭でも書きましたが今読んでも面白い。確か17年ぐらい前の作品ですが、絵柄も含めて全然「古臭さ」を感じさせない。桜木花道というキャラクターは、「熱い」まんまずっと生き続けてる。なにか不変的な面白さがあって、今年読んでも来年読んでも面白い漫画。スラムダンクはずっとバスケ漫画のお手本であり続けるだろうなと思った。

自分はバスケットボールが嫌いだった(今でもですが)。また子供時代は井上雄彦の絵柄が受け付けなかった。要するに食わず嫌い。ただ周りのみんなはスラムダンクを読んでて、アニメも当然視聴してた奴が多い。クラスでは軽く売国奴扱いを受けたのは懐かしい思い出。

だからある意味痛いファンのせいで、なおさら当時の自分は「何でバスケマンガごときにハマんねん…アホらし」と斜に構えてた。でも現在では、それが間違いだったとようやく気付いた。正直リアルタイムで読んでなくて後悔したマンガはスラムダンクが初めてかも。それぐらい面白かった。

『NEWGAME』1巻のネタバレ感想。作者は得能正太郎。まんがタイムきららキャラットで連載中の4コマ漫画。

内容ゼロのゆるすぎる4コマ漫画

4コマ漫画専門のまんがタイムきららに連載されてるってことで、基本的に中身はゼロ。いわゆる、ゆる~い漫画。

主人公は涼風青葉。その涼風が高校卒業後に就職したゲーム会社が舞台。

NEWGAME1巻小学生に間違えられる涼風青葉1
でも入社初日にいきなり小学生と間違えられる涼風青葉。

NEWGAME1巻小学生に間違えられる涼風青葉2
そして、まさかのノリツッコミ。でも、これで終わり。日常漫画にありがちな、オチもヘッタクレもない展開。

NEWGAME1巻5どうでもいいガールズトーク
社内ではしょうもないガールズトークが繰り広げられたり、いわゆるゆるい空間がマンガの中を支配。ゲームメーカーという設定の割に、ほとんどゲーム開発らしい話もほとんど登場しない。

この意味のないホッコリ感を共感できない読者は「何これ?」状態。

画良し!キャラ良し!

涼風青葉以外にも、滝本ひふみや八神コウなど脇役たちもそこそこキャラクターが立ってるかなーって感じ。
NEWGAME1巻4滝本ひふみ
例えば、「滝本ひふみ」だとコミュ障が激しすぎて、メールでしかろくに会話ができない。それこそコミュ障オトコだったら庇護欲をそそられるんじゃないでしょうか。

また作者・得能正太郎の画力も高くて、女の子キャラクターの見栄え的には上等。
NEWGAME1巻6百合描写
たまーーーに百合描写もあったりして、いかにも萌え豚読者層はハマりそう。

総合評価

あんまり多くレビューするほど価値がある漫画ではありませんが、ゆるい漫画が好きな読者だったらどうぞって感じ。

作者の得能正太郎は4コマ漫画には似つかわしくないほどの画力の高さだから、定価は800円ぐらいとお高めですがその価値は読者によっては十分あるはず。

その作者・得能正太郎のTwitterがステマっぽいと2chでヒッソリ話題になってたので、なんとなくレビューしてみたぞい!(ちなみに旧ブログでは2015年1月ごろにアップした記事をほぼ移行した記事です)


◯展開★3◯テンポ★3.5
◯キャラ★3.5◯画力★4.5
◯大人買い★4
◯82点!!!!

『繰繰れ! コックリさん』1巻のネタバレ感想。作者は遠藤ミドリ。月刊ガンガンジョーカーで連載中の4コマ・妖怪漫画。

あらすじ

主人公はタイトル通り、コックリさん。見た目は妖狐そのもの。

繰繰れ! コックリさん1巻0話 市松こひな
(0話)
ただコックリさんを呼んだのは人間ではなく、まさかの市松人形の市松こひな。妖怪が妖怪を呼びつけるようなもので、コックリさんからしたらガッカリ感がハンパない。

繰繰れ! コックリさん1巻05話 湯上がりのコックリさん
(0.5話)
何故か入浴中にコックリさんが呼ばれることも、みたいなギャグマンガ。

市松こひなという天然ツンデレ

ただ主役・コックリさんよりも、市松こひなというキャラクターが魅力的。ガッツリ個性を炸裂。個人的にはハマった。とにかくツンデレ

コックリさんが初登場する場面では、いきなり不審なコスプレイヤー扱い。だから窓から入ろうとするコックリさんをピシャっと追い返す。ただ運悪く耳だけ引っかかるコックリさん。

繰繰れ! コックリさん1巻0話 市松こひな
(0話)
そこを「耳のみ入室許可します」と包丁を持った市松こひな。どんな悪趣味なキーホルダーやねん。

コックリさんが二頭身キツネに変身した時、市松こひながモフモフ感を楽しむ。
繰繰れ! コックリさん1巻08話 市松こひな
(0.8話)
ただイタズラ心で「狐臭と書いてワキガと読むのですよ」とウソを教える。臭いの悩みは地味に深刻。おそらく女性は敏感。だから自分は嫌いな女性がいたら、「くっさ!お前くっさ!」と罵倒してやろうと思ってます。

市松こひなはコックリさんに対して直接的な攻撃ばかりではなく、こういう間接的な攻撃も得意。
繰繰れ! コックリさん1巻0話 市松こひな2
(0話)
あるときには蛍の光を縦笛で軽やかに奏でる。センスありすぎ。面倒くさい訪問販売に対して、軽く鼻歌で歌ってみると実は効果があるのかも。

繰繰れ! コックリさん1巻0話 友だちがいない市松こひな
(0話)
こんな屈折した性格をしてる市松こひなには、やっぱり友だちがいない。沢尻エリカのように「別に」と強がって見せるものの内心寂しい。そして0.8話の最後でコックリさんが消えてしまう。

繰繰れ! コックリさん1巻08話 友達いない市松こひな
(0.8話)
でもコックリさんが戻ってきた時の瞬間の、市松こひなの安堵感あふれる表情が切ない。普段からツンケンしてるのは、いつもの孤独の裏返しか。単に小憎らしいだけではなく、思わずキュンとさせる。

連載版の内容が微妙

ただ以上紹介したのは1話未満のストーリということで、おそらく連載が始まる前の「読み切り」版。その評判が良かったので、この『繰繰れ! コックリさん』は連載にこじつけたという感じ?

ただ連載しょっぱなの1話目以降は、読み切りとはややテイストが異なる。
繰繰れ! コックリさん1巻3話 狗神
(3話)
例えば、市松こひなを大好きな狗神というキャラが新たに増える。

そしてストーリーの展開としては、「市松こひなに迫る狗神、その脅威から守るコックリさん」という二人の掛け合いがどちらかと言えばメインになる。

だから、せっかくの市松こひなの良いキャラが空気化してる印象。もちろん8巻まで発売されてるので、他のキャラクターも決して悪くはないですが、やはり市松こひなよりは劣るかな。

総合評価

序盤こそ市松こひなのキャラクターがパンチ効いててハマった。

でも連載が始まった1話以降は、ムダに悪目立ちしすぎる狗神というキャラが微妙。『コックリさん』とタイトルで謳ってる以上、市松こひなが目立ちすぎないようにする方向性としては別に間違ってないのかも知れないですが、正直1話目以降の「コレじゃない感」は強く感じた。読み切りで人気出ても連載が始まると「アレ?」となることも多いですが、まさにそんなマンガ。


◯展開…★3.5◯テンポ…★3.5
◯キャラ…★4◯画力…★3.5
◯大人買い…★3.5
◯おすすめ度…81点!!!!

『外天楼』のネタバレ感想。作者は石黒正数。推理雑誌「メフィスト」で連載されてた短編漫画。

外天楼で起きる様々なオムニバス?

舞台は「外天楼」という一棟のアパート(?)。そこで起きる様々な人間模様が、なんだか一話完結のオムニバスチックに描かれてる。

外天楼1巻中学生時代1
最初はどうすればエ口本を購入できるか、色んなシュミレーションを繰り広げる中学生の話から始まる。ムダに理屈っぽく戦略めいてて笑える。

外天楼1巻ヒーロー物
二話目は、何故か殺人事件が発生するヒーローものドラマ。実は犯人がヒーローでそれを追い詰める探偵役を、コミカルかつシリアスに描写。こんな感じで別々のストーリーがオムニバス形式で展開していく。

外天楼1巻ポンコツ刑事桜場冴子
外天楼で殺人事件が起きるオムニバスでは、それを捜査する刑事・桜場が果たしなくポンコツ。小説の探偵気取りで、推理はことごとく外れ。上司の刑事とも、全然意思疎通ができてない。

外天楼1巻殺人事件
その犯人を追い詰めようとするも、これまたコミカルな展開が発生。ダイイングメッセージをイジりすぎやろ。どちらかと言えば、「笑いがメイン」っぽい話が多い。他には人工知能を持ったロボットのクダリなどがあります。

コミカルな人物の動き

ストーリーだけではなく、キャラクターの動きもコミカル。特にコマ割りの使い方が絶妙で笑える。

ヒーローものドラマのクダリでは、ショッカーは基本的に人間は傷つけないようにプログラムされてる。
外天楼1巻動き1
でも、ショッカーはヒーローとのバトルで腕が折れてるから、見事に警部っぽいオッサンにゴン。無言で出血ピューと倒れていく様が切ない。

ポンコツ刑事・桜場とのクダリでは、何故かその上司がやたら痛めつけられる。
外天楼1巻動き2
被害者がどう亡くなったを検証するために、何回も屋上から突き落とされる。上司の刑事がムダに直立不動すぎて笑う。全体の動きの流れが見やすくて良い。

作品の最大のミソ・仕掛け

一話一話はそれなりに充実してて面白い。ただ『外天楼』の最大のウリ・ミソは、実はそれらが「一本のストーリー」の一部だということ。それが分かった瞬間のカイカンはひとしお。

序盤はずっとナンセンスな流れが延々と続いてたのに、途中から一つ一つの展開がどんどん「意味」を持ち始めていく。しかもナンセンスと思えてた序盤の展開が、実は後半の展開やラストのオチに繋がる重大な伏線が用意されてた。

外天楼1巻中学生時代2
実は一話目にこっそり登場してた、アリオというキャラクターのお姉ちゃんを巡って一連の事件が起きてた。読んでる内に徐々に気付いて、最終的に「してやられたー」みたいな感覚。だからメフィストという文芸雑誌で掲載されたことからも分かるように、一冊の極上の小説を読んだような読後感を得られる。

外天楼1巻アリオの過去
それまでずっとコミカルだった空気感から、徐々にシリアス展開に変わっていく。どんどんあらぬ方向へ進んでいって、色んな事実が明るみになっていく。グイグイ引き込まれる。

しかもそれを対応するのが、まさかのポンコツ刑事・桜場。だからこのまま最終的にはコメディータッチなオチが待ってるかと思いきや、かなり「え?」っていう終わり方。良くも悪くも、余韻が残る終わり方。ただし救いようがなく、気分は良くない。これをギャップ感と表現していいかは難しい。

総合評価

各々に独立してた話が徐々に一本のストーリーに合体していく過程が見所。それが繋がっていく様はまさに快感。

「ストーリーの完成度」という点では、非常にレベルが高い。石黒正数のストーリー構成力の高さは舌を巻く。よく分からんシュールな空間をコミカルに醸成しつつ、全く別個の話であるかのように装って
しっかり伏線は張り巡らせておく。そして最後に残酷でシリアスなオチをドン!と読者の頭を叩きつける。

また全体的に余計な雑音がないので、テンポ良くも読めた。緊張と緩和の使い方も上手くて、特に指摘する部分が見当たらない。 『思い込ませ方』が非常に上手くて、それを利用するのも非常に上手く、話の順番もすごく計算されてる感じ。まさに良質な小説を読んだ気分。もっと出版社も 金をかけて宣伝しろよ!的な?

ちなみに、この仕掛けを知らずにゾクゾクしながら楽しむもんであって、Amazonのレビューでもやや酷評されてましたが、このネタが分かってると確かにさほど面白く無いのも確かかも。

ちなみに、これを機に石黒正数の他の短編もほとんど読んでみた。ストーリーの構成力が実は高いマンガ家だったのか、と少し驚く。この『外天楼』のクオリティーの高さが一番だと思いますが、それでも他の短編・オムニバスもレベルが高い。理想のストーリーの作り方が詰まってる感じ。プロ以前に描いた話もなかなか面白くて、石黒正数はいっそ原作者として活動した方が良くね?

いずれ機会があれば。ただし原作付きの『アガペ』は悪い意味で笑った。レビューするかは非常に迷う。

外天楼
石黒正数
講談社
2013-09-30

◯展開★5◯テンポ★4
◯キャラ★4◯画力★3.5
◯96点!!!!

『極食キング』全5巻のネタバレ感想。作者は土山しげる。食漫&別冊漫画ゴラクで連載されてたグルメ漫画。「食キング」の続編にあたる作品。

あらすじ

主人公は北方歳三。廃業寸前の飲食店を再建させる請負人。この再建方法が独特。例えば料理とは関係ないパチンコ屋で働かせてみたりして、別の視点や角度から料理を見つめさせることで、進化や改善を促す。だから最初はみんな戸惑って文句を言う。

極食キング4巻「質問は一切受け付けない」
(4巻)
ただ問答無用で「質問は一切受け付けん!」と一蹴。

この北方歳三はセリフに力があるキャラクター。1巻では一口だけ食べて帰ろうとした北方歳三に店主が代金は要らないと主張。ただそんな店主に対して、「プロなら客がどんな食べ方をしようが代金を受け取れ!代金を受け取らんということは己の料理を否定することだ!」とこれまた一蹴。他にも3巻では「調理具の汚れは料理人の心の汚れだ!」というセリフも言い得て妙。

極食キング1巻 織田獅子丸
(1巻)
北方歳三の再建を邪魔するのが、織田獅子丸(おだ・ししまる)。口福倶楽部と呼ばれる巨大グループのトップ。ふぐで京都の食を支配してやろうと画策。関西ではふぐの別名が「てっぽう」。だから織田信長に模して、食で天下布武を狙ってるヤツ。

しがない飲食店する再建するオムニバスチックな展開がありつつ、ベースにはこの二人の対立が根底にはあるグルメ漫画。

再建させる展開がまあまあ面白い

落ち目の廃業寸前の飲食店を再建させるクダリが、それなりに面白い。冒頭でも書いたパチンコ屋で働かせるクダリ。

極食キング1巻 パチンコ屋で修行
(1巻)
これはパチンコホールでの接客法や客への気配りを身に付けるため。落ち目の飲食は料理の出来不出来だけではなく、接客法ができてないお店も多い。ただ料理を食べるだけだったら、スーパーで中食でも買って家で食べたらいいだけですから。

極食キング2巻 盛り上がる展開
(2巻)
最初は意気消沈してヤル気がなかった店主たちも、北方歳三の策略に見事にハマって徐々にヤル気を取り戻して、再建へ突き進んでいくポジティブな過程はそれなりに面白い。

後半の展開がややカオス

設定やテーマを考えると、アイデアをひねり出すのが大変そうなマンガだからか、後半はやや息切れしたのか展開がやや雑。再建が完結した後も余韻が乏しい。

極食キング4巻 冬に気付かない冷やし中華屋 いや気づけよ
(4巻)
冷やし中華屋を再建するクダリでは、まさか店主が現在の季節が冬であることに気付かない。「どうりで客が来ないはずだ」じゃねーよ。さすがに信じがたい。

この時の北方歳三のセリフもヒドい。店主の奥さんに向かって「何で季節を知らせんかった?」。いや知らせんでも普通気付くやん。お店の経営や料理の腕前以前の問題。肌がどんだけ鈍感やねん。

また料理のネーミングセンスもなかなかヒドくなってる。カラフルな唐揚げで「カラー揚げ」冷やし中華ならぬ「癒やし中華」。ただのオヤジギャグですやん(笑)

空港で織田獅子丸とラーメン勝負して北方歳三は勝利するんですが、その時の料理名が「ようこそ松山 御鯛麺(ごたいめん)」。空港だけに?からのー?(笑)

織田獅子丸の扱いがひどい

後半の展開だけじゃなくて、北方歳三の永遠のライバルであろう織田獅子丸の扱いもヒドくなる。前述の勝負で北方歳三に負けた直後から、気付いたらいつの間にかストーリーから消えてる。
極食キング5巻ホームレス生活になった織田獅子丸
(5巻)
何してんのかなーと思ってたら、最終巻で普通にホームレス生活を送ってる。いやさすがに人生転落しすぎやろ。

そこで見かねた織田獅子丸の部下・森蘭太郎が北方歳三に織田獅子丸の再建を依頼。かつてのライバルとは言え快諾。さすが主人公。
極食キング5巻 北方歳三と織田獅子丸の漫才
(5巻)
そこで北方歳三がどうしたかと言えば、まさかの織田獅子丸と漫才。お笑いグランプリの舞台上でお互いが料理をしながら…というシュールすぎる掛け合いを展開。北方歳三も「クー」じゃねーよ。

最終的に観客は大爆笑。そして織田獅子丸はそれを見て、「何か知らんが…胸が…熱くなってきやがった」と涙をこぼす。これぞカオス!!!

総合評価

序盤こそ結構王道チックなグルメ漫画。

ただ作者・土山しげるのテンション具合が如実に反映されてて、後半になるにつれてヤル気が減退した印象を受ける内容。その展開を素直に面白いと思えればアリだが、逆にその笑いは全体の世界観を崩してるのも否めないので評価は分かれそう。

極食キング 1
日本文芸社
2013-12-06

◯展開…★3.5◯テンポ…★4
◯キャラ…★4◯画力…★3.5
◯全巻大人買い…★3.5
◯おすすめ度…76点!!!!

『隣人13号』全3巻のネタバレ感想をレビュー。作者は井上三太。コミックバーズで連載されてたサイコサスペンスな漫画。出版社は幻冬舎。2004年には中村獅童主演で映画化もされたそう。全巻まとめて面白いかつまらないか考察してみた。


あらすじ物語・ストーリー内容

主人公は村崎十三(じゅうぞう)。小学生の頃に赤井トールという男にイジメられ続けた。その結果、新たに自分の中に暴力的な人格が生まれる。

隣人13号1巻村崎十三1
(1巻)
それが「13号」。十三(じゅうぞう)から来てる。とにかく性格は凶暴で、腕力も何故かアップしてめちゃめちゃ強くなる。

そして大人になった村崎十三が赤井トールを徹底的に追い詰めていく。赤井と同じ職場に転職し、赤井と同じアパートに住む。普通は気付いてもいいんですが、小学生の頃にイジメてた赤井は一切覚えてない。

重像は常に怒りに震えながらも、狡猾に赤井トールにジワジワ近づいていく。ある日、赤井トールの家に誘われて遊びに行くんですが、赤井の子供と一緒にゲームすることになる。
隣人13号1巻村崎十三3
(1巻)
でも赤井トールが寝入った瞬間、重像は思いっきり子供のホッペをビターン。この容赦がない感じがヤバイ。まさに憎悪のカタマリ。

だから『隣人13号』を一言であらわすと「元イジメられっ子・村崎十三による壮絶な復讐劇」。漫画のストーリーとしては実にシンプル。


鬼気迫る13号の執念・狂気

だから展開としてはあまり余計な描写がなくテンポが良いので、結構グイグイ読んでしまう。

隣人13号3巻村崎十三2
(3巻)

隣人13号1巻村崎十三2
(1巻)
13号の狂気っぷりがヤバくて、これぞサイコサスペンスの醍醐味。展開に次ぐ展開で、緊張感やハラハラ感がたまらない。

隣人13号3巻村崎十三1
(3巻)
冒頭で説明した赤井トールの子供に対して、「恨むならお前のオヤジを恨め!」と逆さ吊り。ここまで躊躇なさすぎるともはや痛快。結果的に子供の命を…。

隣人13号3巻赤井トール家庭崩壊
(3巻)
最終的に赤井トールもとことん追い詰める。村崎十三の背景も相まって、ただのサイコだけじゃなくて、そこに少し読者の溜飲も下げるような内容にもなってる。


最終回・最終話の意味

最終回は村崎十三が「同窓会」と称して赤井を小学校へ呼び出す。そこへ「やすらぎの家」というカルト教団も加わって、凄惨な場面が展開されます。ラストの結末は村崎十三が赤井を徹底的に追い詰めるものの、赤井は改心したかどうかは不明ですが死に際で「ごめんな」とポツリ。そうすると村崎十三の中にいた13号が崩壊。復讐の拠り所としていた動機が、ただ一つそこだけだった。

かなりオチとしては腑に落ちない or  しっくり来ない部分もある完結ですが、そこはイジメや悪いことをしても一言謝るだけで穏便に収まることも多い。逆に謝罪しないからこそ事態が悪化する。そういったことがテーマとして設定しながら描いていたと推察されます。政治問題でも国際問題でも、日本が過去の大戦で諸外国に謝罪しない(少なくとも過去を肯定する)ことで関係性が悪化した事例はたくさんあります。


総合評価・評判・

隣人13号 第1巻
井上三太
SANTASTIC!ENTERTAINMENT
2016-02-26

『隣人13号 全3巻』のネタバレ感想をまとめると、不遇な人生を歩んできた若者が、執念でイジメっ子に復讐を果たす。それだけ。でもそこにサイコの要素も組み込んだことで、ひたすら暴力的で、シリアスで、とことん破滅的で溜飲を下げる漫画になってる。

でもラストのオチは、サイコサスペンスらしからぬ救いのあるオチというのも、結果として読後感としては悪くなかった。13号と違って、本当の村崎十三は根が優しい。この二人の対立が死に際で何か希望めいたものを見つけただけでも、という結末。

ただギョッとする場面も多いので、そういう残虐なやりすぎる描写が苦手な読者にはあまりおすすめしません。

『さんかれあ』全11巻のネタバレ感想をレビュー。作者は、はっとりみつる。掲載誌は別冊少年マガジン。出版社は講談社。ジャンルは少年コミックのゾンビ恋愛漫画。アニメ化もされるなど意外に人気だったらしい。

2014年9月頃に完結したマンガではありますが、今更ながら面白いかつまらないか考察してみました。


あらすじ物語・ストーリー内容

主人公は降谷千紘(ふるや・ちひろ)。ゾンビっ娘が大好きな男子高校生。愛犬ばーぶが事故死したので、生き返らせる蘇生丸を開発。

さんかれあ1巻 散華礼弥
(1巻)
それをお嬢様女子高生・散華礼弥(さんか・れあ)が間違って飲んでしまって、ゾンビ化しちゃう。それを主人公・降谷千紘が人間に戻すため画策する展開。だからタイトルの意味は『さんかれあ』はこのヒロインの名前。

さんかれあ2巻 散華礼弥
(2巻)
ゾンビ化しても意識はハッキリしてて、ムダにパワーアップ化しちゃう散華礼弥。

さんかれあ6巻 散華礼弥
(6巻)
散華礼弥のノホホンとしたキャラ性が良いのかなー。

さんかれあ11巻 散華礼弥
(11巻)
ただ意識は徐々に混濁していって、「食べたい」という衝動が抑えられなくなる散華礼弥…みたいな感じ。


展開はつまらない

ストーリーは基本的に退屈。ストーリーの軸は、散華礼弥を救う・ゾンビ化の謎に迫るってところなんだろうけど、なんか良く分からない。普通に日常生活を送ってたかと思いきや、ゾンビの研究所ZOMAに突入。でも、それもいつの間にかサラッと終わってたり、全体的にスッキリしない。

恋愛要素を前面に出したいのか、サスペンス要素を前面に出したいのか、うーん。言葉で色々説明しようとしすぎてて、それが設定の幼稚さを拍車をかけてるのかも。

あと主人公の「ゾンビっ娘」好きも意味が分からない。読者からしたら、共感はしづらい。


ラストのオチは良かった

さんかれあ11巻 散華礼弥 (2)
(最終11巻)
ただ最終回のオチはそれなりに良かった。「対比」を上手く利用した結末で、良い意味でショッキングな終わり方でした。

ただこのままショッキングな結末で終わるのかと思いきや、また最後の最後はハッピーエンドという振り回しっぷりは、うーん?個人的には、そのまましんみり完結させて良かった気もします。最初からコレを狙っていたんだとしたら、色んな遠回りが多かった気がします。


総合評価・評判・口コミ


『さんかれあ』のネタバレ感想をまとめると、さして面白くない漫画。「自分が当初予定してたよりもかなり長期連載になってしまった」と最終巻に作者談が載ってるんですが、その言葉を裏付けるようにダラダラ続いた印象。特に中盤以降は退屈でつまらない。本当に読めるのは最初と最後ぐらい。

セクシー描写もチラホラとあるものの、それは質量ともに中途半端。もっと6巻7巻程度のボリュームでコンパクトに展開がまとまってたら、もしかするとそこそこおすすめできたかも。

『石田とあさくら』全2巻のネタバレ感想。作者はマサオ。月刊ヤングキング(少年画報社)で連載されてたギャグ漫画。

あらすじ

主役は、アフロ頭のあさくら。そして、もう一人の主役はボウズの石田。石田はあさくらへが大好きで、愛情がハンパない。つまり、アッーーー的な設定。

でも残念ながら、あさくらはオッパオが大好き。それを知った石田は、「俺は嫌いだよ!オッパオってやつがさ!」と激怒。そんな素敵なすれ違いが切ない。

石田とあさくら1巻あさくらラブの石田
(1巻)
そして、何故か石田は将来あさくらとお花屋さんを開く夢がある。THE意味不明。

独特のカオスなノリ

だから、『石田とあさくら』の全体的なノリはカオスそのもの。

チャリンコが乗れない石田は、あさくらに手伝ってもらう。でも石田は運転がヘタクソで、自転車保険に絶対入っとけよ!と言いたくなるほど事故を起こしまくる。

その後、あさくらは仕方なく石田に三輪車をプレゼント。
石田とあさくら1巻三輪車をプレゼントされる石田
(1巻)
そしてオチは石田が恍惚の表情を浮かべて終わり。え?どういうこと?おそらく、あさくらのプレゼントだったら何でも嬉しいということでしょうか。もしくは「変なプレゼントしやがって、朝倉はお茶目だな」と微笑ましく思ってるんだろうか。

ある時、あさくらや石田が冬山で遭難。SOS信号ならぬSNS信号で助けを求める…ただ誰も助けが来ず、それから数ヶ月。
石田とあさくら1巻冬山遭難
(1巻)
気付いたら季節は春で、ぽかぽか陽気。んで、そのまま下山。ツッコミどころしかない。

トレース感もまた味

ちなみに、この『石田とあさくら』は、トレース(絵をパクった)しまくったことがバレて廃盤になったらしい。確かに言われてみると、全体的にキャラクターの動きやポーズはぎこちない印象。

石田とあさくら1巻トレースっぽい絵
(1巻)
怪我した老人を運ぼうとしたら、何故か石田が何人も背負った場面。笑えるっちゃ笑えるコマですが、パソコンでペタペタ貼り付けてるだけにしか見えない。物理法則が全く機能してない。

ただ、それはそれでアリ。全然重量感がなくて、平然としてる石田の表情がまた面白い。「絵のぎこちなさ」がカオスな世界観と合ってるのかなーと。

総合評価

『石田とあさくら』はギャグセンスが高い方。独特のテンポやノリにハマる人は多そう。

ただ惜しむらくは、作者マサオの普段の言動。ギャグ漫画だから、絵の下手さはウリになったりもする。現在少年ジャンプで連載中の『磯部磯兵衛物語』など。敢えて「自分は画力が高い漫画家」であることを誇示する必要はないジャンル。

でもネットで軽く調べる限りは、作者マサオは普段から「俺絵上手いぜ」的な振る舞いをしてたよう。そこを取り繕うとした様々な言い訳をした結果、アンチが激増した模様。個人的には、むしろトレースをウリにすりゃいいんじゃねーのかとすら思いますが。漫☆画太郎がまさにそんな感じ?


◯展開★3.5◯テンポ★4
◯キャラ★4◯画力★3
◯大人買い★4
◯83点!!!!

『ヘルシング』全10巻のネタバレ感想をレビュー。作者は平野耕太。掲載誌はヤングキングアワーズ。出版社は少年画報社。ジャンルは青年コミックので吸血鬼漫画。とりあえず全巻まとめて面白いかつまらないか考察してみた。


あらすじ物語・ストーリー内容

吸血鬼ヘルシング一族が100年間懸けて作り上げた最強アンデッド・アーカードが主人公。それがなんやかんやする話。リクエストがあったレビューしたマンガですが、個人的にあまり面白いと感じることはなかった。


アクション描写はそこそこ

敢えて良かった部分を挙げると『アクション描写』。

ヘルシング2巻/アクション
(2巻)

ヘルシング7巻/アクション
(7巻)
そこそこ魅せてくれる描写。作者・平野耕太が現在連載してる『ドリフターズ』にも繋がる「カッコよさ」みたいなんは豊富に描かれてる。


銃の描写はかっこいい


ヘルシング10巻/銃描写1
(10巻)

ヘルシング10巻/銃描写2
(10巻)
あとはヴァンパイアのマンガなのに、いやだからこそ?、銃描写が多め。色んなパターンの銃があって、なおかつ緻密にしっかり描き込みがされてるので「銃好き」読者にはオススメか。


コマ割りが単調すぎ

ただその「良かった」アクション描写も、ある一つのことで台無しにしてる。それが「単調すぎるコマ割り」。

ヘルシング7巻/単調すぎるコマ割り
(7巻)
基本的に「横長長方形」のコマが多い。後半になるにつれて若干マシになってくるものの、それでも全体的には多い小回り。これは現在連載中のドリフターズでも言える平野耕太の欠点。むしろ敢えて狙ってやってる演出かも知れないが、「ダイナミズム」という点でかなり欠損してる。

何故、いま進撃の巨人が売れてるのか?そういうアクション部分での大胆なコマ割り・構図も一つの理由として挙げられる。作者はもっと色んなマンガを読んで勉強した方がいいかも。一番学ぶ必要がないアメコミ要素を取り入れてしまった印象。


ストーリーの軸が分かりづらい

個人的に致命的だと思った部分が、ヘルシングは「一体何をして何がどうなるマンガ」なのかが読めない。

シンプルなストーリーの軸やゴールの設定が曖昧模糊としてる。それにも関わらずストーリーだけはずんずんと進行していって、読者としては置いてけぼり状態。自分の読解力がないだけかも知れませんが、主人公が誰かなのかすらイマイチ分からなかった。要するに展開やストーリーを作れない

現在連載中のドリフターズは内容がない割に読めるのが、おそらくそこら辺をシンプルに割り切ってるからかも。この『ヘルシング』では、変にストーリー性があるかのように装おうとしてる浅はかさすら感じた。

だから、しっかり「内容はない」と割り切って読んだほうが普通に楽しめて、そうすることで優れたアクション部分だけに感動できるはず。


総合評価 口コミ 評判


『ヘルシング 全10巻』の感想考察をまとめると、アクションと独特のアメコミ風(?)の絵柄が気に入れば買いかな。ただ連載が10年以上続いた割に、そこまで価値を見出すのは難しかったかな。ちなみに平野耕太ファンには独特なセリフ回しや名言がウケてるようです。

基本的に、ダラダラと長期連載が続いてるマンガでは「完結させたこと」自体に評価が集まりがちが、あくまでそれがプラスに働くのはリアルタイムで読んで焦らされた読者限定の話だと思う。

でも自分はリアルタイムで読んでおらず、一気に10巻分というボリュームを読みきった。良くも悪くも、マンガの中身以外での要素は評価に含まれない。だから少し辛口気味の考察レビューだったかも知れませんが、そこら辺を少し差し引いて考えてもらえるとありがたいかも。