バズマン。

健全な漫画の感想ブログ。基本的に面白いマンガだけレビューしてるつもり。

【スポンサーリンク】

明日、2017年7月29日は『東京喰種(東京グール)』の実写映画が公開されるらしい。だから今更ではあるんですがヒロインの清水富美加が突然出家して、千眼美子に改名したことが話題になりました。何故なら出家理由に映画『東京喰種(東京グール)』の出演が挙げられたから。

漫画『東京喰種』がつまらなくなった原因も清水富美加にあると思ってますが、果たして本当に清水富美加は嫌々ながら出演していたのか気になるところ。ということで今回は映画『東京グール』に出演した清水富美加のオフショットが載っていた『東京喰種[movie]』を確認したいと思います。

結論から書くと、割りと清水富美加は楽しそうに映画『東京グール』に出てたんじゃね?というのが個人的な感想。


現場では笑顔が多かった千眼美子こと清水富美加


東京喰種 映画 清水富美加1
(東京喰種 [movie])
例えば真戸呉緒を演じてる大泉洋の隣ではニッコリと笑顔の清水富美加。確かに少し清水富美加の苦笑いしてるようにも思えますが、「このオッサン口くせぇ。カツラ似合ってねぇ。つまんねぇ」という大泉洋に対するそれという可能性もありそう。

東京喰種 映画 清水富美加2
(東京喰種 [movie])
他にも主人公・金木剣を演じる窪田正孝と一緒に写ってるオフショットでは、満面の笑みの清水富美加。和気あいあい感にあふれてます。

東京喰種 映画 清水富美加3
(東京喰種 [movie])
演技中の清水富美加はこんな感じです。場所は『東京グール』ではおなじみの喫茶店あんていく。

東京喰種 映画 清水富美加4
(東京喰種 [movie])
オフショットというか多分クランクアップ後と思われる、映画監督・荻原健太郎と一緒に写ってる場面ではやはり笑顔の清水富美加。

ちなみに映画監督のTシャツに描かれてるのは多分『ファイトクラブ』で有名なセリフ。清水富美加の衣装の下には同じように「you don't talk about Okawa Ryuho」と書かれたTシャツを着用していたかは不明。

東京喰種 映画 清水富美加5
(東京喰種 [movie])
他の映画出演者とのオフショットでもやはり笑顔の清水富美加。まさかのダブルピース。少なくとも表面上の清水富美加を見ている限りは、そこまで嫌がって『東京グール』に出演していたかどうかと言われると、やや疑問が残るような気もします。

ただ清水富美加が所属していたのは悪徳事務所で有名なレプロエンタテインメント。カムバック能年玲奈。清水富美加も演じるプロですから馬車馬のようにこき使われてたからこそ、こんな笑顔も見せるのかも知れません。オフショットはあくまで一場面にすぎない。裏では清水富美加が涙していたかも知れないと思うと、くぅ~泣かせる話だぜぇ~。

あと『東京喰種[movie]』を読む限りはグロシーンも割りとあるらしい。笛口雛実が目玉などを食事するシーンなど。そこまでリアリティはなさそうでしたが、だから宗教関係なく確かになんとなく嫌という理由もうなずけます。

ま、所詮は他人の心の中は誰も分からない。いくら周りが推し量ろうとしても限界があるので、無粋というものか。そこは大川隆法のイタコ芸の力でも借りるしかありません。生霊ですら勝手に呼び出しちゃうんですから尊敬します。


映画『東京グール』のフライング適当レビュー


ということで、ここから清水富美加関係なく、『東京グール』の余談。

自分はおそらく明日は3DSゲーム『ドラゴンクエスト11』をプレイする予定なので映画は見れず。そもそも映画館がどこにすら分からないという始末。そろそろ映画館での上映と同時にネット配信できないもんか。

ただ『東京喰種[movie]』には色んな映画情報が掲載されていたので、簡単に雑な感想を先にレビューしたいと思います。

東京喰種 映画 清水富美加7
(東京喰種 [movie])
まず映画版『東京グール』で個人的にアレ?と思ったのが、小道具のチープ感。例えば清水富美加が被ってるお面。そこら辺の主婦が作ったようなハンドメイド感が漂うのは気のせいか。

他にもクインケ【東京喰種】赫子(かぐね)【東京喰種】もCGで表現されてるんですが、「マンガだとこんな感じだっけ?」みたいな雰囲気。古臭い特撮映画もの的なニオイ。

東京喰種 蒼井優 神代利世
(東京喰種 [movie])
ちなみにマンガ考察ブログ「ドル漫」ではいずれ【東京喰種】映画版キャスト登場人物一覧もまとめるかも知れませんが、神代利世役の蒼井優怖ぇぇぇwww今日の夢に絶対出て来るパターンですやんコレwww

他だと個人的に笑ってしまったのが笛口リョーコ役の相田翔子。別に『東京喰種』の世界観にそぐわないといった理由ではないんですが、あれ?こんなオバちゃんだったっけ?と思ったのはおそらく自分だけ。

フェアリーテイル最終回1
(少年マガジン34号)
面白いおすすめ漫画ランキングおすすめファンタジー漫画に入れたことはありませんが、最近ファンタジー漫画の『フェアリーテイル』が完結したらしい。

自分はこれまでゾンビ漫画『アイアムアヒーロー』の最終回など様々なマンガの最終回をレビューしてきたので、今回はテキトーに『フェアリーテイル』最終回の感想を簡単にレビューしたいと思います。

良くも悪くもベタな最終回


フェアリーテイル最終回3
(フェアリーテイル 最終回)
アクロノギアを主人公・ナツが倒した後、ギルド・フェアリーテイルに戻ったメンバー。一年後、ルーシィは自らを主人公とした「イリスの冒険」という小説で文壇デビュー。念願の夢がかなった。そしてケム・ザレオンという文学賞を受賞し、パーティーが開かれる。

フェアリーテイル最終回4ガジルとレビィ
(フェアリーテイル 最終回)
そこにはナツだけではなく、ガジルとレビィたちの姿もあった。二人は子作り宣言をしてるのか、はたまた赤ちゃんができたのか、とにかくハッピーな二人。グレイとジュビアもラブラブの様子。

フェアリーテイル最終回5
(フェアリーテイル 最終回)
他にも既に恩赦で開放されたジェラールとエルザも付き合うフラグがピコピコピン。この幸せな空気感に酔いが早く回ったルーシィはそのままダウン。気付くと既に朝。そして、そこにはナツとハッピーの姿があった。何故ならナツがわざわざ部屋に運んであげた。

フェアリーテイル最終回6
(フェアリーテイル 最終回)
ルーシィはこれまでの出来事が不意に蘇ってくると思わず涙。あふれてくる感情を抑えきれないルーシィはナツを抱きしめる。「ナツとハッピーがいなかったら今のあたしはいなかったんだ。本当にありがとう」。

フェアリーテイル最終回7
(フェアリーテイル 最終回)
再びナツとルーシィなど「フェアリーテイル」たちの冒険が始まる…みたいな感じで『フェアリーテイル』が完結します。いきなりルーシィの小説どうこう話が飛んだ気がしますが、良くも悪くも定番な最終回だった気がします。特に批判もなければ過度な賞賛もないといったところか。


フェアリーテイル最終回時の他の漫画家さんのコメント


ちなみにバトル漫画『BLEACH』の最終回などではお決まりに触れておくことがあるんですが、それが巻末の他の漫画家さんのたちのコメント。少年漫画から青年漫画まで多くの雑誌では毎週漫画家のコメントが掲載されてる。当然、有名な人気漫画の最終回となればそれなりのリアクションが期待できるってもんです。

少年マガジン34号 コメント欄2
(少年マガジン34号 フェアリーテイル最終回)
ただ半分ぐらいの漫画家さんしか『フェアリーテイル』に反応なし。『フェアリーテイル』の連載が11年近く続いたらしいですが、ドラクエの話や部屋の片付けの話や自分の新刊コミックや漫画に関する部隊の話。画像だと『不滅のあなたへ』の大今良時ぐらいが「ルーシィを描かせていただけて幸せでした」。さすがに寂しすぎやしないか少年マガジンwww戦友ちゃうんかwww

フェアリーテイル最終回 真島ヒロ
(フェアリーテイル 最終回)
新刊コミックだと掲載されるか知りませんが、『フェアリーテイル』の最終回では端っこに作者・真島ヒロのコメントも載ってるんですが、これまた切ない。まさかの「フェアリーテイルが終わるよと発表しても、どこの雑誌からもオファーが来ませんでした(笑)」。誰か空気読んで声ぐらいかけてやれよwww

イエローモンキーの「乗客に日本人はいませんでした」ばりに何度も頭のなかでリフレインしたのは内緒。多くの有名漫画家さんは出版社や雑誌の垣根を超えて、その漫画家さん担当の編集者がいる模様。だから連載後or連載途中から別の雑誌で新連載が始まるのもそういう編集者さんが裏で動いているかららしい。

だからなんだって話ではありますが、以上『フェアリーテイル』の最終回でした。いずれ漫画考察ブログ「ドル漫」にてフェアリーテイルが面白いか全巻まとめて考察したいと思いますが、予定は未定。

昨年の段階で既にお伝えしてましたが、トヨタ新型ヴィッツが2019年にフルモデルチェンジする予定らしい。現行ヴィッツが発売されたのが2010年12月ですから、フルモデルチェンジするまでに約9年を要するカタチ。

小学校に入学した子供が中学卒業してるぐらいの期間なので、ヴィッツが大衆コンパクトカーという点も合わせて考えると、最近の自動車の中ではかなりフルモデルチェンジするタイミングとしては遅め。最近もマイナーチェンジでハイブリッド化されるなど、ヴィッツはちょこちょこテコ入れされてるもののヤキモキしてるドライバーさんも多そう。

ヴィッツ フルモデルチェンジ ヤリス改名 マガジンX9月号
(マガジンX9月号)
ただフルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンXさんによると、次のフルモデルチェンジで次期ヴィッツは改名するらしい。もっと言えばヴィッツの名前が消滅する模様。決してヴィッツの歴史はそう長くないものの、ここに来て一体何故?


ヴィッツを止めてヤリスにしようず


マガジンXさんの表紙だけでは新型ヴィッツはどんな車名に変更されるか分かりませんが、結論から書くと「ヤリス(Yaris)」に改名する模様。クルマに詳しくない方は「ん?ヤリス?なんだか変な車名」と思う方もいそう。

でも実はヴィッツは海外では「ヤリス」の車名で発売されてる。おそらくヴィッツが「ヴィッチ」に聞こえるから敢えて日本とは別の車名で売り出してるんだと思いますが、要するに国際標準にフルモデルチェンジを機に合わせてくるということ。

確かに日本国内でも外国人労働者が増えましたから、国際的に通用する車名に変えることは、ある意味自然な流れかも知れない。またWRCでヴィッツは活躍してますが、言うまでもなく「ヤリス名」で登録されてる。だからクルマに詳しくない新聞記者やテレビ記者も多そうですから、そういった混乱を避けて素直にブランド力を高めようというトヨタの狙いがあるのでしょう。

ということで、改めてクルマのフルモデルチェンジ情報を扱った自動車ブログ・くるまン。【トヨタ】新型ヴィッツ最新フルモデルチェンジ情報も張っておくので興味がある方はチェックしてみて下さい。果たして新型ヴィッツことヤリスがフルモデルチェンジするのと、他人をダマす以外に能がない嘘つきクソ野郎こと安倍総理が退陣するのとどっちが早いんでしょうか、はてさて。

以上、トヨタ新型ヴィッツ…もといヤリスのフルモデルチェンジ最新情報でした。

随分前に漫画「ハンターハンター」がやっぱり面白いという考察記事も書きましたが、いかんせん休載が多い漫画であることが玉にキズ。HUNTERXHUNTERはバトル漫画おすすめランキングでも常に上位。

ただ最近になって『ハンターハンター』が再び連載が再開されました。もはや連載再開が幾度目になったかは忘れてしまいましたが、『ハンターハンター』の休載期間と頻度も参照。そこで今更ですが連載再開を祝して『ハンターハンター』の考察記事をテキトーに書きたいと思います。

今回の考察のターゲットがメルエム『ドラゴンボール』のセルとメルエムが似てる(すごないマンガがすごい)という評判もあるように、歴代最強との呼び声高い『ハンターハンター』の中でもかなり強いキャラクター。

だから本当にメルエムを倒せるのか、メルエムが死ぬことがあるのか『ハンターハンター』を読んでる最中はずっと思ってました。自分と同じような読者も多かったはず。ただ結論からネタバレしておくと、最終的にメルエムは死亡してしまいます。

つまり前置きが少し長くなりましたが、今回のハンターハンターの考察記事は「メルエムの死因」について触れたいと思います。一体何が原因(死因)でメルエムが亡くなったのかを改めておさらいしたいと思います。


メルエムは一度死にかけるものの無事生存したワケ


まず最初に触れておきたいのが、やはりメルエムが死亡しかけた最初の場面でありましょう。

ハンターハンター28巻 メルエム死亡 ネテロの自爆
(ハンターハンター28巻)
圧倒的に有利な展開で進めていたものの、最終的にネテロ会長は「自爆」という手段で対抗する。あのひょうひょうとしたネテロからは全く想像できない、悪意に満ち溢れた表情と風貌に思わずメルエムものけぞる。確かにただのホラー漫画。

ハンターハンター28巻 メルエム死亡 この時は生き返る1
(ハンターハンター28巻)
そして周囲数百メートルが破壊されるほどの爆発に巻き込まれた結果、最終的にメルエムがどこぞの伝統工芸品のようになってしまう。まさに瀕死の状態。メルエムの部下であるシャウアプフとモントゥトゥユピーたちは爆風をかき分けてメルエムを発見した瞬間、思わず「うおおおぉぉぉおおお王」と絶叫。こんな状態の安倍総理を発見したら、安倍ちゃん大好きのネトウヨちゃんもきっと同じように狂いそう

本当に『HUNTERXHUNTER』ファンなら誰もが記憶に残るであろう衝撃的なシーンでしたが、きっと誰もが完全にメルエムは死亡したと思ったはず。でもメルエムは再び蘇生し、結果的に死亡せず生存することとなります。

ハンターハンター28巻 メルエム死亡 この時は生き返る2
(ハンターハンター28巻)
そのメルエムの蘇生方法がシャウアプフやモントゥトゥユピーの体液や体の一部を食べさせるというもの。ただメルエム生存の場面もそれはそれで衝撃的…もとい笑撃的なシーンで笑っちゃいました。今にもシャウアプフたちは小躍りしそうな勢いですが、真ん中で真顔でスンッと微動だにしないメルエムがツボ。


最後メルエムが死亡した死因は毒


だから結果的に、その時点でメルエムはまだ死亡してないことになります。まあ出し惜しみしても仕方ないので、サクッとメルエムの死因をネタバレしておくとラストは「毒で死亡」します。

ハンターハンター30巻 メルエム 死因は毒
(ハンターハンター30巻)
ラストの感動的なコムギとの場面でも、自分自身の死期を悟ったメルエムが「余は毒に侵され、もう長くはない」と自ら話しています。割りと異論もあったように記憶してますが、確かにメルエムはあれだけ強かったらもはや毒以外の手段はないか。

じゃあメルエムはいつ毒に侵されたのか。いくら死因が毒以外に倒しようがないとはいえ、メルエムがめちゃくちゃ強いわけですから仕込むヒマやスキもないはず。ただ先程のメルエムが一度死にかけたシーンを思い出してください。

実は、そのネテロの自爆時に毒が仕込まれていた。ネテロが爆破したのは「ミニチュアローズ」と呼ばれる小型爆弾を体に仕込んでた。そんな状態でまともに戦われへんやろというツッコミはさておき、このミニチュアローズに「薔薇毒」に類似する強力な毒も同時に仕込まれていた。

しかもすぐ死亡してしまう毒ではなく遅効性があり、同時に毒に侵された被爆者の肉体が感染源となって新たな毒を放出する。まさに『ハンターハンター』内の表現を借りるなら「大量の連鎖被毒者を生み出せる」という極めて非人道的な武器。間違いなく原子爆弾を揶揄ってると思われます。

ハンターハンター30巻 シャウアプフも毒で死亡
(ハンターハンター30巻)
だからメルエムと同じく、部下のシャウアプフたちも最後の死因は毒で死亡してる。

シャウアプフはメルエムの近くに常にいたことと、メルエムを救出するためにミニチュアローズの爆炎の中に入ったことが致命傷となった。ちなみに『ハンターハンター』のカラー版電子コミックを買って気付いたんですが、シャウアプフの髪色がまさかのピンキー。

ハンターハンター30巻 メルエム死亡 パーム
(ハンターハンター30巻)
パームが「数時間の内に王は死ぬ」と断言した場面でも、その背景にはミニチュアローズの毒を彷彿とさせる「薔薇」の描写が描かれています。『ハンターハンター』のキメラアント編では蚊帳の外に置かれてた感があったパームですが、このネテロの爆死を知ってた時点で割りと計画の中枢にいたのか。

以上、メルエム死亡に関する考察記事でした。まだメルエムが生存しており暗黒大陸編で使われるみたいな予想もありますが、さすがにコムギとのラストシーンを考えるとメルエムが生きてる可能性はゼロでしょう。

ちなみに余ドルジ露瓶尊のマンガ考察ブログ「ドル漫」では【ハンターハンター】メルエムとコムギの感動的なラストは別記事でまとめてあるので、もし『HUNTERXHUNTER』にご興味がある方はお暇な時にでもチェックしてみてください。

最近、炎天下の車内で置いておくと危険なもの6選といった自動車記事も書いたんですが、そういえば小中高生さんは夏休みが始まったらしい。

どうせ遊び呆けてるんだろうと思ったりしますが、思い返してみると塾や部活など学生時代はいろいろと忙しかった記憶。下手すりゃ休み前より忙しい学生さんも多そう。少なくともそこら辺のニートよりはよほど働いているかも知れない。

という、どうでもいい余談はさておき、今日2017年7月22日はちょうど『ONE PIECE』の連載が始まって20周年目に当たる記念すべき日。前に作った尾田栄一郎『ONE PIECE』が歩んできた20年の歴史も参照。

そこで集英社はいろいろとイベントを企画。楽天コボでは60巻まで『ONE PIECE』が無料配信中。さすがにダウンロードしまくってしまいました。データサイズ的には3GB近くあったのでスマホだとしんどいか。ちなみにオワコンのTwitterはほぼ見てないのでよく知りません。

他にもONE PIECE20周年目を企画して、つい最近『ONE PIECE magazine』というムック本が発売されました。最初は紙雑誌だけかとガッカリしてスルーしてたんですが、数日前かにこの電子版も発売されました。ぱちぱち。

ONE PIECE magazine vol1
(ONE PIECE magazine)
この『ONE PIECE magazine』というムック本には作者・尾田栄一郎の生仕事現場などが掲載されてたりするんで、ワンピファンはチェックしてみてください。ただそこに尾田栄一郎の直筆コメントも掲載されてたんですが、オヤジギャグ炸裂でちょっといろいろヒドかったw

ONE PIECE magazine vol1 アッポーペン
(ONE PIECE magazine)
例えば尾田栄一郎はiPadプロを購入したそうなんですが、それにちなんで主人公ルフィにリンゴとペンを持たせて、まさかの今更ながらのPPAP。なんだろうこの絶妙なタイムラグ。『ONE PIECE』で言うならドレスローザ編あたりのストーリーを見てるような気分(笑)

ONE PIECE magazine vol1 ちびマルコ
(ONE PIECE magazine)
特にヒドかったのがマルコとちびまる子ちゃんをかけ合わせた、謎のキャラクター「ちびマルコ」。意外と顔がシンクロしまくりwww

ただちびマルコは「やだよぉなんかの権利にひっかかっても、あたしゃしらないよ」と喋ってるんですが、編集者的には権利関係の調整が大変だったらしい。『ちびまる子ちゃん』も同じ集英社系なのでテキトーにどうにかなりそうですが一応そこら辺はしっかりしてある模様。なんとなく事後報告でも良さそうな気もしますが。

ONE PIECE58巻 マルコ
(ONE PIECE magazine)
マルコは白ひげ海賊団の一番隊隊長。なんとなくロギア系の能力者かなと思いきや、一応ゾオン系。希少種の幻獣種。まだ具体的な悪魔の実の名前までは分かってないようですが、『ONE PIECE』のストーリー的にはマルコを捜索中。今後重要な働きをするのか。

ちなみに尾田栄一郎の字が汚いという記事を最近作ったんですが、『ONE PIECE magazine』を読むとどうやらiPadプロで書いたものだったのか。ONE PIECEの公式Instagramに尾田栄一郎の直筆コメントが掲載されていましたが、そちらとは字体が変わってるので。

そういえば『ONE PIECE』がハリウッドで実写ドラマ化が決まったことが話題になってますが、実写キャスト一覧の記事など『ONE PIECE』の考察記事はマンガブログ・ドル漫で増やしていく予定。

随分前にヒーロー漫画「ワンパンマン」が面白いという考察レビューも書きましたが、意外と数少ないおすすめできるヒーロー漫画の一つだと思ってます。いずれおすすめしたいヒーロー漫画ランキングも作りたいと模索中。


そこで今回は『ワンパンマン』の名言を簡単にいくつかまとめてみました。今後は名言の数が増えるかも知れませんが、とりあえず簡単にワンパンマンの名言を5つだけ紹介したいと思います。ぶっちゃけ有名な名言は少ないので軽く読み流し推奨。


サイタマの名言…圧倒的な力ってのはつまらないもんだ


ワンパンマン1巻 サイタマ 名言2
(ワンパンマン1巻)
まず最初の名言は、やはり主人公・サイタマの「圧倒的な力ってのはつまらないもんだ」。

兄・フケガオが弟・マルゴリにステロイド剤・上腕二頭キングを飲ませたことで、マルゴリは巨大な筋肉の化け物に成長。ちょっとしたエバ風デザイン。フケガオ曰く、「最高の知力と最高の肉体が合わされば、地上の全てを征服できる」と豪語。次々と街を破壊していく。

そこへ現れたヒーロー(厳密にはこの時点ではまだヒーローではありませんが)が主人公・サイタマ。このサイタマの挑発で残念ながら兄・フケガオは帰らぬ人になってしまうものの、巨大化した弟・マルゴリは大暴れするものの「俺は最強の男…だから何なんだ?」と涙をホロリ。

結局、一番になった所でその喜びを分かち合う人がいなければ意味がない。最強になることだけが全てではない。ちなみにいずれワンパンマン最強強さランキングも暇があれば作りたいと思ってますです。

その後、マルゴリを一発で倒した宇宙最強のサイタマからポツリと出た名言が「圧倒的な力ってのはつまらないもんだ」。『ワンパンマン』のようなヒーロー漫画・バトル漫画に限らず、スポーツの試合でも実力が拮抗してるから面白い。ワンサイドゲームであれば何のドラマも生まれない。政治でも自民党一強の時代が続くと選挙は面白くありません。

意外と森羅万象の真理を突いた名言かも知れない。


サイタマの名言…俺はテメェらの評価が欲しくてヒーローやってんじゃねぇからな


ワンパンマン4巻 サイタマ 名言
(ワンパンマン4巻)
続いての名言もやはりサイタマから「俺はテメェらの評価が欲しくてヒーローやってんじゃねぇからな!俺がやりたくてやってんだ!」。

巨大な隕石がサイタマたちが住む街に襲来。この隕石をサイタマが一発で粉々に壊して万事解決…かと思いきや、中途半端に隕石が割れたことで更に街が甚大な被害を被ってしまう。そこでサイタマが某ヒーローたちに「この町を破壊した張本人はお前かー!ヒーローやめろ!」と市民たちの前で煽られる。ヒーロー同士の中でもみにくい蹴落とし合い(新人潰し)がある模様。

それに対してサイタマは怯むことなく、「隕石をぶっ壊したのは俺だ!文句がありゃ隕石に言え!俺はテメェらの評価が欲しくてヒーローやってんじゃねぇからな!俺がやりたくてやってんだ!てめぇらの被害なんて知るかバカども!」と言い返す。

これを王道的な名言とは言いにくいかも知れませんが、それでも「他人の評価を気にせず、やりたいように生きる」という名言は真理を突いてるのではないか。これは漫画家さんにでも通じる話。他人の評価は大事ですが、やはり自分が描きたいことを描くことが大事。結果や評価は後から付いてくる…ことが言いたい名言か。

ちなみに隕石の危険度を表す災害レベルは「竜」どまり。【ワンパンマン】災害レベル一覧まとめの詳細については別記事も参照。


ガロウの名言…悪役


ワンパンマン8巻 ガロウ 名言
(ワンパンマン8巻)
続いての名言は少し趣向を凝らして、怪人のガロウから「悪役」。

この名言は『ワンパンマン』の番外編からではあるんですが、酷道流と呼ばれる一味がバングが率いる流水岩砕拳に道場破りにやって来た回。ただ流水岩砕拳の道場にはたまたまサイタマたちが居たため、返り討ちにあってしまう酷道流の一味。

その帰りに怪人・ガロウに出会ってしまい、更にフルボッコされてしまう。ちなみにこのガロウはもともとバングの弟子だった。そこでボロボロの酷道流の一味に何者だと問われて、ガロウから出た名言が「悪役」。

まだ『ワンパンマン』のストーリーでは明らかになっていないものの、ここでガロウが「悪」と言い切ってない点がミソかも知れない。あくまで「役」を演じているだけに過ぎない。この名言には「ヒーローは悪役がいて初めて輝く存在」みたいな意味が込められているのか。先程の名言と合わせて考えると、一人だけ強い存在(サイタマ)がいても世界は回らないという意味なのか。


金属バットの名言…会計がまだだ


ワンパンマン10巻 金属バット 名言
(ワンパンマン10巻)
続いての名言はS級ヒーロー・金属バットから「会計がまだだ」。

前述のガロウが次々とヒーローたちを襲う事例が発生。そこでヒーロー協会の幹部・ゼイミートを守るためにS級ヒーロー・金属バットがボディーガードとして駆り出される。この成金糞野郎・ゼイミート親子の回転寿司の食い方がクソすぎて笑っちゃうんですが、このときに幸運n…不運にも怪人が店内に襲ってくる。

それに対して金属バットが「待てコラ!この店からは一歩も出させねぇぞ!会計がまだだ!」とピシャリと言い放った名言。


アマイマスクの名言…よくもコンサートの邪魔をしてくれたな!死んで償え


ワンパンマン13巻 アマイマスク 名言
(ワンパンマン13巻)
最後の名言はA級ヒーロー・アマイマスクから「よくもコンサートの邪魔をしてくれたな!死んで償え!」。

この名言も『ワンパンマン』の番外編からですが、A級ヒーロー1位・アマイマスクがニューアルバム発売の宣伝も兼ねたコンサート最終日。アイドルにとっては非常に大事な日。鼻ニンニクと懇ろしてるアイドルはアイドルじゃありません。

そこに襲ってきたのが怪人協会からやって来た怪人たち。ただアマイマスクはうろたえることなく、そのまま華麗に踊り歌って対処。アマイマスクはイケメンだけじゃなくて、実力も折り紙つき。どの怪人も為す術がなし。思わず怪人たちもアマイマスクを見て、「コイツ…なんて美しい瞳をしてるんだ」と怯む。

ただアマイマスクは単なる平和主義者でも博愛主義者でもなかった。自らの晴れ舞台を台無しにされたことに対する本音をファンたちを背にして出た名言がそれ。あまりに華麗な振る舞いに対して、思わずファンたちも「これも演出だったのね」と大団円。

以上、『ワンパンマン』の簡単な名言まとめでした。

ちなみにヒーロー漫画『ワンパンマン』の名言16選まとめが本家の名言記事なんですが画像が増えすぎたから、こちらのブログに単に間引きしただけというのは内緒。正直パッとしない名言もあったのはそれが理由。既にマンガ「ワンパンマン」の笑える名言14選という名言記事も既に作ってるんですが、やはり間引き目的の記事になります。

かつて漫画『鋼の錬金術師』全27巻のネタバレ感想もレビューしましたが、今年2017年12月1日に『鋼の錬金術師 fullmetal alchemist』の実写映画が公開されるらしい。その宣伝も兼ねてか、『鋼の錬金術師』は最近モンスターストライクとコラボしてたりしました。いずれゲーム感想ブログ「オレ的ゲームレビュー」でもモンスターストライクが面白いか考察したいと思います。

漫画『鋼の錬金術師』の内容やあらすじについては漫画総合ブログ「すごないマンガがすごい」を参照してもらうとして、今回はあと半年以内に公開される『鋼の錬金術師』の映画版キャスト・キャラクターについて記事化したいと思います。映画版の画像については『鋼の錬金術師 fullmetal alchemist』の予告動画から引用。


ロイ・マスタング…ディーン・フジオカ


鋼の錬金術師9巻 ロイ・マスタング
(鋼の錬金術師9巻)
まずは『鋼の錬金術師』で割りと人気があるキャラクターのロイ・マスタング大佐。炎の錬金術を扱うキャラクター。指パッチンするたびに炎を発生させられる。『鋼の錬金術師』をバトル漫画にカテゴライズしていいかは分かりませんが、まさに王道的な能力の持ち主。

主人公・エドワード・エルリックのことを「鋼の」と呼ぶことで知られています。意外とこういう呼び名でキャラクターの個性を演出できるので是非覚えておきましょう。

鋼の錬金術師 映画キャスト ディーンフジオカ マスタング大佐
(鋼の錬金術師 映画予告動画 YouTube)
このロイ・マスタング役のキャストはディーン・フジオカ。雰囲気的にはやや似てる感じもありますが、ややヒョロヒョロしてる感は否めない。マンガ版のロイ・マスタングの方がもっとシャキシャキしてる雰囲気。


エドワード・エルリック…山田涼介


鋼の錬金術師3巻 エドワード・エルリック
(鋼の錬金術師3巻)
順番はズレましたが続いてのキャラクターは主人公のエドワード・エルリック。通称はエド。国家錬金術師。手をパンと合わせた後、地面に手を付けると土を様々なカタチに形成することが可能。そうやって攻撃したり防御したり、これは映画版『鋼の錬金術師』でも同様にフルCGが施されている模様。

鋼の錬金術師 映画キャスト 山田涼介 エドワード・エルリック
(作:ドルジ露瓶尊)
このエドワード・エルリック役のキャストは山田涼介。ジャニーズジュニアの男の子ということで、画像はまさかの自作画。メリーさんに怒られちゃうのは怖いですからね。一応、映画版『鋼の錬金術師』では似たような場面があるのでなんとなく山田涼介の雰囲気だけは伝わるはず。

まあ自分で言うのも何ですが、山田涼介のアゴなっげ!!www男でも山田涼介はカッコいいと思いますが、何でこんなブスに仕上がったのかは自分でも不明。吹き出しに「シンゴーシンゴー」と入れようかと思いましが、さすがに思いとどまりました。もし山田涼介の人物画を描きたいという方がいればメールしてください。

ただ山田涼介は完全な金髪じゃない。髪の毛の根本に黒い部分が見える気がする。逆に普段から山田涼介は金髪のイメージがあるので、良くも悪くも「エドワード・エルリック感」が薄まってしまっているか。

鋼の錬金術師 映画キャスト アルフォンス・エルリック
(鋼の錬金術師 映画予告動画 YouTube)
ちなみにエドワード・エルリックの弟・アルフォンス・エルリック(通称アル)は、そのままフルCGということで割愛。声優役はアニメ版『鋼の錬金術師』と同様に釘宮理恵ということはないでしょう。


ウィンリィ・ロックベル…本田翼


鋼の錬金術師10巻 ウィンリィ・ロックベル
(鋼の錬金術師10巻)
続いてのキャラクターはウィンリィ・ロックベル。前述のエドとアルの幼馴染の女の子で、エドが錬金術で失った手足の義足を作ってるメカニックスタッフでもあります。性格は気性が荒いものの、デレも見せてくれるキャラクター。

鋼の錬金術師 映画キャスト 本田翼 ウインリィ
(鋼の錬金術師 映画予告動画 YouTube)
このウィンリィ・ロックベル役のキャストは本田翼。隣にちょこっとだけ写ってる金髪が山田涼介。

でも予告動画の本田翼を見る限り、ただただ怖いだけ。本田翼は割りと目つきが厳しいので本気で怒ると割りと怖い。まあイイ女ではあるんでしょうが、今のところデレの部分が見れないのは残念。


マーズ・ヒューズ…佐藤隆太


鋼の錬金術師 マース・ヒューズ
続いてのキャラクターはマーズ・ヒューズ。前述のマスタング大佐と仲が良い子持ちのオッサンキャラクター。

鋼の錬金術師 映画キャスト 佐藤隆太 ヒューズ
(鋼の錬金術師 映画予告動画 YouTube)
このヒューズ役のキャストは佐藤隆太。確かに「良い性格」っぽいキャラクターという点では似てます。佐藤隆太は若干若く見えるのは玉に瑕か。もう少し年を取ると更に良い俳優になりそう。

おそらく役的にマスタング大佐とヒューズはむことが多いため、同じく長身のディーン・フジオカが配役されたのかも知れない。ちなみにヒューズの奥さん・グレイシア・ヒューズ役のキャストは原田夏希。おそらくすぐ顔が思い浮かぶ人の方が少なそうですが、まさかの身長が168cmの女優さん。

マジで主演の山田涼介をイジメるの止めてやれよ、と思ったのは内緒。


リザ・ホークアイ…蓮佛美沙子


鋼の錬金術師10巻 リザ・ホークアイ
(鋼の錬金術師10巻)
続いてのキャラクターはリザ・ホークアイ。前述のマスタング大佐の部下。いかにもサブキャラクターっぽいですが、意外とマンガ版では活躍。性格的にも程よいツンデレちゃん。ただ特徴がありそうで掴みどころが意外と少ないキャラクターなので、演じるのは難しいか。

鋼の錬金術師 映画キャスト 蓮佛美沙子 ホークアイ中尉
(鋼の錬金術師 映画予告動画 YouTube)
このリザ・ホークアイ役のキャストは蓮佛美沙子。なんて読むか一瞬迷いますが、名字は「れんぶつ」と読むらしい。「しゃふつ」とか思ってたヤツあとでちょっと来い。

ただコスプレ感がハンパない。先程の山田涼介は端正な顔立ちでしたから言うほど金髪に違和感はありませんでしたが、この蓮佛美沙子はいかにもアジア顔。眉毛が黒いままなど、どうしても髪型だけが浮いてる印象。でもパイオツカイデーだけは許す。


ショウ・タッカー…大泉洋


鋼の錬金術師2巻 ショウ・タッカー 大泉洋
(鋼の錬金術師2巻)
続いてのキャラクターはショウ・タッカー。イマイチ覚えてない読者も多そうですが、『鋼の錬金術師』の序盤で登場した人体実験野郎。最終的にスカーにあっさりやられてしまうものの、実写映画版では登場。

このショウ・タッカー役のキャストは大泉洋。あくまで「特別出演」ということでストーリーには大きく絡まないか。ただ髪の毛が真逆すぎるので、そこら辺はどう処理してくるのか。とりあえず大泉洋のギャランティはクソ高いらしい。


コーネロ教主…石丸謙二郎


鋼の錬金術師1巻 コーネロ教主 石丸謙二郎
(鋼の錬金術師10巻)
続いての登場人物はコーネロ教主。アニメ版でもマンガ版の『鋼の錬金術師』でも序盤に登場した悪役キャラクター。このコーネロ教主役のキャストは石丸謙二郎。筋肉と美声と電車をこよなく愛するオッサン俳優。

だから実写映画版『鋼の錬金術師』はストーリーの序盤あたりの展開しか描かれないっぽい感じがします。


ドクター・マルコー…國村隼


鋼の錬金術師16巻 映画キャスト マルコー 國村隼
(鋼の錬金術師10巻)
続いての登場人物はドクター・マルコー。このマルコー役のキャストは國村隼。画像はスカーに顔面をやられてる場面ですが、マルコーの弱々しいイメージと國村隼は真逆の印象がありますが果たして。

鋼の錬金術師8巻 スカー
(鋼の錬金術師8巻)
じゃあ肝心の傷の男・スカーのキャストは誰なのかというと、なんと実写映画版ではスカーはそもそも登場しない模様。もしかすると後から新たなキャスト情報が公開されるかも知れませんが、今のところ実写映画版『鋼の錬金術師』では登場しないキャラクターも多いらしい。


実写映画版『鋼の錬金術師』では登場しないっぽいキャラクター


ということで映画版『鋼の錬金術師』では登場しなさそうなキャラクターをピックアップしてみた。

鋼の錬金術師7巻 イズミ・カーティス
(鋼の錬金術師7巻)
例えばイズミ・カーティス。主人公のエドワード・エルリックたちの師匠的な存在。女性ではありながらかなり腕力が立つだけではなく、錬金術もお手の物。まさに史上最強の主婦と呼び声高いか。やはりエドたちと同様に錬金術に関して悲惨な過去を持つものの、残念ながら実写映画版では登場しない模様。

鋼の錬金術師10巻 ホーエンハイム
(鋼の錬金術師10巻)
他にも主人公・エドたちと関係がある登場人物といえば、実父のヴァン・ホーエンハイム。『鋼の錬金術師』のラスボスであるお父様と瓜二つの見た目をしてる重要なキャラクター。かなり腕が立つ錬金術師ではあるものの、その意味に関してはネタバレを割愛。

やはり『鋼の錬金術師』のキーマン的登場人物ではあるものの、やはりヴァン・ホーエンハイムも映画では登場しない模様。だからラスボスであるお父様も登場しなさそう。果たして映画版『鋼の錬金術師』では一体何が描かれるのか。

鋼の錬金術師10巻 ルイ・アームストロング
(鋼の錬金術師10巻)
他にもルイ・アームストロングも実写映画では登場しないらしい。ヒューズ大佐の部下であり、筋肉の魔術師。作中では豪腕の二つ名を持つ国家錬金術師。最初は石丸謙二郎の名前を聞いた時、真っ先にルイ・アームストロングが思い浮かんだんですが、やはりこの髪型とヒゲが似合う俳優はそうはいないのか。

鋼の錬金術師9巻 ランファン
(鋼の錬金術師10巻)
他にもランファンも登場しないっぽい。映画版では夏菜が登場すると聞いた時は、ランファンこそが似合いそうに思いましたが、どうやらシン国の登場人物がまるまる登場しないっぽい。だからリン・ヤオやフー、メイ・チャンなども映画版では不登場らしい。

鋼の錬金術師10巻 キング・ブラッドレイ(ラース)
(鋼の錬金術師10巻)
一番驚いたのが、ホムンクルスのリーダー的存在であるキング・ブラッドレイ(ラース)も実写映画には登場しないこと。最初、國村隼の名前を聞いた時は、真っ先にこいつの顔が浮かんだのはオレだけか。

このキング・ブラッドレイは名前の通り、めっちゃ強い。だから『鋼の錬金術師』のキャラクターの中では敵ではあるものの粋な性格をしてて、個人的にも世間的にもトップクラスでカッコいいオッサンではないか。だから出さないなら出さないで冒険。さすがに主役の山田涼介を食ってしまうからか。

ちなみに記事が長くなりすぎたので、他のホムンクルスについては映画版『鋼の錬金術師』キャストがヒドいwという記事を参照してください。そちらの『鋼の錬金術師』の記事でラストやグラトニーの配役キャストを書いてます。


鋼の錬金術師映画版キャスト・キャラクターまとめ


以上、『鋼の錬金術師』の実写映画版キャスト登場人物一覧でした。できるだけ主役のエド役・山田涼介を盛り立てようとした結果の配役キャストであり、また同時にそんなストーリーになっているのかも知れない。言ってしまえば、良くも悪くもありがちなジャニ映画の範疇にとどまっていそうか。

いずれ『鋼の錬金術師』についてはバトル漫画おすすめランキングファンタジー漫画おすすめランキングに入れたいと思います。ただ予定ははるか先まで未定。

少年ジャンプを代表するおすすめバトル漫画ランキングを作れば、おそらく間違いなく上位に不動にランクインするのが『ONE PIECE(ワンピース)』。この『ONE PIECE』が今月20周年目を迎えます。それを記念して少年ジャンプでは色んな企画が催されている模様。是非少年ジャンプ本誌かジャンプ+を参照。

この『ワンピース』の作者と言えば、我らが尾田栄一郎(本名)。この尾田栄一郎は『トリコ』の作者・島袋光年と仲が良いらしい。そこで今週の少年ジャンプ33号では、これまでの尾田栄一郎との経緯を漫画化した島袋光年の読み切りが掲載されてました。


尾田栄一郎と島袋光年はデビュー前から友達


そこにどんなことが描いてるのかなーと思うと、割りと詳細に内容が描かれてました。

スリムクラブの片割れと仲が良かっただけあって、島袋光年は沖縄出身。当時高校生だった島袋が手塚賞赤塚賞受賞作品集を読んでると、そこに尾田栄一郎こと「月火水木金土(つきひみずきこんどう)」の準入選作品「WANTED」が掲載されてた。当時、尾田栄一郎は17歳。まさに天才と思ったらしい。

その後、高校を卒業した島袋光年は上京。バイトをしながらせっせと集英社に持ち込みしていると、ジャンプ増刊号で見かけたホップ☆ステップ賞入選作品「一鬼夜行」が面白いなーと思ったら、やはり尾田栄一郎。ペンネームから本名に変わっていたものの、絵柄から島袋光年はピピンと来た。「奴だ!」。

一方、島袋光年は自らを「凡才」と称して、尾田栄一郎と対比的に描いてるわけですが、手塚赤塚賞2大賞パーティーにお呼ばれするなど、一応晴れて漫画家と名乗るぐらいの功績は残していた。

そしてこのパーティーで二人は初めて出会う。尾田と島袋は同世代ということもあって、なんやかんやで意気投合。夜通し色んな漫画のキャラクターなどを描きあうなど、青春よろしく仲良くなったらしい。やっぱり漫画家は何かを描いてなんぼやね。

今はどうか知りませんが一緒の部屋で呑んで熱い漫画談義を交わすなど、デビュー前は島袋光年以外とも和気あいあいと楽しく過ごしていたとのこと。割りと一匹狼タイプの漫画家も多そうですが、しっかり尾田栄一郎は社交性があるらしい。


ONE PIECE直前にリーダー伝たけしも連載が始まる


何が運命的なのかというと二人の年齢もそうなんでしょうが、実は『ONE PIECE』の連載が始まる直前の33号に島袋光年の『世紀末リーダー伝たけし!』の連載が始まっていたらしい。確かに当時の記憶としては並んで連載してた記憶がありますが、まさかほぼ同時期とは思ってませんでした。

ちなみに漫画『ONE PIECE』の20周年の歩み・歴史もお暇な時にでもチェックしてみてください。

だから当時は尾田栄一郎と島袋光年は二人で結構励まし合っていたらしい。その仲の良さが分かるのが当時送り合っていたFAX。ということで、この記事の本題にようやく入りたいと思います。一体どんなファックスを尾田栄一郎は島袋光年に送っていたのか。

少年ジャンプ33号 尾田栄一郎 島袋光年 FAX1
(少年ジャンプ33号)
先に連載が始まった島袋光年の『たけし』は1話目でアンケート一位に輝いたらしいんですが、そこで尾田栄一郎が送ったFAXがコチラ。「こらっ!たけしっ!あんな面白いのかいちゃいかん!!1位おめでとうコノヤローッ!!」と悪ぶりながらも、しっかり島袋光年への愛が読み取れます。ルフィの原型すら読み取れるか。

ただ翌週からは『ONE PIECE』の連載が始まったため、そこからはアンケート一位の常連は尾田栄一郎になるんですが、やはり『ONE PIECE』も1話目からアンケート一位。そこで同じように島袋光年がお祝いのファックスを送る。

少年ジャンプ33号 尾田栄一郎 島袋光年 FAX2
(少年ジャンプ33号)
そこで返ってきた尾田栄一郎から返信ファックスがこちら。やはりしっかり画付き。当時はジブリの『もののけ姫』が流行っていたこともあって、ちゃっかり時事ネタも盛り込む。全部手書きのファックスだからこそ、こういった微笑ましいやり取りができた模様。

今の漫画家さんたちは一体何で連絡を取り合っているんでしょうか?

少年ジャンプ33号 尾田栄一郎 島袋光年 FAX3
(少年ジャンプ33号)
残念ながら島袋光年のJKと遊びたい事件には触れられていませんが、島袋光年の妹が入院した2003年に尾田栄一郎がわざわざサインを書いてあげたエピソードも微笑ましかった。事件もあっただけに尾田栄一郎的には島袋本人への応援もあったのかも知れない。

本当に一度でいいからこういうイラスト欲しいものです。尾田栄一郎には是非パイオツカイデーなナミを描いて欲しいものです。

ちなみに今更ですが漫画『ONE PIECE』のあらすじ徹底まとめも作ったので良かったらご覧ください。『ONE PIECE』の大まかなストーリーを知らない人も少ない気もしますが、全編フルカラー画像を使用しているのでお暇な時にでもどうぞ。

『不能犯』の1巻から5巻のネタバレ感想をレビュー。作者は宮月新(原作)と神崎裕也(作画)。出版社は集英社。ジャンルは青年コミックのサスペンス漫画。AmazonのKindleや楽天koboなどでも試し読み・立ち読みできます。

この『不能犯』は2013年から連載が始まった漫画なんですが、2018年に実写映画版が公開予定。そこで今回は『不能犯』の既刊済みコミックのネタバレ感想をレビューしたいと思います。映画版『不能犯』でも設定やあらすじは大きく変化は見られないはずですので、テキトーに映画を見る価値があるかなど参考にしてください。


不能犯のあらすじ・登場人物キャラクター


主人公は宇相吹正(うそぶきただし)という殺し屋。電話ボックスに貼られた依頼メモを受け取って、そのメモに書かれた復讐したい相手を次々と殺していく。神出鬼没かつ狙った獲物は逃さない完璧に任務をこなす謎の男。

不能犯1巻 あらすじ1
(不能犯1巻)
例えば宇相吹正が夜目という女性刑事の腕を舐めると…

不能犯1巻 あらすじ2
(不能犯1巻)
その舐められた腕が途端に腫れ上がる。まさか宇相吹正は毒の使い手かと思いきや、もちろんNO。実は宇相吹正の武器は「思い込み」。女性刑事は「宇相吹正に毒をもられた」という思い込みで腕が勝手に腫れ上がっただけ。それほどまでに「人間の思い込み」という力は強い。

不能犯1巻 あらすじ3
(不能犯1巻)
河津村という刑事も「人間は一度思い込んだら、その呪縛から逃れることはできない。真実なんてものは二の次だ」と一言。実は夜目という女性刑事は、河津村の息子を冤罪の罪で死に追いやった過去を持つ。そのため河津村が宇相吹正に依頼を出していた。

不能犯1巻 あらすじ4
(不能犯1巻)
どんどん宇相吹正に追い詰められていく夜目は腫れ上がった腕に人相みたいな幻覚を見るようになって、ついに…。「落ち着くのよ、こんなのただの思いこみ。だからさっさと削り取ってしまえばいい」という発想が、既に思い込みだった。まさに思い込みから逃れようとするたびに自縄自縛に陥る。

果たして宇相吹正の目的は何なのか?そして宇相吹正の蛮行を止めることはできるのか?という内容の漫画。


「思い込み」というアイテムが意外と汎用性が高い


まず宇相吹正が使う「思い込み」に関して触れておくと、これが意外とどんな場面でも使える。

不能犯3巻 宇相吹正の思い込み1
(不能犯3巻)
例えば宇相吹正にイケナイお薬を盛られたと思い込まされたカップルが、夜でもあたりかまわず腰振りアッハンウッフン。でも二人の背景をよく見ると嫌な予感。

不能犯3巻 宇相吹正の思い込み2
(不能犯3巻)
何故ならそこは線路の上だった。当然二人はそのまま…。だから「思い込み」という武器は扱いに難しいかと思いきや、実は幅広い殺し方が可能。そこにワンパターン性がないので面白いと思います。


基本的にオチが毎回ムナクソ展開www


『不能犯』のストーリー構成はオムニバス形式。基本的に毎回一話単位で完結します。それ故に色んなパターンの復讐が描写されるわけですが、このオチが見事に毎回ムナクソ。普通であればせめて復讐を依頼した側が救われるものの、最終的には依頼した側も最終的に宇相吹正の手によって…というケースも多々。

不能犯2巻 体育教師と女生徒1
(不能犯2巻)
例えば自分好きな幼馴染のお姉さん・理沙が、ある日、体育教師の乱暴されてる場面に出くわす男の子・勇人の話。昔から気弱だった勇人は何も出来ずにただ見てるだけ。

不能犯2巻 体育教師と女生徒2
(不能犯2巻)
そこで勇人は理沙を強引に連れ出して、体育教師をターゲットにしてほしいと宇相吹正に依頼。ただ理沙は被害者であるはずなのに、「何言ってるの?」と何故かうろたえている様子。勇人が体育教師のセクハラを告発しようとしたときにも、理沙はソワソワ。

それもそのはず。実は嫌がってるように見えて、理沙は体育教師と付き合ってた。嫌よ嫌よも好きのうち。しかも勇人は二人が付き合ってたことも知ってた。冷静に考えると、二人は付き合ってたわけだから最終的にはイチャコラしてたことは言うまでもありません。

不能犯2巻 体育教師と女生徒3
(不能犯2巻)
だから勇人が復讐のターゲットにしてたのは体育教師だけではなく、自分に一向に振り向かない理沙に対しても向けられていた。そこで宇相吹正に理性のリミッターを外してもらったことで、爆発的な力を発揮。「好きだよ理沙姉、どこにも行かせない…離さない…」。しかもオチはまだもう一捻りあるのでネタバレは止めておきます。

他にも軽くネタバレしておくと、スーパーで働くしがないシングルマザー店員・江口の話。ある日、公園で高校生同士のイジメに遭遇。その中に自分の息子がいた。でも女性ということもあって何も出来ないまま、思い悩む日々。仕事でもミスが多発。

不能犯4巻 イジメ1
(不能犯4巻)
それを見かねた優しいスーパーの店長がたまたま江口の手帳を見ると、高校生同士のイジメを盗撮した写真を発見。思わず「江口さんの息子が…」とガタガタと震え出す店長。そこでお節介にもスーパーの店長が宇相吹正に依頼を出す。

不能犯4巻 イジメ2
(不能犯4巻)
じゃあ万事解決と言えば、もちろんNO。実は江口といじめられっ子は赤の他人。いじめられっ子も江口に抱きつかれた瞬間、思わず「おばさん…誰?」とポツリ。一体どういうことなのかというと、実は江口の息子はイジメてた側。とんでもない不良側だった。

そこで江口が息子を前科者にしないように、裏でこっそりといじめられっ子の命を奪おうと画策してたという話。でも作者・宮月新が仕掛けたトリックは、まだここで終わらない。

不能犯4巻 イジメ3
(不能犯4巻)
何故ならこのいじめられっ子の父親こそがスーパーの店長だった。どんだけ人間関係グチャグチャやねんって話ですが、先程の店長のセリフは「江口さんの息子がイジメられていた」ではなく、「江口さんの息子が自分の息子をイジメてた」だった。

ようやくここで万事解決…するわけじゃないんですね、やっぱり。

不能犯4巻 イジメ4
(不能犯4巻)
この話のオチは江口に返り討ちにあった店長も亡くなってしまう。江口家族はもろとも死ぬものの、生き残ったのはイジメられていた息子一人のみ。いや、そこは素直に二人とも助かるパターンでええやん。まさに全滅www最後の宇相吹正の「愚かだにゃん人間は」という捨てゼリフもいろいろとヒドい。


ストーリーがもはやひっかけ問題


だからムナクソすぎるオチが印象に強く残るものの、『不能犯』のストーリーの構成力が実は巧み。もっと言えばキャラクターが持つ二面性・様々な背景の違いの描き方が上手い。見る立場によって、その人物の見え方が全く異なる。

不能犯5巻 黒沢いずみはクズ男好き1
(不能犯5巻)
黒沢いずみというボランティア活動に勤しむ女性の話(麻子という女性刑事の友人)。学生時代から黒沢いずみは真面目な性格だったものの、今の彼氏は日中から酒浸りのドクズ。しかも暴力グセもある。

真面目な女性ほど変な男に引っかかりやすい定説がありますが、当然、刑事である麻子は別れさせようと目論むものの、何故か黒沢いずみは断固拒否。DV被害者の女性は暴力を振るわれても、その直後に優しくされるので泥沼から逃げられないという話はよく聞きます。

ただ、もちろんそんなありきたりな話ではございません。

不能犯5巻 黒沢いずみはクズ男好き2
(不能犯5巻)
実は黒沢いずみは別の男性と結婚してた既婚者。でも家庭では完全に一人だけハブられていて、自分が作った食事は台所に全部捨てられている始末。さすがに悲惨すぎて苦笑いしかできませんが、その不満や寂しさのはけ口としてドクズ男に向けられていた。

ドクズならドクズで何もできないが故に、黒沢いずみに何でも頼り切ってしまう。ただ黒沢いずみからしたら「頼られること」が気持ち良い。結果的に不倫してたことになるので黒沢いずみもクズではあるものの、ある意味「黒沢いずみも被害者」と思わず同情してしまいます。

不能犯5巻 黒沢いずみはクズ男好き3
(不能犯5巻)
ただ途中でクズ男が勝手に改心してしまって就職活動をしだす。普通であれば喜ぶべき話なんですが、黒沢いずみからしたら「自分に頼ってくれる存在が消失」してしまうようなもん。だからクズ男の話を聞いた時には思わず「仕事なんてダメよ!貴方はずっとクズ人間のままでいなきゃ!」とめちゃくちゃ言うwww

このオチでも宇相吹正はヒドいことするんですが、「一体誰が一番クズキャラクターでしょう?」という軽いひっかけ問題。


宇相吹正 vs 夜目結夏 vs 多田刑事


一応、『不能犯』5巻以降の展開をネタバレしておくと、宇相吹正を追い詰めるキャラクターがもう一人増えます。それが夜目結夏(やめ・ゆか)。

不能犯5巻1夜目結夏
(不能犯5巻)
この夜目結夏は一話目で宇相吹正に殺された夜目美冬の姉。結夏はアメリカでカウンセラーをやってたものの、妹・美冬を助けに来れなかったことに自責の念を感じてる。そこで宇相吹正に復讐を目論む。

不能犯5巻2夜目結夏
(不能犯5巻)
ただ復讐心で支配されてるせいか、独善的で利己的。さっきの可愛らしい表情はどこ行ったん!?というぐらいの醜悪な表情。一方の多田刑事も復讐心はあるものの、宇相吹正を正攻法の手段で逮捕したい。何故なら殺意というネガティブな気持ちがあると、実は宇相吹正の瞬間催眠が効いてしまうから。

今後のストーリーはちょっとした三つ巴のような展開が待っている模様。果たして結末はどうなるのか。嫌な予感しかしませんが、『不能犯』6巻の発売日は実写映画の公開と合わせてくるのかなーと思います。


マンガ 不能犯1巻から5巻のネタバレ感想レビューまとめ


以上、マンガ『不能犯』1巻から5巻までのネタバレ感想でした。

一言でまとめるなら、ここまで気持ちの良いムナクソ漫画はドラマや映画を含めてもなかなか見当たらないでしょう。ボタンの掛け違い一つで死ぬべきではない場合でも、その依頼を粛々と実行する宇相吹正。オチはとことん殺し殺され損。

依頼主ですら最後は返り討ちにあって死んでしまい、まさに誰も救われない。でも依頼主も誰かに命を狙われているようなクズ。だから読後感としては何とも言えないものだけが残り、本当に主人公・宇相吹正の「愚かだね人間は」というセリフを見事に象徴・凝縮してるような漫画。

でもキワモノ路線に走ってるだけではなく、『不能犯』は読ませ方が実はしっかり上手い。依頼主が最初はさも善人であるかのように見せる技術や話の構成力、キャラ同士のボタンの掛け違いなど一話一話のストーリーには色んな仕掛けやトリックが仕込まれてる。そんな「実はアイツが…」という意外な展開の連続で楽しませてもらえます。

『不能犯』は発行ペースが遅いのはやや難ではあるものの、こういったジャンルが好きであれば一度は読んでおきたい漫画。本当にド変態の広瀬アリスあたりが好きそうなクズ漫画。

ちなみに内容はほとんど変わりませんが、本家のネタバレマンガ考察ブログ「ドル漫」では、主に面白いかつまらないかの視点で考察した漫画『不能犯』が救いゼロすぎて逆に面白いというレビュー記事も良かったら参照。一応取り上げてあるネタや画像は全て違います。

『ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)』のあらすじ感想をレビュー。作者は藤巻忠俊。掲載誌は少年ジャンプ。出版社は集英社。ジャンルは少年コミックのゴルフ漫画。作者・藤巻忠俊が宣言した通り、新作はゴルフ漫画で挑戦してきた模様。

既にAmazonや楽天ブックスなどでも立ち読み・試し読みできますが、今回は簡単に『ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)』のあらすじを簡単に解説したいと思います。一応画像付きということでWikipedia情報よりは役立つでしょう。


ROBOT×LASERBEAMのあらすじ内容・登場人物


最近のゴルフといえば、もっぱらパワーゴルフが主流。とにかく飛距離を伸ばすことを「是」としたスタイルが日本のゴルファーのみならず、世界中のゴルファーの中では定着していた。とりあえずカップにボールを近付けなきゃ意味がない。

例えば日本ゴルフ界期待の高校生ゴルファー・三浦鷹山(みうらようざん)も圧倒的なフィジカルを活かし、もっぱらパワーゴルフを主体としていた。実際そのスタイルのおかげでプロの中に混じって戦っても、戦績はトップクラス。

ロボレーザービーム1巻 あらすじ1
(ロボレーザービーム1巻)
しかしある日、その三浦鷹山を驚愕させるほどナイスショット(インパクト音)を打つ男がいた。ゴルフに限らず、野球にしても芯に当たると素人でも違いが分かるぐらいキレイな快音が鳴り響きます。この三浦鷹山にして「化け物みてーに上手い奴がいる」と震える。

ロボレーザービーム1巻 あらすじ2
(ロボレーザービーム1巻)
この快音を鳴り響かせていた正体が、今作『ロボレーザービーム』の主人公・鳩原呂羽人(はとはらろばと)。通称・ロボ。何故なら感情ゼロ、表情ゼロ、真面目で几帳面、空気が読めずに整理整頓好きだから。

しかしロボの集中力は凄まじく、父親の元で日々パッティングの練習を行っていた。そのためレーザーのような真っすぐのショットを放ち、ロボのように正確なゴルフを行うことができた。でもロボはゴルフ競技にはこれまで一切関わっておらず、まさに完全な無名素人。

ロボレーザービーム1巻 あらすじ3
(ロボレーザービーム1巻)
今まさに正反対の2人の天才が相見えようとしていた。果たして鳩原呂羽人と三浦鷹山の出会いは日本ゴルフ界に一体何をもたらすのか。世界有数のトップゴルファーに立ち向かうことはできるのか。ロボはパワーゴルフを打ち砕くことはできるのか。

以上、『ロボレーザービーム(ROBOT×LASERBEAM)』の簡単なあらすじでした。もう少しレビューしても良いんですが、大体ざっくりこんな内容のスポーツ漫画です。作者・藤巻忠俊の前作『黒子のバスケ(全30巻)』と同様に、主人公は敢えて「典型的な主人公像から外してきた」ようなキャラクター設定っぽいです。

ちなみにゴルフ漫画「ロボレーザービーム」が面白いか考察した記事も良かったらご覧ください。