バズマン。

健全な漫画の感想ブログ。基本的に面白いマンガだけレビューしてるつもり。

【スポンサーリンク】

C-HR vs ストツー リュウ
つい昨日、トヨタのコンパクトクロスオーバー「C-HR」と格闘ゲームの『ストリートファイターII』がコラボがトヨタの公式YouTubeチャンネルで公開。この動画が思いのほか面白かったので記事化してみた。

あくまで、この「バズマン」はマンガの感想ブログ。あまり漫画と関係ないので自動車サイト「くるまン。」の方で記事化しようと思ったんですが、思い返してみると『ハイスコアガール』という押切蓮介のゲーム漫画のネタバレ感想は何冊もレビュー済み。最近の日本は絶賛不景気で新車が全く売れてない状態。そこで敢えて自動車に興味がない方向けの記事も作ってみようというお節介。


ストリートファイターIIのキャラクターが揃い踏み


このC-HRとストツーのコラボ動画には、前述のリュウ以外にも往年の懐かしキャラクターが勢揃い。

C-HR vs ストツー エドモンド本田
例えばエドモンド本田だと例の浴場でC-HRをせっせと洗車。確かに意外と親和性が高いけどもッッッ!!マジでバカスwww

CHR スト2 ブランカ
ブランカに至ってはC-HRが来てめっちゃテンション上がってるようにしか見えない。

こんな風に次々とC-HRがストリートファイターIIキャラのホームグラウンドに突入していく…というストーリー構成。他にも春麗やガイル、ダルシムやザンギエフなど全員登場。だから結果的にC-HRとストⅡキャラが戦うことはないものの唯一C-HRと戦うキャラクターがいた。

C-HR vs ストツー ベガ
それがラスボスのベガ。自動車(SUV)とストIIキャラがどう戦うか想像が付きませんが、結構本格的に戦う。攻撃を受けた瞬間の効果音など、まさに当時のストツーそのまま。

そしてC-HRがめちゃくちゃ強い。CHRの宣伝だから当然といえば当然ですが、レーザー光線みたいなん発射しますからね。まさかのノーダメージでC-HRがベガに完勝するという、なんという提灯CM(笑)

ちなみにトヨタ・C-HRの試乗や納期の詳しい情報は記事化済み。他にもにC-HRとホンダ・ヴェゼルの比較記事C-HRとマツダ・CX-3の比較記事も書いてるので、是非これを機会にC-HRに興味を持たれた方は御覧くださいませませ。


そして肝心のC-HRとスト2のコラボ動画がコチラになります。是非ベガとの熱い戦いを刮目してください。かつてメルセデスベンツとマリオがコラボした動画が話題になりましたが、権利上の関係か意外と2年も経たない内に削除されると思うのでお早めにどうぞ。

Queen and SFII = I can't stop smiling :)
このC-HRとスト2のコラボ動画には「Queen」の音楽が使用されてるってことで、外国人のユーザーは「思わずニマニマが止まらない」といったコメントもありました。C-HRといった自動車だけではなく、ゲームや漫画など外国人ウケする日本のコンテンツの強みも垣間見た気がしたC-HRの宣伝動画でした。

『猫のお寺の知恩さん』1巻2巻のネタバレ感想をレビュー。作者はオジロマコト。前作はもう一つのマンガブログ「すごないマンガがすごい!」でもかつてネタバレ感想を書いたこともある『富士山さんは思春期』を描いてた人。

掲載誌はビッグコミックスピリッツ。出版社は小学館。ジャンルは青年コミックのラブコメ漫画。『猫のお寺の知恩さん』は絶賛AmazonのKindleなどでもダウンロード購入・無料で試し読み・立ち読みが可能です。

作者・オジロマコトは割りと前作が面白かったので、何となく『猫のお寺の知恩さん』が面白いのか、つまらないのか簡単に考察してみた。是非購入する時の参考に使ってみてください。


あらすじ登場人物 ストーリー内容


主人公は須田源(すだ・げん)という高校一年生。とにかく親元から離れたかったため、県外の高校に進学。当然一人暮らしは難しいため、かつてお世話になったこともある「お寺」に下宿させてもらう。

その寺は古寺澤知恩(こてらさわ・ちおん)という、昔仲良く遊んでいた女性が管理していた。古寺澤知恩の年齢は須田源と4つ5つ離れた19歳。須田よりやや年上のお姉さん。でも自分の記憶とは違い、どこか佇まいがクール。これも時間の流れか。

猫のお寺の知恩さん1巻 あらすじ1
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
しかも「トイレに行く途中の廊下で後ろから子供の足音がしても振り返っちゃダメ」と、ちょっと怖いことを言ってくる。冗談かと思いきや、古寺澤知恩の表情は真顔。おいおい作者・オジロマコトはホラー漫画にでも挑戦したのか。

その夜、須田源はトイレに行く。ちなみにトイレは古いお寺ということもあってか、外に設置されてる。そのためトイレまでの道すがらにはお墓がたくさん。どう考えても出る雰囲気しかない。そして案の定、トイレから帰ると背後から足音が近付いてくる!!!

猫のお寺の知恩さん1巻 あらすじ2
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
まさかのホラー漫画かと思いきや、古寺澤知恩がニタニタ笑顔でヒュードロドロ。まさかのドッキリ。クールな振る舞いは単なる前フリ。やっぱり古寺澤知恩は昔と変わらずイタズラ好きだった。もちろんホラー要素は一切その後出てきません。

猫のお寺の知恩さん1巻 ほんわか空気感
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
『猫のお寺の知恩さん』はそんな二人の日常を切り取ったマンガになります。性別が男女同士ってことで少しラブコメ要素がほんのり甘く。果たして一つ屋根の下、二人の間で一体何が起こるのか?


古寺澤知恩というキャラクター


結論から書くと、ヒロインの古寺澤知恩が最大の魅力になるマンガ。言うまでもなく、漫画タイトルからして「知恩」とあるので言うまでもないか。

猫のお寺の知恩さん1巻 ケツ
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
とにかく古寺澤知恩はケツがでっかい。ジーパンのパツンパツン感は割りと好き。富士山さんと違って、そこまで高身長ではないようですがムッチリバディ。

猫のお寺の知恩さん1巻 ケツ 小学生にもまれる
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
スーパーで買い物してる時には小学生に母親と間違えられて、思いっきりムンズと掴まれることも。なんという熟女ケツ。穴を広げられるような揉まれ方をすると、さすがに男でも思わず「ファッッ」ってなります。

猫のお寺の知恩さん2巻 炭が顔につく
(猫のお寺の知恩さん 2巻)
お寺の倉庫で掃除していると、鼻の下には炭の跡。どこか抜けてるホンワカ感たっぷり。

ちなみに知恩の由来は「知足知恩」らしい。知足とは「足るを知る」こと。人と比べて不平不満を持たないこと。「知恩」は「恵まれていることを感じる心が大切」ということ。そこから祖父が命名したとのこと。


いつものホンワカしたオジロマコトワールド


だから『猫のお寺の知恩さん』は前作と同様にホンワカしたオジロマコトワールドが広がってて、作風や空気感的にはほぼ同じと評価してもいいぐらい。

猫のお寺の知恩さん1巻 二人の距離感
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
古寺澤知恩と須田の何か始まりそうで何も始まらない絶妙な距離感。友達というか姉弟というか。

猫のお寺の知恩さん1巻 うなじ
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
でも男女であるがゆえに、やはり一つ屋根の下ではラッキースケベな展開も発生。画像は蜂の大群に襲われて狭い納屋に二人で隠れるものの、目の前には古寺澤知恩のうなじ。産毛というか薄毛部分がステキング。

猫のお寺の知恩さん2巻 ラッキースケベ
(猫のお寺の知恩さん 2巻)
古寺澤知恩が書道してると野良猫が邪魔して、あーんマイッチング。何故ブラジャーを着用してないかは不明。


惜しむらくはセクシーさが物足りない


ただ残念ながら、『猫のお寺の知恩さん』ではセクシーさが足りない。先程画像は何枚か貼りましたが、前作レベルのことを『猫のお寺の知恩さん』を期待すると下系に関しては完全に肩透かし

前作『富士山さんは思春期』の登場人物は中学生だったわけですが、今作『猫のお寺の知恩さん』は高校生とほぼ二十歳。でも前作と工口描写の多さを比較すると、『猫のお寺の知恩さん』の方が明らかに量も質も少ない。

いくらホノボノまったりした空気感がベースとはいえ、登場人物(古寺澤知恩)が19歳である以上、もう少し年齢に見合ったラッキースケベな描写が絶対にあるはず。もちろんヤリすぎ描写も考えものですが、古寺澤知恩が大人だからこそ物足りない。

やはり大人だからこそのアイテムが欲しい。例えば最たる例が自動車。古寺澤知恩は最初自動車ではなく、原付きバイクに乗って登場する。もちろん二人乗りは違法行為ではあるものの、そこは自動車で良かった気がする。

自分は漫画以外にもクルマブログ(くるまン)も書いてるから言うわけでもありませんが、自動車ならお互いの距離感が近いので、じっくりドライバーの横顔などをチラチラとチェックできる。特に年齢的に車内が狭い中古の軽自動車であれば、なおさらお互いの体温なども伝わりやすい。


ネコ描写も薄い


更に言えば、漫画タイトルで「猫のお寺」とさもメインに謳っている割にネコ感も乏しい。一応、たくさん野良猫が集まってくる寺という設定なので間違ってはないものの、全体的に「背景としてのネコ」以上でも以下でもない。

先程はラッキースケベにイヤンアハンな描写に繋がってる描写こそありますが、ほとんど効果的にアイテムとして「ネコ(猫)」が使用されることはない。しかも寺で古寺澤知恩が飼ってるのは、まさかの犬。いくら野良ネコたちが集まってくるとはいえ、無意味に設定がブレるだけでしょう。

もし「ネコ(猫)」が大きなテーマであるとするなら、かなりベタではあるものの古寺澤知恩が猫の幽霊に憑依されていて頭に猫耳や語尾に「にゃん」を付けるとか、もしくは須田が昔救った猫が人間化してるとかどうだろう?

見た目は20歳前後の女子だけど、中身は5才児並。敢えて無邪気さや幼稚さを残すことで、非工口さも萌え要素が代替されること許容される。せめてセクシー描写を排除するとしたら、もっと「女のあざとさ」みたいなんが欲しかった。

まぁエ口が少ない分だけHENTAI度は薄いので、良くも悪くも女性読者にはおすすめと好意的に解釈はできますが、基本的に「ネコ」という漫画タイトルに意味を感じない。


猫のお寺の知恩さんの総合評価 評判 口コミ



『猫のお寺の知恩さん』のネタバレ感想をまとめたら、前作と同様に安定感があってホノボノした空気感が好きであれば買っても損はしないでしょう。ただ前作『富士山さんは思春期』を既に所有していたら、わざわざ購入する必要はないかなぁ。

前作は程よいラッキースケベと甘酸っぱい青春さが絶妙にマッチしてたものの、今回の『猫のお寺の知恩さん』は全体的に何もかもが中途半端。古寺澤知恩と須田の「付き合ってない」という中途半端な関係性も含めて、結局作者が二人をどうしたいのか見えてこない。

猫のお寺の知恩さん2巻 昼間陽子
(猫のお寺の知恩さん 2巻)
例えば二人だけの空間・世界観かと思いきや、昼間陽子という須田と同学年の女子高生も登場。だからと言って、昼間との間で何か起きるわけでもない。しかも昼間陽子は面倒くさいツンデレキャラ。作品としての迷走感は拭えない。

猫のお寺の知恩さん1巻 古寺澤知恩 小学生時代
(猫のお寺の知恩さん 1巻)
途中の回想シーンで古寺澤知恩の幼少時代が描かれるものの、どうせならこの女子小学生時代 or キャラクターをヒロインに据えるべきだった。「りんか&あんな」という双子少女が話題ですが、子供なら単純に存在そのものが可愛らしい。

そして主人公は男子高校生や大学生に設定しておけば、これなら別に下系描写が少なくても大丈夫。ムッチリーニな女性サブキャラ(母親?)を下系要員として、女子小学生と主人公に笑いを交えて絡ませれば、少なくとも『猫のお寺の知恩さん』の二番煎じ感は多少なりとも減少したはずです。

『ダンジョン飯』4巻のネタバレ感想。作者は九井諒子。ハルタ(KADOKAWA)で連載中のファンタジーグルメ漫画。『ダンジョン飯』3巻のラストでは5階のオーク城下町に足を運ぶと、そこは炎龍(レッドドラゴン)の気配。

ダンジョン飯4巻 炎龍 レッドドラゴン1
(ダンジョン飯 4巻)
そしてついに4巻では因縁のレッドドラゴンと相見える…という展開。レッドドラゴンは主人公・ライオスの実妹・ファリンを飲み込んだ炎を吐く龍。明らかに死亡フラグビンビンですが、果たしてファリンを救うことはできるのか?


VS レッドドラゴン・炎龍


…ということでVS レッドドラゴン。言うまでもなく、めっちゃ強い。四苦八苦するライオスたち。

レッドドラゴンは巨大な躯体は言うまでもなく、表面も鱗で覆われていて防御力最高。でも唯一の弱点が、首下。そこは鱗のスキマが大きく、また急所部分と重なる。いわゆる「逆鱗(げきりん)」と呼ばれる部分。

ダンジョン飯4巻 炎龍 タンギング
(ダンジョン飯 4巻)
ただレッドドラゴンは戦闘力が高い以前に、炎を吐く。具体的にはタンギングと呼ばれるそれは、体内に溜めた燃料を吐き出して、舌打ちの要領で着火させる。確かに説明されたら、なかなか合理的で現実的。

やはり弱点が分かったところで苦戦。いくら意中の女性の好みを知ったところで、自分自身のスペックが低ければ何の意味もない。サッカーで言えば、スペイン・バルセロナの弱点を理解したところで、日本の高校生チームが勝てないのと同じ。

ダンジョン飯4巻 炎龍 センシ
(ダンジョン飯 4巻)
そこで出たセンシの名言が「腹をくくれ。今までお前が食ってきた魔物の中に死力を尽くさないものがいたか。ここでは食うか食われるか」。モブのくせに生意気にカッコイイぜ、こんちくしょう。

ダンジョン飯4巻 炎龍 ライオス
(ダンジョン飯 4巻)
そして最終手段がセンシの鍋とマルシルの爆破魔法を併用することで、まさかのフライングライオス in the SKY。地味にライオスの口元に注目。風圧感を見事に表現。

無事何やかんやで急所をぶっ刺すことで、レッドドラゴンを見事に撃破。思いのほかアッサリ倒しちゃった印象。それでもかなり負傷を負ってしまったパーティ。

ダンジョン飯4巻 マルシル 回復術
(ダンジョン飯 4巻)
ライオスの千切れた足をマルシルが修復する場面は、ムダにリアリティーがあってキモいことこの上なし。

ダンジョン飯4巻 チルチャック回腹痛
(ダンジョン飯 4巻)
チルチャックも重傷を負うものの、無事マルシルの回復魔法で治る。でも急激に回復しすぎたせいで、まさかの「回復痛」。思わずなんだそれ。確かに負傷しようが回復されようが、急激な肉体変化がもたらされてることは間違いないので、そこで筋肉痛まがいの副作用が起きてもおかしくない。

さすがのセンシも「わしはいい!!自分で治す」とガクブル状態。

ダンジョン飯4巻 チルチャック
(ダンジョン飯 4巻)
他にもレッドドラゴン戦直前では、同じくマルシルから雑な扱いを受けるチルチャックに思わず同情。まさかの杖の形状とチルチャックの頭蓋骨がぴったり。


桂ファリンの人骨さんいらっしゃ~い♪


こんなモブキャラどうでもいいですねん。妹・ファリンはどないなりましてん。その気持ちよく分かります。…ということでファリンの核心部分のネタバレ。ネタバレが嫌いな方はスルー推奨。

やはりレッドドラゴンは巨大ということで、すぐにファリンは発見できず。

ダンジョン飯4巻 レッドドラゴン内を探索
(ダンジョン飯 4巻)
例えば胃袋にたどり着くだけでも一苦労。ちょっとした小さいダンジョン。センシも「単行で働いていた時代を思い出す」とポロリ。

当然火を吐くモンスターということもあってか、レッドドラゴンの体内の温度は熱い。火の扱いは注意だったりなど、意外とイベント要素が豊富。きっと『ダンジョン飯』の構想当初からあったアイデアなのでしょう。確かに面白い。

ダンジョン飯4巻 ファリン人骨
(ダンジョン飯 4巻)
んで結論から書いてしまうと、ファリンとはまさかの人骨でのご対面。桂三枝風に言うのであれば、人骨さんいらっしゃ~い♪明らかに死亡フラグビンビンでしたが、やはりの結末。

もうダメかと思いきや、そこでマルシルが禁忌の術を使うことでファリンの蘇生を試みる。隣にはレッドドラゴンの巨大な死骸があるので、禁忌の術に必要な膨大なエネルギーを賄うことに成功。ここまでの見事な展開はやはり当初から考えられていたアイデアなのでしょう。

ダンジョン飯4巻 ファリン人骨2
(ダンジョン飯 4巻)
でも、もちろん勝手に蘇生してくれるわけではないので、ファリンの人骨集めが始まる。ファリン以外にもモンスターの骨もあるなど、まさに骨が折れる作業。ただ二人はちょっとしたプラモデル製作的なノリ(笑)

ダンジョン飯4巻 ファリン復活
(ダンジョン飯 4巻)
結果、ファリンは見事に復活。主人公であり、兄でもあるライオスがこれまでダンジョン内で食べたモンスターたちの話を聞いて、めっちゃテンション上がるなど完全復活。めでたしめでたし。

ただ逆に考えると、『ダンジョン飯』のストーリーの発端であるファリン問題が解決したので、5巻以降の展開がどうなるのかというと、マルシルが使った禁忌の術を同じくエルフの男が偶然発見。このエルフ野郎と一悶着ありそうです。きっとマルシルと知り合いか何かだったりするのでしょう。


センシ、まさかのピザ屋を開店


…とここまでの感想を読む限り、一切グルメ描写が出てきませんでしたが、もちろん『ダンジョン飯』4巻にもグルメ描写はしっかりあります。炎龍戦前にはセンシが「レッツ炎龍にカツレツ」というダジャレ感満載のカツレツを作ったりしてます。

でも一番気になるのがレッドドラゴン。果たして主人公・ライオスたちはどうやって食べたのか?

ダンジョン飯4巻 センシ ピザ屋1
(ダンジョン飯 4巻)
結論から書くと、センシがおイタをしてレッドドラゴンの体内を燃やしちゃう。当然体内には燃料があるのでしばらく燃え続けてしまい、レッドドラゴン体内の肉を削ぎ落とすことも食すことも不可能。でも、これには一つのメリットがあった。

ダンジョン飯4巻 センシ ピザ屋2
(ダンジョン飯 4巻)
結果センシがどうしたかというと、まさかのピザ屋を始めてしまう。鉄板みたいなんはレッドドラゴンの鱗。なんという適応能力。他にも尻尾の肉でスープを作ったり、お前もうただのイタリアンシェフやんけ。


ダンジョン飯4巻総括



以上、『ダンジョン飯』4巻のネタバレ感想終了。

ダンジョン飯4巻 おまけ漫画
(ダンジョン飯 4巻)
今回の4巻にも「モンスターよもやま話」というおまけ漫画が収録。でも4巻に収録すべきページ数が足らなかったのか、これまで以上に膨大。結構読み応えがありました。あえて説明しませんが、画像は人魚。やっぱり気持ち悪いの一言(笑)

ダンジョン飯4巻 ナマリ 回復
(ダンジョン飯 4巻)
他にもレッドドラゴン(炎龍)戦の前には、地上に戻ったナマリのクダリも収録されてる。先程の回復ネタではありませんが、ナマリの体験談も変にリアリティーがあって面白い。

画像だと幽霊に取りつかれてグール化した人間を中途半端に回復させてしまうと、その冒険者の魂と悪霊の霊が混ざるから人格が変わってしまう恐れもある。確かにゲームだと「治るか治らないか」の二者択一でしかないものの、現実に回復魔法で冒険者を回復させる場合は色んな支障が起きそうです。

『ケンガンアシュラ』18巻19巻のネタバレ感想。作者はだろめおんとサンドロビッチヤバ子。裏サンデーで配信中の格闘マンガ。出版社は小学館。『ケンガンアシュラ』16巻17巻のネタバレ感想は既にレビュー済み。

ケンガンアシュラ18巻 関林ジュン vs ムデバ1
(ケンガンアシュラ 18巻)
言うまでもなく、この18巻19巻のネタバレ感想はその続きってことで、プロレスラー・関林ジュン vs 暗殺者・ムデバの対決に終止符が打たれます。


関林ジュン vs ムデバ


前述の画像はムデバが目潰しを行うものの、関林ジュンが目の下の筋肉あたりで受け止めた場面。敢えて大きく避けずに頭を上げることで、結果的に目潰しを防げるらしい。もちろん、良い子は真似しちゃダメだお。

関林ジュンは形勢逆転。ムデバは両目が見えない盲目の選手。それまで聴覚で周囲を把握してたものの、関林ジュンはムデバの両耳を破壊。完全にムデバの感覚を遮断…したかに思えたが、実は演技。逆に関林ジュンがカウンターで、両耳が破壊される。「傭兵の演技もなかなかだろうウッフン」。

ケンガンアシュラ18巻 関林ジュン vs ムデバ4
(ケンガンアシュラ 18巻)
そして関林はムデバの心臓抜きでとどめを刺された…かに思えたが、そこは不屈のレスラー関林ジュンは立ち上がる。だって俺はプロレスに夢中ですもん。

ケンガンアシュラ18巻 関林ジュン vs ムデバ5
(ケンガンアシュラ 18巻)
改めてとどめを刺しに来たムデバに対して、口から血しぶき。思いっきり背負投げビターン。再びムデバを追い詰めるかと思いきや、実はそこで失神。まさに最期の足掻き。

ケンガンアシュラ18巻 関林ジュン vs ムデバ6
(ケンガンアシュラ 18巻)
それに対して、常に冷酷なムデバも関林ジュンの精神に感化されて、最後は3カウントで試合を決着させる。「ワテなりのリスペクトってやつですわ。関林はん。粋でっしゃろ?」。そして獄天使・関林ジュンは二回戦で敗退。

ちなみに視覚も聴覚も奪われたはずのムデバが、何故フツーに戦えてるかというと、それは嗅覚を使っているから。何故関林ジュンの血しぶきで戸惑ったかというと、血の匂いで鼻がやられたからってことだそう。確かに納得。

契約してる社長の東郷とまりとは試合後にフツーに会話をしてるのは、関林ジュンが治せる範囲で壊してくれたからとのこと。うーん、それなら試合に支障はなさそうなもんですが、割りとフワフワした設定ですが詳しくツッコんだら負け(笑)


鎧塚サーパイン vs 御雷零


続いて『ケンガンアシュラ』18巻では、鎧塚サーパインと御雷零戦があります。

鎧塚はミャンマー出身のムエタイ選手。とにかく鋼の肉体を持つ。いや、正確にはダイヤモンド並みの強度の骨を持つ。とにかく頭蓋骨の硬さは人類一。一方、御雷零は素手による暗殺術を持ち、圧倒的なスピードを誇る。

序盤は御雷零がやや優勢。圧倒的なスピードと多彩な技で追い詰める。さすがの鋼の肉体を持つ鎧塚サーパインも、徐々にダメージが蓄積していく。

ケンガンアシュラ18巻 鎧塚サーパイン vs 御雷零1
(ケンガンアシュラ 18巻)
しかし鎧塚サーパインに思っくそ腕を掴まれてしまう御雷零。

ケンガンアシュラ18巻 鎧塚サーパイン vs 御雷零2
(ケンガンアシュラ 18巻)
結果、「つかまえた」と勝利の笑みを浮かべる鎧塚サーパイン。そして人類一の硬さを誇る頭蓋骨をフルに御雷零に振り下ろす。まさにビルマの鉄槌。

どう考えても鎧塚サーパインが勝ったとしか思えませんが、実は…という結末。そのネタバレについては割愛しておきます。是非『ケンガンアシュラ』18巻を御覧くださいませませ。


桐生刹那 vs 黒木玄斎


続いて『ケンガンアシュラ』19巻は桐生刹那と黒木玄斎の試合。

正確には18巻から始まった展開ですが、桐生刹那と黒木玄斎には意外な因縁。桐生刹那の師匠・平良厳山と黒木玄斎はマブダチ。でも平良は桐生刹那の裏切りにあって死亡した過去を持つ。黒木玄斎的には「友の敵を取ったんでぇ」と闘志メラメラ。

桐生刹那の武器は「羅刹掌」。背中から肩にかけて全身のねじりを加えた攻撃は、まさに当たった部位をギュルルンとねじりとってしまう必殺技。黒木玄斎もさすがに警戒するものの、本家・平良の羅刹掌とは異なり威力を高めた分だけ動作が大きかった。

ケンガンアシュラ19巻 黒木玄斎 vs 桐生刹那1
(ケンガンアシュラ 19巻)
結果、黒木玄斎は一歩も動かずに桐生刹那の羅刹掌を全て受け流す。そう!右から左へ全て受け流す!そう!往年のムーディー勝山のように華麗に受け流すッッッッ!!ムーディー黒木!!!

ケンガンアシュラ19巻 黒木玄斎 vs 桐生刹那2
(ケンガンアシュラ 19巻)
そして黒木玄斎は桐生刹那を「身の程を知れ!若造」と一喝。詰め込み教育なめんなよ的な迫力を感じさせます。炎天下でも一切水を飲ませてもらえなかった部活動経験者を舐めるなよと、言わんがばかりです。

ただ桐生刹那も覚醒。桐生刹那は日本政府が事実上放置してる不法集落「中」の出身。そこで父親を生かすために作られただけの臓器ストック人間だった。

ケンガンアシュラ19巻 桐生刹那 過去編
(ケンガンアシュラ 19巻)
でも「解体」される直前に何故か十鬼蛇王馬が救ってくれる。まさに鬼とも呼ぶべき十鬼蛇王馬に対して、逆に桐生刹那は「神」を見出す。その後も男娼として生き延び、十鬼蛇王馬の後を追いかけ続けた。

しかし2年後、十鬼蛇王馬は二虎に弟子入り。かつての鬼のような雰囲気は消え去り、すっかり「堕落」…みたいな過去編があって、とりあえず二虎と黒木玄斎をダブらせる。

ケンガンアシュラ19巻 黒木玄斎 vs 桐生刹那3
(ケンガンアシュラ 19巻)
恨み骨髄の桐生刹那は更に猛撃を重ねるものの、完全に正気を失った状態。

ケンガンアシュラ19巻 黒木玄斎 vs 桐生刹那4
(ケンガンアシュラ 19巻)
何やかんやがありーの、黒木玄斎が結果的に桐生刹那の心臓を魔槍で撃ち抜く。

でも桐生刹那は結果的に生き延びる。何故なら黒木玄斎に攻撃される直前、自分の心臓に羅刹掌を放ったことで心臓の位置をずらしたから。なんという曲芸。

だから一応、桐生刹那は敢えて負けたかのような空気で、試合後にどこかへ消えてしまう。果たして彼の意図はどこにあったのか?そして何をするつもりなのか?…という前フリ


初見泉 vs 坂東洋平


最後の試合は初見泉 vs 坂東洋平。

初見泉は乃木グループに雇われた闘技者。割りとメインキャラクターに近いサブキャラ。ひょうひょうとしたオッサンですが、割りと実力はトップクラスらしい。一方、坂東洋平は凶悪な死刑囚。熊のように巨漢ではあるものの、圧倒的な柔軟性を誇る。

予選では英はじめに毒殺されかかったものの、無事坂東洋平は復帰。ネタバレしようかしまいか迷いましたが、そこまでストーリーに思ったほど重大な影響を与えてなさそうなのでネタバレ。若槻武士を雇う古海平八によって救出された。「助けを求める者は誰であろうと救う」とのこと。

ケンガンアシュラ19巻 初見泉 vs 坂東
(ケンガンアシュラ 19巻)
坂東洋平は英はじめ戦では割りと余裕しゃくしゃくっぽい戦いをしてましたが、初見泉相手では序盤から本気。関節を外して腕や手を伸ばすことで、まるでムチのようにブンブンと高速で振り回す。

坂東洋平曰く、さながら動く断頭台。いやムチとは聞こえが良いですが、この威力が半端なさすぎて地面に当たると、まるで地雷のように爆発しまくり。

ケンガンアシュラ19巻 初見泉 vs 坂東2
(ケンガンアシュラ 19巻)
しかもタイミングを見計らって坂東洋平の腕をつかみ関節技をかけようとするものの、当然圧倒的な柔軟性をもってカウンター。初見泉は合気道の達人ではあるものの、逆に坂東洋平の腕と背中で押しつぶされそうになる。

ケンガンアシュラ19巻 初見泉 vs 坂東3
(ケンガンアシュラ 19巻)
圧倒的に不利な初見泉だったが、最終的には坂東洋平を打破。あまりネタバレしすぎると怒られるので、ヒントだけ出しておくと関節がダメなら○○を狙えばいいじゃない by マリー・アントワネット風。

ということで初見泉はテンション絶好調のまま次戦へ臨むことに成功。このまま更に勝ち続けそうな雰囲気。『ケンガンアシュラ』19巻は珍しく引き伸ばすことなくちょうど終了。

ちなみに格闘漫画「ケンガンアシュラ」がわりと面白いという考察記事はレビュー済みなので後で良かったらご覧ください。ガチで面白い人気おすすめマンガランキングでも上位に設定してみた作品です。