バズマン。

健全な漫画の感想ブログ。基本的に面白いマンガだけレビューしてるつもり。

【スポンサーリンク】

ヒカキン読み切り漫画1
『HIKAKIN物語』のネタバレ感想をレビュー。作者は広瀬俊と佐藤勇。少年マガジン21・22合併号で掲載された読み切り漫画。タイトル通り、YouTuberのヒカキンを題材にしたマンガになります。ちなみに久しぶりに少年マガジンを読んだら、大今良時の『不滅のあなたへ』がかなり下位に掲載されてて驚いた。やはりテーマや世界観が読者から遠すぎるので、当然といえば当然かブンブン。

ヒカキン 吉高由里子 パナップCM
ヒカキンといえば最近サッカーの三浦知良とCMでコラボしたり、今さっきYouTubeを見たら吉高由里子とパナップのCMでコラボしてました。吉高由里子の顔が小さいのか、ヒカキンの顔が大きいのか、その真相は自分には判断しかねます。とりあえず大人気YouTuberさん。


HIKAKINの過去を偽りなく紹介


『HIKAKIN物語』の内容をざっくり言えば、ヒカキンが生まれてから今に至るまでをマンガ化されてます。まずはインタビュー形式という体を取って、ヒカキンの小学生時代から始まる。

ヒカキンの夢はスキージャンパーとしてオリンピックに出場することだったらしい。若干嘘くさく聞こえますが、ヒカキンの出身地は雪国の新潟県妙高市。近くに大きなスキー場がたくさんあったらしく、おそらくウソではないはず。

そこでヒカキンは上下関係の厳しさを教え込まれたとのこと。だからヒカキンが下っ端YouTuberにタメ口きかれて怒ってた動画がありましたが、あながちガチだったんだと思います。でも残念ながら、小学6年生で限界を感じてフェードアウト。

ただヒカキンが代わりに見つけた夢がヒューマンビートボックス。昔フジテレビ系で放送されていた「ハモネプ」に触発された、というヒカキンファンなら誰でも知ってる流れに。高校卒業後、ヒカキンはヒューマンビートボックスで有名になるために上京。

ヒカキン読み切り漫画2 スーパーの店員
そしてヒカキンはスーパーの店員に!シバターあたりにやたらとディスられている過去もしっかり紹介されてる。だからややもすると美化されがちなジャンルではあるものの、割りとあけすけにHIKAKINの過去がつぶさに描写されている印象。


HIKAKINも経験した挫折と困難


時系列がやや異なりますが、上京前にHIKAKINは16歳でYouTubeに出会ってる。現在からちょうど10年前ぐらい。そう考えたらYouTubeの歴史も割りと長い。

ヒカキン読み切り漫画3
でも当初のYouTubeは登録画面など含めて全て英語。今では考えられませんが、ヒカキンはめげずになんとか動画を投稿できるようになる。まさに執念。x-video程度でもここまで辞書を片手に奮闘できるスケベ青少年がどこまでいるんでしょうか?

つまり何故「HIKAKIN」とアルファベットなのかというと、当初のYouTubeが全て英語でしか対応してなかったからだと推察されます。いわば努力の名残。ちなみにヒカキンのニックネームは、小学生時代から呼ばれていたアダ名っぽい。

だからヒカキンもなかなかの苦労人。最初はYouTuberではなく、ヒューマンビートボックスの有名人になりたかった。そこでクラブやライブに延々と出演していたとのこと。

ヒカキン読み切り漫画5
でも頑張りすぎる性格が仇になって練習しすぎた結果、喉を痛めてヒカキンは吐血。結果的に、ヒカキンはヒューマンビートボックスの大会で敗北。

ヒカキン読み切り漫画4
しかもYouTubeでもそこそこ有名人になっていたにも関わらず、ヒカキンは一度YPP(ユーチューブパートプログラム)にも拒否られる。

今でこそYouTubeはほぼ誰でも収益化するのは可能になりましたが、だからこそネトウヨやヘイト動画などが問題視されているわけですが、当時のYouTubeの審査はかなり厳格だった。ヒカキンもご多分に漏れず、その餌食になっていた。

でも、本当にこういうアフィリエイトなどの審査はマジで意味不明。基準があってないようなもんだから、YouTubeに限らずでしょうが、ブログやってる人には意外とあるあるネタ。だから思わずヒカキンは経験してたことに共感してしまいました。


ヒカキンファンなら共感できる内容


一応それなりに再生回数やイベントで結果は残してるものの、ヒカキンはずっとスーパーの店員から脱せない状況が続く。

ヒカキン読み切り漫画6
でもHIKAKINはへこたれへん精神を全開。スーパーの商品を運びながら「俺はビートボックスで日本一になるんやで!!」と再び粉骨砕身。その後はハモネプにも出場したり、ヒューマンビートボックス以外の動画をアップロードするようになり更に人気者へと成長。

ヒカキン読み切り漫画7
何故ヒューマンビートボックス以外の動画を上げるようになったかというと、視聴者の声があったから。「ただ動画を見に来てくれてるわけじゃない。僕に会いに来てくれてるんだ」とHIKAKIN。一応コメントは今でも律儀にチェックしてるらしい。

そして楽しんでもらいたいという一心で距離感の近い動画を作ることに注力。ヒカキンは毎日変顔するようになった。ただヒカキンがすごいのは、しっかりYouTube全体を俯瞰してること。

ヒカキン読み切り漫画8
最近は過激な動画をアップロードするYouTuberも多いですが、ヒカキンは「僕がもっとエンターテイナーとして成長すれば、おのずとYouTuber自体の社会的地位も向上する。そうすればYouTuberは安心した職業になり、喜びの連鎖が増えていく」と満面のキラッキラッの笑顔。もはや菩薩様。

どこぞの企業案件大好きのしょうもないYouTuberとは違いまっせー。ややもすると「見てる人に嫌な想いをさせる」ようなシバターあたりを暗にディスってるのは気の所為でしょう(笑)


結果的にYouTuberの夢を諦めたくなる?


だから『HIKAKIN物語』にはヒカキンの本音が込められており、きっとヒカキンキッズたちの心にも響いたはず。そしてYouTuberを目指す子どもたちに対するヒントと答えがたくさん詰まってる。読んで損はしないはず。

じゃあ『HIKAKIN物語』を読んで自分もなろうと思えるかと言えば、NO。むしろYouTubeを目指す子どもたちは減りそう

何故ならHIKAKINはかなりの努力家。身近な存在だからこそ、多くのキッズは「YouTuber=楽な職業」と思いがち。でも実際にはHIKAKINは変顔だけしてるだけじゃなく、しっかり物事を考えてる。大人ですらとてもヒカキンの真似はできない。

ましてやヒカキンの人気が出たのは成人してから。キッズがキッズYouTuberとして人気が出る方法までは書かれていない。ヒカキンはスーパーの店員という経歴があったからこそ、その知識もいろいろと活かして商品紹介などにつなげてる。

現在のYouTuberの中でもどれだけ「社会的地位」や「YouTube全体の発展」などを考えて、毎日動画をアップロードしてるヤツがいるのかって話。結果的に「YouTubeの夢を諦めさせる」ような内容になってる点では「ヒドいwww」かも知れない(笑)


YouTubeは最低な動画ばかり?


ただ、そもそもHIKAKINだけが頑張ったところで、現在のYouTubeはクソみたいな動画で溢れてるのが現状。

例えば、子供たちに憎悪を掻き立てるKAZUYAや某国のイージスといった差別ヘイトアカウント。テレビ番組をそのまま転載してる違法動画も未だに目立つ。

もしヒカキンがYouTube全体の発展を本気で願うのであれば、uuumが率先的にそういった動画の排除にも関与していくべきでしょう。せめて会社として何らかの宣言ぐらいはしていいはずです。そうしなきゃYouTube全体のイメージが変わることは少ないでしょう。


HIKAKIN物語の総合評価 評判 口コミ



以上、『HIKAKIN物語』のネタバレ感想でした。伝記モノとしてはそつなくまとまっており、不自然な誇張や偽りはなかった印象。良くも悪くも、ヒカキンの等身大が描かれていた気がします。もしヒカキンを知らなくても、YouTubeという存在自体を知ってたらそれなりに読めたのではないか。

またヒカキンはルックス的になかなか美化しようがないんでしょうが、読者にとっての最善が何かを考えるのはとても重要。「努力」「マーケティング」「根性」はプロの漫画家にも通じる部分は多く、ヒカキンの姿勢に学ぶべき点も多かったのではないか。

ちなみにヒカキンに匹敵する人気YouTuber・はじめしゃちょーの物語も再来週の次号少年マガジンに掲載されるんですが、その『はじめしゃちょー物語』のネタバレ感想は既にFC2「すごないマンガがすごい!」でレビュー済み。ただはじめしゃちょーの場合はいかんせんタイミングが悪すぎて、オチが上手いことオチてないという(笑)

『stand by me 描クえもん』1巻のネタバレ感想をレビュー。作者は佐藤秀峰。ジャンルはコミック漫画家漫画。AmazonのKindleや楽天などでも試し読み・立ち読みが可能です。以降は『描クえもん』で統一。


どっかの新聞社と揉めた件


最近、この『描クえもん』を巡って、作者・佐藤秀峰とどっかの新聞社が揉めてて話題になったらしい。

その新聞社が『描クえもん』を取り上げるにあたって、何故か誤って一話まるまるアップロードしちゃったらしく、それに気付いた佐藤秀峰が注意するツイート。新聞社は慌てて公開を取りやめるという顛末がありました。

新聞社は別の会社から提供されたネタを流したものの、一話まるまるアップロードしてはいけない」と注意されなかったので気付かなかったとのこと。だから、そこで素直に謝罪すれば済む話だったんですが、その新聞社がやたらと「僕達のミスではありませんが結果的に…」と責任回避の文言を入れたがって問題がとろ火並に炎上し続けました。

著作権どうのこうのと弁護士ドットコムまで便乗してきましたが、どう見ても「企業としての謝罪のあり方」が問題だろうと思ったのは内緒。あそこまで往生際が悪いと清々しいレベルで、自民党のポンコツ復興大臣並に笑ってしまいました。

そこで特にレビューするつもりもなかったんですが、今回はサラッと『描クえもん』がどんな漫画だったのか簡単に感想を書いてみた。

ちなみに最近「ドル漫(d-manga.net)」という新マンガブログを立ち上げて、既におすすめファンタジー漫画ランキングも執筆済み。ただ、このブログを使ってバックリンクを増やしながら、徐々に時間をかけて引っ越しします。「ガチで面白いおすすめマンガランキング」もいずれ移動させる予定。


描クえもんのあらすじ


主人公は満賀描男(まんがかくお)。プロの漫画家デビューを目指している23歳の青年。これまで何度か漫画雑誌の新人賞に応募するものの、鳴かず飛ばず。今は某漫画家のアシスタントして食いつなぐ日々。

描クえもん1巻 あらすじ1
そんな描男の前に現れたのが、謎のハゲたオッサン。しかも描男の未来の姿を名乗り、ましてや「お前…漫画家目指すのやめろ」と言い出す始末。果たして、このハゲたオッサンの主張する意味とは何なのか。

でも、どこか憎めないオッサン。言ってることが事実なら、そりゃあ自分自身なのだから当たり前の話。描男との奇妙な同居生活が続く。やはり口を開けば「漫画家をやめろ」の一言。最初は気にせずスルーしていたものの、やはりプロデビューの糸口は一向に見えない。次第に同調していく描男。

そして、ある日、ハゲた自分と居酒屋で酒を酌み交わす。やっぱり漫画家の道を諦めると言うと、何故かハゲた自分は浮かない顔。そんな話を聞いていた酔っぱらいが絡んでくる。「くだらないことはやめたほうがいいぜ」と笑う。

描クえもん1巻 あらすじ2
ただハゲはカチンと来た。「そうやって傷付かない場所から這いつくばってる人間を見下して何が見える?よう傍観者、当事者にしか見えない景色があるんだぜ?独りで戦って何が悪い?お前にそれができるのか?」とすごむ。

描男は「やめろよ恥ずかしい」と言いつつも、ハゲの言葉にココロが震えた。「僕はマンガが好きなんだ。だからマンガを描くんだ」。再び描男は漫画と向き合った。そして一ヶ月後、描男はある漫画雑誌の新人賞で努力賞に選ばれる。

描クえもん1巻 あらすじ3
それをハゲに伝えると、何故か前髪だけがふぁっさぁ~と健気になびいていた。「未来は変わる。僕は今日も漫画を描く」。果たして描男はプロデビューできるのか?ちなみにフルカラーは一話のみで、二話目以降はモノクロになります。


海猿を執筆していた当時のネタがモチーフ


だから『描クえもん』の書き出しはフィクション風。言うまでもなく『ドラえもん』をパロったタイトルであり、ハゲた自分のフォルムがさながらドラえもん風。眼鏡の主人公はさながら野比のび太。ただ残念ながら、『描クえもん』はほぼエッセイに近い内容。

もっと言うなら昨年2016年の今頃に感想をレビューした『漫画貧乏』に書かれてる主張や内容を、そのまま少しだけフィクションで味付けして料理しました、という延長線上。つまり主人公・描男はそのまま作者・佐藤秀峰のことであり、『描クえもん』に登場するキャラも佐藤秀峰の周辺にいた人物と思しき面々。

だから、この1巻であれば主人公・描男こと佐藤秀峰は結果的にすぐプロデビューできる。連載作品は言うまでもなくあの『海猿』。

もちろん『描クえもん』の作中では海猿とは書かれていないものの、タイトルが「魚猿」。他にも海上自衛隊ものの設定だったり、いきなり1巻で100万部を発行したであったり、明らかに酷似してる。もし「違う」という人がいたら、よほど読解力がないのでしょう。

描クえもん1巻 アシスタント
(描クえもん 1巻)
作者・佐藤秀峰が使えないアシスタントで苦労した話などが、やんわりとハッキリとディスられています。かなり苦労して『海猿』を連載していたことが伺えます。基本的に佐藤秀峰は天才肌だと思うんでが、こういったエピソードを見てると「基礎が大事」と伝えたいのかも。

描クえもん1巻 編集者
(描クえもん 1巻)
そして悪名高き小学館の編集者とのイザコザも掲載。「キミが何を描きたいとか興味ないんだよね」など、常に高圧的。

画像は「原作者・小森陽一との一件」に関して揉めてる場面。編集者的には「海上自衛隊モノのネタを出したから原作者でいいじゃん?」という発想。小森陽一という人は、久保ミツロウの『トッキュー!!』や『S最後の警官』などにも携わっている「原作者」さん。


原案者・小森陽一に対するディスりが止まらない


描クえもん1巻 小森陽一0
(描クえもん 1巻)
だから『描クえもん』は小森陽一に対するディスりが止まらない止まらない。名前は功を盛ると書いて「功盛(コーモリ)」。いろいろと悪意が込められてるキャラ名からも分かるように、『描クえもん』を読む限りは小森陽一がどう考えても悪者にしか見えないwww

作者・佐藤秀峰の話を信用する限りは、単に海上自衛隊の戦艦に乗せてくれただけの人。小森陽一…もとい功盛はテレビの制作会社にいたときの人脈を使って取材もどきのことができる仲介者さん。

当然小森陽一は簡単な設定を考えただけで漫画(魚猿)に関して具体的な指示は一切なく、あくまで『海猿』に関しては全て佐藤秀峰が描いた…ということを遠回しに、かつ同時に直球にディスってる。『漫画貧乏』でもそうでしたが、よっぽど佐藤秀峰は腹に据えかねている様子。

描クえもん1巻 小森陽一1
(描クえもん 1巻)
特に面白かったのが功盛がテレビ番組に出演して、ドヤ顔で原作者アピールしてるところを主人公・描男が偶然観てしまった場面。このシリアスすぎる表情が何度見ても笑ってしまう。SMAP解散や北朝鮮が日本めがけてミサイル発射したんか、というぐらいの呆気の表情www

ちなみに、少なくとも現在の『海猿』のカバーでは原作者ではなく「原案者」と表記されているはず。小森陽一の名前もかなり小さめ。それも多分最初から。だから佐藤秀峰が一方的に書いてるだけなので、あくまで話半分程度に聞いておいてもいいのかも。

だから『描クえもん』の内容は前述のようにほとんど既知の情報が多いものの、漫画家である本人が蚊帳の外に置かれてる状況をメインに描写されています。きっと2巻以降は『ブラックジャックによろしく』あたりのエピソードも描かれるのでしょう。ちなみに『ブラよろ』を含めた医療マンガのおすすめランキングも良かったらどうぞ。

描クえもん1巻 マチ子
(描クえもん 1巻)
佐藤秀峰の元嫁さんは「マチ子」という美女にデフォルメされてます。佐藤秀峰の元嫁は海猿のカバーかどっかに小さく写っていた程度の記憶しかありませんが、明らかに美化しすぎやろというツッコミを入れてしまいました。ある意味、悪意が込められてるか(笑)

ちなみにマチ子は意外と工口いので是非堪能してください。佐藤秀峰に18.禁.マンガを描かせたら割りと売れるはず。


描クえもんの総合評価 評判 口コミ



以上、『描クえもん』のネタバレ感想でした。でも内容的には無料でダウンロードできる『漫画貧乏』を読んでたら十分かなぁ。そこで全て佐藤秀峰の不満がぶちまけられてる印象なので、特に目新しいものは少なかった印象か。

描クえもん1巻 他のタイトル
(描クえもん 1巻)
ただ、こういった細かい部分に佐藤秀峰の趣味が読み取れて、そういうのを探すのも面白いかも知れない。

画像は描男の読み切りが初めて乗った雑誌の表紙。そこには『ハイキュー!!』や『ニセコイ』『ゴールデンカムイ』『監獄学園』『東京喰種』『銀魂』『僕だけがいない街』『テラフォーマーズ』を模したと思われるタイトルがズラリ。

きっと佐藤秀峰が面白いと思ったマンガ(特にヤングな若手漫画家作品?)だけを並べてるんだと思います。もしかすると作品の傾向を見る限りは、いずれ少年ジャンプでも連載したいとも考えてるのかも。仮にそうだとしたらチャンスですよ、集英社さん(笑)

絶賛大人気のトヨタのコンパクトSUVといえば、C-HR。読み方はそのまま「しーえいちあーる」。

2017年3月 C-HRの販売台数 プレイボーイ19号20号
ニューモデルマガジンX
2017年3月の販売台数はトヨタ・アクアに次いで4位(軽自動車除く)。順位以上にC-HRの乗り出し価格は下手すると300万円を超えるので、そう考えたら1万7000台前後という数字がいかに驚異的か分かるはず。

既にトヨタ・CHRに関する試乗評価はアップロード済み。他にもトヨタ・CHRと日産・エクストレイルの比較トヨタ・CHRとマツダ・CX3の比較トヨタ・CHRとホンダ・ヴェゼルの比較もアップロード済み。

大友克洋 C-HR2
このトヨタ・C-HRは既に格闘ゲーム「ストリートファイターII」とのコラボCMは発表済みですが、続いては第四弾としてアニメ映画『AKIRA』で有名な大友克洋とコラボCMを発表。「NEO TOKYO」という文字がいかにも『AKIRA』を彷彿とさせます。

そこで今回は大友克洋×C-HRのコラボCMに関する記事を書いてみた。まさに期待を裏切らないほど近未来的な内容だった。

大友克洋 C-HR3
例えば真っ暗なビル群が爆発したかと思ったら、急に伝播するかのように灯りが付き出す。

大友克洋 C-HR4
この煌々と明かりを照らすビルの町並みが、いかにも大友克洋ワールド的。古いんだか新しいんだかという、この「人間の手によって作られた感」が素敵。まさに生きた町並み。

大友克洋 C-HR7
新しさと古さの見事な融合。

大友克洋 C-HR5
そんな町並みをトヨタ・C-HRがさっそうとビルの明かりを反射して駆け抜ける。まさにC-HRの近未来的なデザインとマッチするではありませんか。

大友克洋 C-HR8
ラストはC-HRが動くドラゴンが投影されるトンネルの中を孤高に駆け抜けて終わる。ただC-HRの購入を考えてる方に注目してほしいのは、ルーフスポイラー。これが穴開き。かなりぶっ飛んだデザインであることがこういった細かい演出からも伝わるはず。


肝心のC-HRと大友克洋のコラボ動画がコチラ。良くも悪くもストーリー性はないものの、きっと映像的に魅せられるはず。さすがに第4弾とトヨタはかなりお金をかけて宣伝したので、もうしばらくはC-HRのコラボ動画は出てこないはずです。

少し前から考えていたことなんですが、ついに新しいマンガブログ「ドル漫」を開設しました。これまではずっと敬遠していたんですが、ようやく自分も初めて独自ドメインなるものを取得しました。感慨無量。

どうしても無料ブログでは「livedoor.biz」や「fc2.com」といったドメイン名が必然的にひっついてきて邪魔だったんですが、新しい漫画ブログは「d-manga.net」のみ。うーん、すっきり爽快。「blog.jp」は短いと思ってたものの、.netと比較するとやや長め。いわゆる無料ブログはサブドメインである以上、URLがどうしても長くなる。

ちなみに個人的に「com>>>net」のイメージがあるんですが、わざわざ「.net」を選んだ理由は何なのかというと答えはシンプル。残念ながら「d-manga.com」が既に取得されていただけです。誰やねん取得したやつ出てこいやー(T_T)

でも意外とドメインを探してみると面白い。有名サイトを探してみても「gigazine.net」など割りと.netを使っているサイトも世の中には多いので、今は特に後悔していません。考えてみると.comだと組織の匂いがするので、.netだと良くも悪くもアングラ臭がして良かったのかも。

あと最初に考えていた独自ドメイン名は「dlc-manga(manga-dlc)」。ブログタイトルも「ドルジ露瓶尊のドルチェな漫画ブログ」と「マンガのダウンロードコンテンツ」をかけ合わせた名前にしようかなーと思ってました。冷静に考えると誤解をいろいろと招きそうなドメインだったのでやめました。あと「d-manga」と比較しても長め。

もしそういうのが気にならない方は「dlc-manga」や「manga-dlc」といったドメインが2017年4月現在は空いてるはずなので是非どうぞ取得してみてください。


無料のライブドアを辞めた理由


そもそも何故わざわざ新たに出費がかさむレンタルサーバーや独自ドメインを取得したのか?ライブドアからワードプレスに移行したのか?別に無料ブログで運営を続けても良かったんですが、結論から書くと「無料ブログがあまりに使えない」から。特に無料ブログの中でも、このライブドアはひどい。ぶっちゃけ話になりません。

最たる例が「スマートフォンの強制広告」。本当にベタベタ貼られまくり。しかもアンカー広告や記事中にも広告が貼れないなど、その分だけブログ主は収益が奪われてしまう。人によっては年数百万円の損失もあるとかないとか。

だからこんなんを許すぐらいであれば、まだ月1000円程度なら支払う方が良いという話。もちろん自分が月1000円の元が取れるかはさておき、実際ここ一年ぐらいで色んなブログがライブドアから既に脱出している模様。Twitterでは何故かブロックされているヤマカム氏もお引っ越し済み。

個人的には、このヤマカム氏の脱出が影響しました。規模的には自分とあまり変わらないかなーと思ってるんですが、かなり古参の方らしい。そういう方ですらライブドアから逃げて新ブログを立ち上げるぐらいなので、余程ライブドアの仕組みやシステムが運営者に不利に働いているかが分かるはず。だから今では自分の背中を押してくれたヤマカム氏には感謝しかありません。

ちなみにワードプレスと無料ブログの違いを簡単に比較してみたので良かったらどうぞ。前述のように有料レンタルサーバーなどは敬遠してたものの、むしろ「無料より高いものはない」と痛感させられた印象です。独自ドメインじゃないとアドセンスの関連コンテンツが使えないなど、無料ブログはただただ不便なだけでした。うーん、気付くのが遅い。

ということで、新刊コミックのレビューなどはFC2ブログと同様に相変わらずバズマンでアップするかも知れませんが、今後は基本的に新ブログ「ドル漫」をメインに更新していく予定。既におすすめホラー漫画BESTランキングおすすめグルメ漫画BESTランキングなどアップ済み。約2年ほどお世話になったライブドアですが、これからバズマンに書いた記事も徐々に引越しさせる予定です。

いよいよ新年度。新たに2017年度が始まりました。新生活を始める人も多そうですが、それと同時に自分は花粉症がキツくなっている印象。また気温も未だに大きく上がらないことで、そこに風邪症状も加わっている感じでまさに泣きっ面に蜂。

そういった私情はさて置き、今年度2017年度は高級車ブランド・レクサスに動きが激しい時期らしい。フルモデルチェンジからマイナーチェンジ、一部改良なども含めると、立て続けに色んなテコ入れが施される模様。

そこで2017年度に実施されるレクサスの一部改良情報を簡単にまとめてみました。今回もマガジンXさんのスクープ情報を参考にしています。


レクサスLSが2017年10月にフルモデルチェンジ


まずはレクサス新型LS。様々なモーターショーで既に出品されてご存じの方も多そうですが、このレクサス新型LSは2017年10月にフルモデルチェンジされる予定。詳細なフルモデルチェンジ情報はそちらの記事を参考にしてもらうとして、この新型LSは6月頃には予約注文できるようになるっぽいです。

ちなみに、あくまでハイブリッド車のみ。レクサスLSのガソリン車モデルの発売時期は2018年1月にずれ込む模様。理由はV6エンジンの静粛性が見劣りするので、その改善に時間がかかるかららしい。どのみち「2017年度内」にフルモデルチェンジされることは間違いありません。


レクサスRCは2017年11月に自動ブレーキ標準化


続いてレクサスRC。いわゆるスポーツクーペ。

このレクサスRCは2017年11月に自動ブレーキ(レクサスセーフティーシステム+)が標準装備化されます。またインパネ中央部のナビ画面が10.3インチに拡大される予定。

見た目やエンジンラインナップにテコ入れはされないので、本当に小幅な一部改良止まりと言った内容。


レクサスCTは2017年8月にマイナーチェンジ


レクサスの最小コンパクトCTは2017年8月にマイナーチェンジが施されます。今夏のマイナーチェンジではレクサスCTの外観にテコ入れされる見通し。他にもRCと同様に、自動ブレーキが標準化されたりナビ画面の拡大化が施されるらしい。

ちなみに2018年にレクサスCTがフルモデルチェンジされるというウワサもあります。ただ2017年にマイナーチェンジする以上、もしかするとCTのモデルチェンジが更に遅れる可能性は大か。


レクサスLXは2017年8月に2列目シートが追加


続いてレクサスが誇る最強のSUV・LX。

このレクサスLXは2017年8月頃に2列目シートのグレードが追加されます。このLXは3列目シートのみしか設定されてなかったんですが、ベースモデルのランドクルーザー200にならって5人乗りモデルが追加される模様。地味に商品力を高めてくる一部改良になりそうです。

今夏の一部改良では、ボートトレーラーなどを牽引できるトーイングヒッチも新設定される模様。価格が1000万円以上を超えるレクサスLXを、そんな風に贅沢に使える人がいるのかどうかは全く想像できませんが(笑)


レクサスRXは2018年1月に3列目シートが追加


続いてレクサスが誇る二番目に最強のSUV・RX。こちらはLXとは逆に、2018年1月のマイナーチェンジでは3列目シートの7人乗り仕様が追加される模様。2018年ではあるものの、しっかり2017年度内に入ります。

7人乗りのレクサスRXは2016年に追加されるのではないかと随分前に言われていましたが、日本国内への導入は2018年のマイナーチェンジまで遅れたカタチ。

ちなみに、この7人乗り仕様のレクサスRXは3.5L V6エンジンのみになります。あとRXのベースモデルであるトヨタ・ハリアーも2017年夏にマイナーチェンジが施される予定。


レクサスNXは2017年9月にマイナーチェンジ


レクサスNX マイナーチェンジ
ラストはレクサスNX。一番コンパクトなサイズ感だからこそ大人気。それ故に2017年9月に行われるマイナーチェンジでレクサスNXは大幅にテコ入れされる見通しです。

まずは画像のように新型NXが変身。一見すると違いはなさそうですが、フロントバンパー左右のエアダクトは拡大。フロントスタッフのスリット部分には細かいリブが追加されるなど、細かい部分でデザインの完成度を高めている模様。

またリアコンビネーションランプも更に内側に食い込んだデザインに変更され、もはやナンバープレートに届きそうなほど。リアバンパー下部のガーニッシュにはやはりリブが細かく追加。他にも個人的に大好きな四角形のマフラー(エギゾースト)も拡大化されるらしいです。

レクサスNXの今夏のマイナーチェンジでは、他の車種と同様に自動ブレーキが標準化される見通し。


2017年以降は200tのグレード名が消滅?


ちなみに、このレクサスNXから始まったのが「200t」というグレード名。tはダウンサイジングターボ搭載の略語。ハイブリッドモデルでいうところの「h」。

ただ2017年以降は「200」の名前は消滅して、3.0L並の動力性能を誇るからという理由で「300」にグレード名が変更される模様。既にレクサス以外の各社もダウンサイジングターボを投入しているため、ターボを表現する「t」はお役御免とのこと。既に2017年秋にフルモデルチェンジする予定のレクサス次期LSには「t」が除外されているため先駆けての対応か。

でも「え?」というのが正直な感想。この理屈を借りるなら、それこそハイブリッド車は各社はどんどん投入して新鮮味がないのだから「h」を使う必要はない気がします。やはりターボだから「t」というのはシンプルに分かりやすいので、これが事実なら残念。

あと2017年ではないですが、2019年には日本国内でレクサスESが復活する予定だとか。

WRX STIのCM動画が衝撃的すぎるといった記事も先日書きましたが、今回はスバル・新型imprezaのCM動画の記事になります。日本国内だとインプレッサのCM動画はドリカムのBGMが印象的だったりしますが、アメリカだとどういったCMが流れているのか。

新型インプレッサ アメリカ版CM1
結論から書くと、日本とは違って新型インプレッサのCMは割りとドラマチックで映画的。最初はオトコが病院のベッドの上で目を覚ます。どうやら重傷の様子。そこでオトコは過去を振り返る。

新型インプレッサ アメリカ版CM2
そしてオトコは現場に舞い戻る。この時に注目したいのが「事故の瞬間」で時間がハッキリと止まってること。だから事故った自動車などが空中に浮いてるなど、地味にCGなどでお金がかかってそう。

ちなみに動画タイトルにある「Rewind」の意味は、日本語で言うと「巻き戻す」。強いて言えば、オトコが事故現場に戻ってくる場面は「巻き戻し感」があると良かったか。救急車でそのまま普通に乗り込んできても分かりづらい。設定的に瞬間移動しても良かった。

新型インプレッサ アメリカ版CM3
オトコは再びハンドルを手に取り、クルマを走らせる。

新型インプレッサ アメリカ版CM4
しかし今度は急ブレーキが作動したことで、何事もなく終わる。何故なら新型インプレッサには自動ブレーキシステム「アイサイト3」が搭載されていたから。冷静に考えると、何故再び突っ込んだのか、事故った時もインプレッサに乗ってたんじゃないのか、などツッコミどころはありますが華麗にスルー。

新型インプレッサ アメリカ版CM5
しかも新型インプレッサのCMのラストでは、「誰もアイサイト付きのインプレッサは倒せない。トヨタのカローラでも。ホンダ・シビックでも。フォード・フォーカスでも」とトヨタやホンダなどを盛大にディスってるwwwトヨタは最近やたらと自動ブレーキ性能をアピールしてますが、ここらへんはアメリカらしいですよね。もし日本でやったら割りと炎上しそうです。


肝心の新型インプレッサのアメリカ版CMがこちら。1分でまとめてる構成力の高さも評価したいところ。この時間の長さだと日本でも十分流せる尺。どちらかと言えば新型インプレッサより「アイサイトの性能の高さ(IIHSの評価の高さ)」をアピールする内容ではありますが、こういった海外の動画が簡単に観れるのはネットが普及したおかげさまさま。

ちなみに「新型インプレッサ vs マツダ・アクセラ」の比較「新型インプレッサ vs VW・ゴルフ」の比較「新型インプレッサ vs トヨタ・プリウス」の比較は既に記事化済みなので、あとで良かったらチェックしてみてください。

『アイアムアヒーロー』最終22巻のネタバレ感想をレビュー。作者は花沢健吾。掲載誌はビッグコミックスピリッツ。出版社は小学館。ジャンルは青年コミックのゾンビ漫画。AmazonのKindleや楽天などでも試し読み・立ち読みが可能です。

今回のネタバレ感想は『アイアムアヒーロー』の最終22巻になります。Twitterで最終回について一言だけ触れましたが、割りと悪い意味で衝撃でした。この最終22巻のAmazonレビューを軽く見てみると、発売から数日も経たずに50以上の酷評で大荒れ状態。

そこで『アイアムアヒーロー』はどういう最終回だったのか、自分なりの考察も含めて簡単に触れたいと思います。


アイアムアヒーローの最終回をざっくりネタバレ


主人公・鈴木英雄はビルの屋上に逃げ込む。ZQN化した小田妹に助けられながら、なんとか生き延びる。そこでライフル銃のスコープで覗くと、数百メートル先にあるビル屋上にはヘリコプターと数人の人間。「選択ミスだったか」と少し後悔するものの、「どうせ操縦できなかったし」とすぐ受け流す。

このヘリポートに居たのは、もちろんクルスたちと中田コロリの一味。今まさに飛び立とうとしていたものの、クルスが本性を現す。そして一悶着。ここに割って入ったのが、数百メートル先にいた鈴木英雄。ライフル銃で応戦したことで、さらなる混沌に繋がる。

何やかんやがあって中田コロリたちはヘリコプターで飛び立とうとするものの、オバちゃんが巨大ZQNに食べられてしまう。でも中田コロリは必死に救い、一行は伊豆七島へ逃亡する。

アイアムアヒーロー22巻 最終回 オバちゃん若返り
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
最終回は、そこから一年後。ZQNたちは影を潜め、中田コロリたちは一種のコミュニティーを築き上げる。そこには中田コロリの子供をはらんだオバちゃんの姿。何故かZQNに取り込まれた直後、オバちゃんはどんどん若返っていった。

アイアムアヒーロー22巻 最終回 中田コロリ
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
中田コロリは子供たちに囲まれながら、ひたすら漫画だけを描いていた。いつか鈴木英雄と再び再会したときに恥ずかしくないように。まさに漫画の天才・中田コロリ。

しかし鈴木英雄は東京に一人孤独にポツンと過ごしていた。ZQNたちは跡形もなく消えてしまったが、都会はジャングル化。野生動物が溢れかえっていた。それ故に食糧にはあまり困らなかった鈴木英雄。

アイアムアヒーロー22巻 最終回 ハゲた鈴木英雄
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
ただ鈴木英雄の頭はゴリゴリの不毛地帯。無事生き残ったものの、ひたすら孤独。「かかってこいよ…俺の人生…」という強がりも虚しく響く。そして、都会の中でで鈴木英雄の孤独で無様な人生が始まる。

以上、最終22巻の内容をざっくりネタバレするとこんな感じです。正直サラッと読み流した直後に抱いた感想を一言で片付けると、うーんイミフ?www


ZQNの正体は落伍者たちの反逆と復讐


だから最終回まで読んでも結局ZQNが何故発生したのかといった、これまでの伏線やナゾが明らかになることはありません。海外でも奇行ZQNがいましたが、一体何だったんでしょうか。確かに荒れるのもうなずける最終巻。

でも、そこで終わっても面白くないので個人的にいろいろと考察してみたいと思います。まずはZNQというか、クルスの正体。これに関しては明らかになります。

アイアムアヒーロー22巻 ZQNとクルスの正体とオチ
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
クルスは生まれたときから、ずっと寝たきりだった中年のオッサン。誰ともコミュニケーションを取ったことは一度もなく、一人で夢の中で生きてきた可哀想なヤツ。まさに「何のために生きているか分からない存在」の象徴。こいつの負のオーラに様々な落伍者が吸収されていった。

つまりZQNの正体は「落ちこぼれたちの反逆」みたいなオチなんだったと思います。


落ちこぼれにもなれなかった「本当の落ちこぼれ」が鈴木英雄


作中の言葉を借りると、ZQNとは「ウイルスは絶望状態の人間には希望の光となる」もの。崇たちは選ばれた「次世代の覇者」とも呼べる存在。どうしようもない弱者も連帯することで強くなる、というメッセージも込められてる。

ただ落ちこぼれの鈴木英雄はZQNになれなかった事実を考慮すると、そこにすら選ばれなかった本当の意味での落ちこぼれだったと言えるでしょう。本当に、主人公・鈴木英雄は最終22巻に至るまで、どうしようもないクズ。

アイアムアヒーロー22巻 鈴木英雄の誤射
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
例えば前述のライフル銃で応戦する場面では、まさかのZQNではなく勘違いして普通の人間を撃とうとする。状況の深刻さを考えたら、足を引っ張るというレベルではない。主人公・鈴木英雄は最後の最後まで役立たず。

何が悲しいのかって、この天下泰平のTシャツを着ているのが、漫画家時代に唯一優しく接してくれた中田コロリ。しかも鈴木英雄は「マスク付けて女とイチャイチャしやがって」と危機的状況でも嫉妬を全開。まさにクズ。そして鈴木英雄は最後の最後まで中田コロリだと気付かない、という。

これまで鈴木英雄は判断ミスの連続だった。一方、中田コロリは人気漫画を連載し続けただけではなく、ZQN討伐でもリーダーを務めたり仲間を救うなど要所要所で活躍。女とイチャコラという点でも、最終的に若返ったオバちゃんと何人も子供を作る。

まさに「勝ち組」と「負け組」の構図は人類滅亡の状況であっても変わらない、というまさに絶望的で残酷すぎるメッセージが込められてる。


最後までヒーローになれなかった英雄だが…


だから早狩比呂美との関係性も、最終的には不和のまま終わる。

アイアムアヒーロー22巻 早狩比呂美の復讐
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
早狩比呂美らしき意識が「この男は生きている方が勝手に苦しむから生かしておいて」と言う。そこに呼応するようにガチっぽい早狩比呂美が「生きて」と優しく畳み掛ける。結果的に鈴木英雄は生き延びるものの、それは早狩比呂美といった世のオンナたちからの復讐のようにも思えます。

だから実は『I am a hero(アイアムアヒーロー)』というタイトルも、「俺が世界中を救うヒーローですねん!」という強いメッセージ性は皆無。「a」は英語で「一つ」という意味がある不定冠詞。だから漫画タイトルを正確に解釈するなら、「僕はどこにでもいる一人の英雄(ひでお)」と考えるのが自然だったのかなーと思います。

アイアムアヒーロー22巻 鈴木英雄の一歩
(アイアムアヒーロー 最終22巻)
ただ最終回のオチも完全に一人になったことで、鈴木英雄はようやく「男としての第一歩」を踏み出せる。この降り積もる雪に付けた足跡で終わっているのが、何とも意味深ではないですか。どこぞの某宇宙飛行士ではないですが、「一人の人間にとっては小さな一歩だが、鈴木英雄にとっては大きな一歩」だった。

つまり『アイアムアヒーロー』という物語が完結して、そこで初めて鈴木英雄の物語が始まる。もちろん結末が面白かったかどうかはさて置き、少なくとも作者・花沢健吾は最初からこのオチを考えていたんだろうと推察されます。

たとえ世紀末に世界が陥っても、所詮は有能なイケメンが全てをかっさらっていく。一方、現在進行形で無能なクズは誰にとってのヒーローにもなれないという、救いがたく根暗で自虐的なアンチテーゼが『アイアムアヒーロー』という作品には込められていたのではないか。そう解釈すると、そこまで最終22巻はヒドい結末ではなかったのかも。良くも悪くも、何だかんだで花沢健吾的な作品に着地したオチと言えましょう。

でも、まあ、うん、『アイアムアヒーロー』は最初の1巻目のクオリティーがすさまじすぎました(笑)

『人は見た目が100%』全4巻のネタバレ感想をレビュー。作者は大久保ヒロミ。掲載誌はBELOVE。出版社は講談社。ジャンルは少女コミックのギャグ漫画。AmazonのKindleや楽天などでも試し読み・立ち読みが可能です。

今回も面白いマンガか、つまらないマンガか簡単に考察してみました。『人は見た目が100%』の購入を考えてる方は参考にしてみてください。結論から書いておくと全4巻というボリューム感も含めて、割りと個人的にはおすすめ漫画。


人は見た目が100%のあらすじ内容ストーリー


場所は某製紙会社にある研究所。そこで日夜あくせく働く、優秀なリケジョ(理系女子)3人が主人公。ただ残念ながら研究者としては優秀ではあるものの、女性としてはからっきしだった。特に研究職という仕事柄、ひと目を気にする機会が少ない。

人は見た目が100%1巻 あらすじ 柄パンツ
(人は見た目が100% 1巻)
そこで彼女たちは「JSM(ヒト科女子もどき)」と自らを自称。そして仕事終わりには集まって、美容やファッションなど「女子力」を向上させるためにどうすればいいか研究を積み重ねていた。でも、いくら奮闘しても実を結ぶことは少ない。何故なら、全員モテないから!

人は見た目が100%1巻 あらすじ つけまつ毛1
(人は見た目が100% 1巻)
例えば1話目だと「つけまつ毛」。男子的には全く理解不能なアイテムですが、当然、リケジョの彼女たちは装着したことがない。

人は見た目が100%1巻 あらすじ つけまつ毛2
(人は見た目が100% 1巻)
結果、つけまつ毛の位置が圧倒的に不自然。さすがにつけまつ毛が曲がることはオッサンでも理解できるぞ。日本中を探せば、こういう農機具がありそうです。まさにJSMたちは勉強に関する偏差値は60台でも、ファションに関する偏差値はまさかの40未満だった。

見た目はツンケンしてるが可愛い物好きの、メガネ女子・城之内純(30歳)。時代が私を追い駆けてくると何故か自信満々のぽっちゃり女子・佐藤聖良(25歳)妻であり母ではあるがオンナではない、前田満子(40歳)

果たして彼女たちは無事女子力を高めて「女性」として輝くことができるのかッッ!?これまで蔑んできた男たちを見返すことはできるのかッッ!?…といったマンガになります。だから「人は」とタイトルに謳ってありますが、基本的に「女性」に関するものオンリー。かなり非モテ女性を自虐的に扱った内容。


登場人物と実写ドラマのキャストを比較してみる


ちなみに内容についての感想に入る前に、少し蛇足の情報。実はこの『人は見た目が100%』は実写ドラマ化が決定してて、2017年4月13日からフジテレビ系列で近々放映される予定。このキャストがちょっとぶっ飛んでる。

人は見た目が100% キャスト 登場人物
(©フジテレビ コミックナタリー)
それが水川あさみ(前田満子)桐谷美玲(城之内純)ブルゾンちえみ(佐藤聖良)。…なんという見事な三段オチwww

人は見た目が100%1巻 登場人物
(人は見た目が100% 1巻)
じゃあ漫画版の登場人物と比較すると似てるのかと言うと、これが意外と似てる。桐谷美玲の髪型こそパッツンに変更されてるぐらいで、全体的な雰囲気は割りとソックリ。違和感はなかった。

ただ漫画版の登場人物より、実写ドラマのキャストはやや年齢が若めに設定されてる印象。最たる例が、アラフォーの前田満子。確かに水川あさみのビジュアルは老けて見えるものの、さすがにアラフォー扱いは可哀想。いくらなんでも「妻であり母ではあるがオンナではない」はヒドいwww

おそらく実写ドラマ版では視聴者が共感しやすいように「同世代の女性」で登場人物を統一してきたのかなーと予想されます。逆に漫画版では展開の容易さを重視して様々な年齢の非モテ系キャラクターを用意した。ちょっとした作品の方向性の違いが出たのかも知れない。


自撮りが変顔祭りになりがち


ということで、ここからは『人は見た目が100%』の中身から「何故非モテ女子がモテないのか?」を様々な事例から理由を考察していきたいと思います。

例えば、女子と言えば自撮り。スマートフォンがこれだけ普及した時代、もはや誰もが一度や二度は経験したことがあるはず。特にインスタグラムをチェックすると本当に目の保養になります。ただモテない女子は自撮りが下手。

人は見た目が100%1巻 自撮り1
(人は見た目が100% 1巻)
例えば「アゴを引いて目を見開いて上から写す」というセオリーを実践すると、白目の二重あご。確かにアゴの引き加減って難しいかも。またアラフォーにはムダなアゴ肉が付いてることも影響してるのか。

人は見た目が100%1巻 自撮り2
(人は見た目が100% 1巻)
「下の歯は見せずに笑う。シャッターを押す瞬間に鼻から息を吸う」を実践すると、やっぱり絶妙に不自然。モテないオバちゃんが自撮りを頑張ると、ただの変顔祭りになってしまう。


BBAは太眉の描き方が分からない


そして、女子の特権と言えばメイク。男やオッサンはメイクを施す機会はなかなかありません。特に時代性を表す部分が「眉毛」と言えるのではないか。

人は見た目が100%1巻 眉毛1
(人は見た目が100% 1巻)
例えばアラフォーママの前田満子の時代は、やはり細眉。男も細眉にしてた人が多かった印象。自分も一時期頑張って細く仕上げてました。ただ時代というのは移ろうものでありまして、最近は「ナチュラル太眉」というのが流行ってるらしい。確かに女性タレントを見回しても、めっちゃ眉毛を細く整えてる人は男女問わず見かけません。

でもアラフォーの前田満子はこなれていないせいで「太さの加減」が分かってない。

人は見た目が100%1巻 眉毛2
(人は見た目が100% 1巻)
だから眉毛を太くしすぎる。まさかの阿部寛を参考。性別の垣根を超えてるがな。『テルマエ・ロマエ』のときは凄まじかった。ちなみに阿部寛はバブル時代に読者モデルで人気だったらしい。人選のチョイスにちょっとした時代の古さも感じさせるのが切ない。

もちろん「ナチュラル=生えっぱなし」ではない。ナチュラルの定義は「自然であり、かつバランスの取れた形」とのこと。右の眉が左の眉より上にある人は、左の眉の輪郭を上に取るといった方法を取らなければいけないらしい。

人は見た目が100%1巻 眉毛3
(人は見た目が100% 1巻)
でもアラフォーの前田満子は「おでこが広い」という理由で、上下にバランスに取ってしまう。ただのマロでおじゃる。昭和のバブルどころか、江戸時代より更に昔に遡っちゃったよ。


ゆるふわヘアー(髪型)がただの落ち武者だ


人は見た目が100%2巻 ゆるふわヘア 落ち武者死神
(人は見た目が100% 2巻)
他にもゆるふわヘアーを作ろうとしたら、まさかの落ち武者集団のでき上がり。真ん中の佐藤聖良に至っては、単なる研究に失敗して爆発したどこぞの博士。

確かに可愛い(かっこいい)髪型を自分でセットしようとしたら、男でも結構難しいですけど。毛束感とかクシャクシャ感とか、一体なんのこっちゃと。だから本当に腕の良い美容師は魔術師のように思えてしまいます。


柄パンツがただのパジャマになってしまう


続いては非モテBBAのファッション。

少し前に「服を着るならこんなふうに」というファッション漫画をレビューしましたが、世の中には「服を着る」より「服に着せられてる」人が多いのかも知れない。だから読者モデルが着用してる服でも「着こなし方」が分からない。

人は見た目が100%1巻 柄パンツ2
(人は見た目が100% 1巻)
例えば佐藤聖良が柄パンツを履くと、圧倒的なコレジャナイ感。

人は見た目が100%1巻 柄パンツ3
(人は見た目が100% 1巻)
思わず残りの二人が「パジャマじゃないの!?」とツッコミを入れてしまう。いくら着こなし方が分からない非モテBBAでも、一応は客観的に違和感を感じることだけはできるらしい。

人は見た目が100%1巻 柄パンツ4
(人は見た目が100% 1巻)
城之内純に至っては、更にパジャマ感が増す。下の柄パンツと合わせて上のTシャツの柄を合わせてみたものの、もはや家の中でも着たくないレベルの悪趣味さ。


非モテBBAのミニスカートはもはや凶器だ


とはいえ、柄パンツは上級者ファッション。きっと山本美月あたりにしか似合わないはず。でもミニスカートだったらファッションレベルはそこまで高くはないはずで、比較的誰にでも似合うと思います。ただ!!

人は見た目が100%2巻 ミニスカート1
(人は見た目が100% 2巻)
アラフォーママの前田満子がミニスカートを履くと、ひたすら周囲から体を心配される。やはり40代女性にとっては足元から来る冷えは万病の元。10代20代ならいざしらず、確かにアラフォーのミニスカートは寒々しく見えます。軽い罰ゲーム感。

人は見た目が100%2巻 ミニスカート2
(人は見た目が100% 2巻)
今度は少し趣向を変えてタイトなミニスカートを着用するものの、前田満子の元ヤン臭プンプン。思わず「やんのか!コラァ」と周囲が殺気立つ。しかも結果的に前田満子はミニスカートを着こなすものの、所詮はアラフォー。年齢の壁を超えられず、決めれば決めるほど顔を見た時のギャップ感が凄まじくなる。

まさに「アラフォーのミニスカートは凶器」というオチ。でも石田ゆり子や吉田羊だったら…(;´Д`)。


JSM(ヒト科女子もどき)のモテなさすぎる残念ファッション集


そこでラストは非モテ女性の残念すぎるファッションをざっくりまとめてみました。例えば、帽子やハット。これも実は地味にハードルが高いファッションアイテム。

人は見た目が100%1巻 帽子
(人は見た目が100% 1巻)
非モテ女性たちが被ると、やっぱり絶妙にコレジャナイ感が漂う。本人たちも自覚してるのか、目が死にすぎ。右の城之内純に至っては、ただの売れない昔の漫画家。左の前田満子は売れないマイケル・ジャクソンのモノマネ芸人。

他にもシャツインはファッションとしてレベルが高い。シャツインは基本的にダサいと思われがちですが、むしろファッション上級者には全然アリらしい。男子だとピチッとしたシャツと合わせるとカッコ良くなるっぽい。

人は見た目が100%2巻 シャツイン
(人は見た目が100% 2巻)
でも非モテ女性たちがシャツインすると、見事に悲惨。

真ん中の前田満子は敢えて触れませんが、右の城之内純は勤続30年の事務のオバサン。左の佐藤聖良はお腹のラインが際立つだけ。人によってはセクシーに見えるのかも知れない。実写ドラマ版ではブルゾンちえみがどんなボディーラインを見せてくれるのか。

人は見た目が100%3巻 オフショルダー 洗濯失敗
(人は見た目が100% 3巻)
セクシーどうこうで言うと、このオフショルダートップスなんかはヒドかった。オフショルダーは「肩出しファッション」のことらしいんですが、ただの洗濯の失敗にしか見えない。一応男ウケが良いファッションではあるものの、色気もヘッタクレもなく悲壮感だけが漂う。

最近はカーディガンを肩に巻いてる女性が多いらしい。二昔前だと番組プロデューサーしかしてなかったイメージですが、ファッションは一周回る模様。おそらく世の女性がプロデューサー志望でも肩が寒いからでもないはず。

人は見た目が100%2巻 カーディガン1
(人は見た目が100% 2巻)
でもファッション初級者にはハードルが高くて、佐藤聖良がカーディガンを羽織ってると赤ちゃんを背負ってるようにしか見えない。「なん…だと…」じゃねーよ。

人は見た目が100%2巻 カーディガン2
(人は見た目が100% 2巻)
他にもカーディガンの巻き方を試してみるものの「寅さんみたい」や「おにぎりを背負ってるみたい」と散々。右の寅さん風カーディガンでは、確かに「これから旅出るぜ」というやさぐれたフーテン感がハンパない。


結果的には成功するものの最終回はひと波乱?


スウェットの着こなし方や傘の選び方、カッパ口やちゅん顔などJSM(ヒト科女子もどき)は様々なファッションに挑戦しては倒れていく。

人は見た目が100%1巻 成功 柄パンツ
(人は見た目が100% 1巻)
でも何やかんやがあって、最終的には成功を収めるオチが多い。画像は前述の柄パンツ。最初はパジャマそのものでしたが、最後の最後ではちゃんと様になる。前述の帽子だと浅めに斜めに被ると良いらしい。

人は見た目が100%1巻 成功 ナチュラル太眉
(人は見た目が100% 1巻)
毎回最後に「○○まとめ」とファッションのポイントや上手になるコツを紹介してくれてるので、自虐的な笑いやギャグがベースではあるものの、一応ファッション知識を増やせる実用書の側面もしっかりあります。

ちなみに『人は見た目が100%』の最終回は、徐々にファッションセンスなどを身に付けていくものの、結局カタチとして結びつくことが少ない。そこでしびれを切らした桐谷美玲(城之内純)が3巻のラストで「今までまったく成果出てないじゃないですか」と叫ぶ。正直今更感もなくもありませんが、ちょっとしたシリアスな展開のまま最終4巻に突入します。

多分フジテレビの実写ドラマも似たような最終回になるはずなので、詳細なネタバレは割愛しておきます。果たして亀裂が生まれた女の友情は修復されるのか?ちゃんと男性にモテることはできるのか?


人は見た目が100%の総合評価 評判 口コミ



以上、『人は見た目が100%』全4巻のネタバレ感想でした。

良くも悪くも、振り切った非モテ女の自虐はバカバカしくて面白いのではないか。ファッション好きの女性が見たら怒りそうな予感もしますが、ファッションに詳しくない男でも気兼ねなく読めました。基本的にストーリー性を気にする必要がなく、非モテ特有の悲壮感もないので誰にとっても読みやすいはず。

もし『人は見た目が100%』を気に入ったらボリュームも少ないので、サクッと全巻まとめて買っちゃって良いと思います。極端な例と対策法を確認できることで、多少非モテ度を薄めることはできるかも知れません(笑)

マツダ・CX-3は2015年2月に発売されたコンパクトクロスオーバー。CX-3はデミオをベースとしているものの見た目の質感などは高く、同カテゴリーの中では良くも悪くも異質。

その最たる理由が「ディーゼルしか設定されてない」という特異なエンジンラインナップにあると言えるでしょう。でもそれゆえにCX-3の価格は全体的に割高。エントリー価格でも240万円近く、それゆえにCX-3の販売の足かせになっていると言われます。

CX-3 ガソリン車追加 マガジンX5月号
(マガジンX5月号)
ただようやくCX-3にもガソリン車グレードが投入されるとのこと。発売時期は画像にも書かれているように2017年8月頃。そこで今回はCX-3のガソリン車グレードについて簡単に情報をまとめてみました。


海外版CX-3には既にガソリンモデルは投入済み


じゃあ一体どんなガソリンエンジンが投入されるのか?

結論から書くと、実は既に海外版CX-3には2.0Lガソリンエンジン(スカイアクティブG)が設定されてる。そのガソリンエンジンを今回日本にも投入しようという、ある意味それだけの話。だから既にガソリンエンジンのスペックは判明済み。

そこで2.0L直4ガソリンエンジンのスペックを確認しておくと、最高出力は108kW(146PS)/6000rpm最大トルクは197Nm(146lb-ft)/2800rpm。既にマツダのCX-5やアテンザにも2.0Lガソリンエンジンが設定されてますが、それらのエンジンよりも若干パワーは落ちる模様。

だからそれらを参考にすると、ガソリンエンジン版CX3のカタログ燃費はギリギリ20km/Lに達成するかしないか程度だと推察されます。とりあえずCX-3程度の車格であれば、十分すぎるほどのスペックのはず。ちなみに変速機は6速ATになります。


CX-3のエントリー価格はどれだけ下がるのか?


でも一番重要なのがCX-3の価格。やはりガソリンモデルを投入する最たる目的が、いかに割高すぎる価格を引き下げるかだから。

自動車総合ブログ・くるまン。では「CX-3と新型CX-5の比較記事」も既に書きましたが、実はそこまで両者の価格が変わらない。それにも関わらず、やはりデミオがベースということもあってCX-3の内装の質感はやや見劣りする。当然車格はCX-5の方が全然上なので、そうなってくるとCX-3を選択するメリットを探すのが大変。

ただ個人的な予想では、そこまでガソリンモデルの価格は安くならない気がする。何故ならアメリカのCX-3のエントリー価格が19960ドル。日本円に換算すると220万円ちょい。現行CX-3の最低価格が237万円なので20万円も安くなってない。

もちろんマツダは基本的に海外へは輸出しているので、また他にも為替なども関係してくるので一概には言えないものの、それでもCX-3のガソリンモデルの価格は200万円を切る可能性は低そうです。果たして今夏のCX-3のテコ入れは成功するのでしょうか!?はてさて。

ちなみにCX-3 vs トヨタ・C-HRの比較記事も良かったら御覧くださいませませ。

『監獄学園-プリズンスクール-』24巻のネタバレ感想。作者は平本アキラ。掲載誌はヤングマガジン(講談社)。AmazonのKindleや楽天などでも試し読み・立ち読みが可能です。前巻にあたる『監獄学園 プリズンスクール』23巻のネタバレ感想は既にレビュー済み。

24巻までの経緯を簡単に説明しておくと、主人公のキヨシや栗原万里が率いる「裏生徒会」が竹ノ宮ケイト率いる「表生徒会」と存亡を掛けてバトル。その最終決戦にあたる体育祭の騎馬戦。ここで最終兵器・白木芽衣子がついに復活。いよいよ物語は佳境へ…というのが24巻のお話になります。


副会長・白木芽衣子の完全S女っぷり復活


これまで副会長・白木芽衣子は幼児退行化して戦力として使い物にならなかった。

監獄学園 プリズンスクール24巻1
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
ただ色んなことがありまして、ようやくかつての副会長が復活。「貴様にはキツいお仕置きが必要だな」とギロリと鋭い眼光を向ける。思わずアンドレもブヒヒと嬉し涙ならぬ、嬉し冷や汗。

監獄学園 プリズンスクール24巻2
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
ちなみに副会長・白木芽衣子が会長・栗原万里に捧げた歌の歌詞ですが、一応意味はあったらしい。

「マンゴーのマ」って何やねんとツッコミを入れた記憶がありますが、どうやら「マンゴーは仏教で菩提樹にならぶ聖なる樹」なんだそう。そこで芽衣子は情熱的な万里と重ね合わせたらしい。よく分かるようで分からない(笑)

この二人の会話に割って入ろうとするのが、アンドレ+現飼い主のリサ。何度も何度も邪魔するもんだから、ついに副会長・白木芽衣子は「何がガルルだ!大人しくそこで待っていろ!」とアンドレに対してブチギレ。

監獄学園 プリズンスクール24巻3
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
そして「おいブタヤロウ!会長の話を邪魔した罰だ!このクツを舐めろ!」とアンドレに命令。やだ完全復活ですやん。現飼い主のリサはリサで「舐めるな!」と真逆の命令するもんだから、アンドレの表情が嬉し恥ずかしパニック。

監獄学園 プリズンスクール24巻4
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
更に副会長・白木芽衣子は追い打ちをかけるように、自分のクツに痰(タン)を吐きかけて舐めろと命令してくる。

ヤダヤダヤダ!副会長のドSっぷりに更に磨きがかかりまくってますやん!かつてのそれよりビンビコビンですやんかいさッッッ!!!まさにノーマルフリーザがゴールデンフリーザにパワーアップしたかのごとし!!!

監獄学園 プリズンスクール24巻5
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
当然負けてられないとばかりに、リサも足を差し出して舐めろ合戦。もうカオス(笑)

そして最終的にはアンドレの頭は爆発。「神ヨ!マゾヲ救イタマエ!」という言葉を残して、アンドレの脳みそ・アンドレイドは完全停止。もはや巨大な肉の塊を化してしまう、というオチ。


もはや人間の域を超えたサイズ感のアンドレイド


でも『監獄学園』24巻のネタバレ感想で伝えたいのは、このアンドレがとにかくデカイってこと。今更ですが、改めてデカイ。もう寸尺とかパースとか結構もう無茶苦茶(笑)

監獄学園 プリズンスクール24巻6
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
例えばリサの足を舐めようとしてる瞬間だと、リサのカラダとアンドレのデコのサイズが一緒。マジでただのバケモノwww

監獄学園 プリズンスクール24巻7
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
もう少し24巻のストーリーをネタバレしておくと、副会長・白木芽衣子は全員を連れ立ってアンドレの頭上にいるケイトやリサを追い詰めに行く。

さながら『アルマゲドン』の勇者たちを彷彿とさせますが、言うまでもなく画像の場所はアンドレの頭の上。もはや小さい山レベル。アルマゲドンで言うなら、ただの月面www

監獄学園 プリズンスクール24巻8
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
だから白木芽衣子がアンドレの頭に踏みしめた一歩が「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ」的なノリ。いやアンドレと芽衣子風に例えるなら、「サドにとっては小さな一歩だが、マゾにとっては偉大な一歩だ」と表現した方が適切か。

もう少し『監獄学園』24巻の物語の核心部分をネタバレしておくと、天災的なドジっ子・みつ子が白木芽衣子の攻撃を受けることでピタゴラスイッチ的な連鎖が発生。理事長が乗ったヘリがアンドレめがけて墜落してくる。

監獄学園 プリズンスクール24巻10
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
でもアンドレのカラダがヘリコプターの何倍もデカイwww完全にアンドレは『進撃の巨人』に出てくる巨人たちよりもデカイ。掲載誌の垣根を超えちゃったよ。いずれ諫山創ならノリでアンドレを『進撃の巨人』に出しそうだから怖い。

監獄学園 プリズンスクール24巻9
(監獄学園 プリズンスクール 24巻)
みつ子がアンドレの頭上から突き落とされる場面もヒドくて、比率とかヘッタクレも何もない。何度も言いますが、あくまでアンドレは普通のマゾ人間です(笑)


監獄学園プリズンスクール24巻の総括


以上、『監獄学園-プリズンスクール-』24巻のネタバレ感想でした。アンドレのキャラクターは相変わらず良い。サイズ感だけでここまで笑わせてくれる。ただの学園漫画にこんなバケモノが登場するとは、作者も編集者も含めて誰も想像しなかったに違いない。

とりあえず24巻の展開を考えると、長々と続いた体育祭編がようやく完結する予定。騎馬戦が終わったらマンガ自体も終わるのかなーと思ってたんですが、一応まだまだ『監獄学園』の連載は24巻以降も続く模様。作者・平本アキラは当初こそ休載も多かったですが、ネタは割りと蓄えてノリノリらしい。

ヤングマガジンは最近読んでませんが、何故かガクトがヒーロー視されてました。アンドレの生死も含めて、また暇があれば25巻以降もレビューしたいと思います。ちなみに【おすすめ考察】監獄学園が面白いは既に記事化済みなので、あとで『プリズンスクール』に興味がある方は是非どうぞ。